メイン15-2-4周回のススメ

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!晩酌です。

今回は、前回に引き続き、育成に優秀なメインクエスト15-2-4の効率な周回方法について考察していきたいと思います。

15-2-4:黒き塔・上層

1ラウンド:スコーピオン×2

2ラウンド:ピアス×4、スコーピオン×2、ビートル×3

3ラウンド:ラムリザード、カイザーアント

ほとんどの敵が打属性に弱く、冷属性に関しては全敵共通の弱点になっています。

2ラウンドが9体編成なので対策要!

3ラウンドの敵が堅く、配置的に独立しているので、高速周回には中々難しいですね・・・

1ラウンド:スコーピオン×2

配置が独立しているスコーピオン×2。

HPはそれほど高く無いので、弱点属性で初手から使える威力SS技であれば簡単に処理可能。

全体攻撃+単体中火力技×2で突破しても良いでしょう!

2ラウンド:ピアス×4、スコーピオン×2、ビートル×3

9体編成なので、全体攻撃が正攻法!

注意すべきは中のスコーピオン×2で、微妙にHPが高く全体攻撃1発で倒すのは難しいです・・・

オート戦闘では自動で狙わない中段にいるのも地味にいやらしい配置・・・

全体攻撃→横一列の流れが理想となりますが、素早さ調整が結構難しいです・・・

スポンサーリンク

また、温存策で後衛で全体攻撃しようとすると、スコーピオンに先制される可能性が高くなり、乱れ突きによって戦闘不能にさせられるケースが出てきます。

そこでオススメなのが、バルテルミーのアバドンハンズ。

1ラウンドで敢えて使わず、この2ラウンドで使用する事で、スコーピオン以外はファストで処理。残りを1ラウンドで技を使ったキャラで処理という流れが可能!

この使い方はアワードミカエルのグランクロスでも代用可能ですが、グランクロスの場合には若干火力不足なので、陣形効果などを考慮する必要があります・・・

3ラウンド:ラムリザード、カイザーアント

ここも地味に難所・・・ラムリザードが打属性が弱点でなく、カイザーアントはHPがかなり高いです・・・

またカイザーアントは2回行動でクラックによるスタン付与もやらしいですね・・・

吹雪や鋭氷のおしおき等、威力の高い冷属性全体攻撃削りつつ高威力の技をカイザーアントに当たるようにすれば3ターンクリアも可能ですが中々シビア・・・

カイザーアントは陣形など知力アゲアゲのアニバーサリーリズの怒竜の咆哮であれば、他キャラの全体攻撃と合わせて1ターンキル圏内。

持っている人は、他キャラで上手く調整してラムリザードを処理し、怒竜の咆哮を狙うといった流れを狙ってみても良いでしょう。

周回パターン①

2ラウンドはバルテルミー、3ラウンドはリズで突破する流れ。

バルテルミー・リズがしっかり役目を果たせるよう、他キャラで補ってあげましょう!

いかがでしたでしょうか?

今回は打属性、冷術士の育成に有用なクエストの紹介でした!

これからのお正月キャンペーンでも育成期間がありますので、周回する事も増えるでしょう!

前回の15-2-3、前々回15-2-2に比べると3ターン周回のハードルは高めですが、打属性のキャラを育成するのに便利ですので、コチラを採用してみてはいかが?

それでは今回はここまで!みなさま一緒にロマサガRSを盛り上げていきましょう!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です