炎を司る者フレイムタイラント攻略

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!晩酌です。

今回は現在開催中のバトルイベント「「炎を司る者フレイムタイラント」の攻略記事です。

「炎を司る者フレイムタイラント」

フレイムタイラントは、初代ロマサガで登場したボスキャラ。フレイムタイラントを含めた、他3体からなる「四天王」という位置付けのキャラで後のロマサガ2の「七英雄」ロマサガ3の「四魔貴族」とシリーズ恒例のボスグループ扱いになっていきます。

フレイムタイラントは四天王の中でも温厚派で、求めているアイスソードを渡すと部下に主人公を襲わないよう配慮したり、フレイムタイラントが守っている奥の通路に通してくれる等、話が通じるボスキャラとしてユーザーには有名ですw

フレイムタイラント

・属性耐性値

打・冷属性が弱点。一方で熱属性に対して非常に高い耐性値を持っています・・・

全くダメージを与えられないワケではありませんが、ほとんど効果がありませんので、熱属性キャラは編成しないようにしましょう。

・状態異常耐性値

状態異常は全て無効。純粋な戦力での攻略が必要となります。

・使用技・術

さまざまな技・術を使ってくるフレイムタイラントですが、警戒すべきは知力依存の火術と体術扱いの全体攻撃。

ぶちかまし、火車は非常に強力で、連発されるとどうしようも無いというのが本音・・・

防御面はしっかりケアするとともに、なるべく使われないよう祈る祈祷力が試されますw

フレイムタイラントは、難易度チャレンジ以降は戦闘開始時から常時セルフバーニング状態。直接攻撃には火術でカウンターを受けてしまいます・・・

威力自体はそれほど高くありませんが、積もれば大きいですし、フレイムタイラント自体の攻撃と被ると致命傷に繋がるかもしれません。

そして、複数回攻撃技はセルフバーニングのカウンターによって強制中断させられてしまいます・・・シルバーの氷結スラッシャーや新グレイの夜叉連閃などは効果を発揮出来ませんので注意!

銃武器や術等の間接攻撃でカウンター対策したり、セルフバーニングも知力依存なので知力デバフで弱体化させると良いでしょう。

難易度Romancing攻略

HPも高く、攻撃も激しいのである程度の長期戦は覚悟しなければなりません。

スポンサーリンク

そのため、回復や耐久面を意識した編成が必要。

フレイムタイラントは全体攻撃も強烈なので、海の主の娘の水祭りで防御バフや託す希望で全体回復が有効です。

全体攻撃対策には鳴りにくいですが、パリイ・かっちかちユリアンでの耐久も引き続き有効!その場合はやはり火車・ぶちかましを撃たれない祈祷力も必要。

攻撃面は弱点である打・冷属性で固めるのがベター。

常時展開しているセルフバーニング対策として、間接攻撃が撃てるキャラを意識して編成するとなお良いでしょう。

間接攻撃要員が確保出来ない人はセルフバーニングの威力に依存している知力デバフを狙うのも有効。セルフバーニング以外にもフレイムタイラントが使う術の威力を軽減出来るので積極的に狙って行きましょう!

適正キャラ

【アタッカー枠】

【知力デバフ】

【ヒーラー・サポート枠】

いかがでしたでしょうか?

今回、フレイムタイラントが常時セルフバーニング状態の敵が実装されたことによって、今後もカウンター対策を意識する事が必要になってくると感じています。

おそらくロマサガ3の四魔貴族のアウナスも、今回と同じ常時セルフバーニングだと予想出来ます。

新スタイル実装時は、カウンター対策要因など、クエスト構成に合わせた役割が担当出来ないかをしっかり考えて評価するようにすると良いかもしれませんね!

それでは今回はここまで!みなさま一緒にロマサガRSを盛り上げていきましょう!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です