タンザーとの戦いRomancing攻略

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!晩酌です。

今回は現在開催中のバトルイベント「タンザーとの戦い」難易度Romancing攻略記事です。

タンザーとの戦い

タンザー戦は計4体の敵と戦う事になり、敵名称は共通でタンザーw

しかし、見た目も仕掛けてくる攻撃も全く違うので、ここでは前衛の上下の個体を「タンザー(触手)」前衛中央の個体を「タンザー(蕾)」、奥の個体を「タンザー(本体)」と表記します。

【属性耐性値】

共通で最も有効なのが打属性。次いで熱属性も有効です。陽属性も有利ですが、Weak判定は取れないので弱点集中アビリティ持ちが機能しない事に注意!

また、タンザー(本体)は高い冷属性耐性も持っています。

【状態異常耐性値】

状態異常はほとんどに高い耐性を持っていて実戦的ではありません。

混乱の耐性値が低めなので精神デバフや、混乱耐性値低下を合わせれば狙えるかもしれませんね・・・

【技・術】

本体以外の攻撃はそれほど脅威ではありませんが、弱点を突かれてしまうと致命傷に繋がりかねません・・・

本体が使ってくる攻撃はそれぞれ火力が高く連続で攻撃を受けてしまうとたちまち追い詰められてしまいます。

また、全体マヒ付与のソウルフリーズも脅威・・・

マヒ耐性値を上げるアクセサリーの「金剛石のネックレス」等を装備して対策しましょう。

タンザー(本体)は熱属性攻撃も多いので、アニバーサリーポルカであれば無条件で無効化する事が出来ます。通常攻撃を受けた時は反撃でダメージソースとしても期待出来ますが、弱点である触手ではワンパンされてしまう可能性も高いです・・・

【アビリティ】

タンザーは本体以外はアビリティとして、倒された時に「自身陣営」の全体をスタンさせるという特徴を持っています。

スポンサーリンク

低難易度のクエストで全体攻撃で一掃するとタンザー全体が3連続でスタンするという減少はコレが原因ですね!当初はバグを疑われもしましたが、お使いの端末は正常ですw

触手×2、蕾のそれぞれ、計3回全体スタンをかけられるので、本体以外は1体ずつ倒した方がオトク!また、タンザー本体が行動する前にスタンをかけたいので、素早いキャラで本体以外を倒すように意識しましょう。

難易度Romancing攻略

今回のイベントは何故かチャレンジ3の方が難易度が高いと評判ですw

理由はRomancingはタンザー(触手)のHPがチャレンジ3より含めに設定されており、反対にチャレンジ3はタンザー(触手)のHPが高めに設定されているが故に、全体スタンを上手く狙えないからという事だと思います。

敵の数が多い状態で戦闘を続けると、計5回/ターン攻撃を受けるのでジリ貧になってしまいます・・・

チャレンジ3もRomancing基本的な攻略法は共通。

全体攻撃でそれぞれの個体を削りつつ、本体以外を撃破するときは単体攻撃で1体ずつ倒すよう心がけ、全体スタンを最大限活用する事です。

チャレンジ3はそれぞれHPが高いので全体攻撃の比重を高めにして、低コスト全体攻撃の熱風等で残りHPを調整するようにするとベター!

Romancingの触手は全体攻撃×2+単体攻撃で倒せるくらいの感覚なので、試走して調整しましょう!

中央の蕾はHPが高いので、上下の触手を処理した後に上手く倒せるように残HPを調整しましょうね。

この時、行動順の遅いキャラで倒したくないなど調整が必要な場面で役に立つのが銃や術などの遠距離攻撃。本体を遠距離攻撃で狙う事によって思惑と違って本体以外を倒してしまうという事態を防止出来ます。

触手と蕾撃破で上手く本体の行動を丸々3ターン潰せれば、クリアはグッと近づくと思います!

適正キャラ

いかがでしたでしょうか?

今回のタンザーとの戦いは敵を倒す順番やタイミングを調整するというギミックを上手く活用するというイベント。

編成や戦略に工夫が出来て面白い試みだと思います。

これからも様々なギミックが増えていくことが予測出来ますので、対応出来るよう幅広いキャラの育成を進めて行く必要がありそうですね!

それでは今回はここまで!みなさま一緒にロマサガRSを盛り上げていきましょう!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です