水着最終皇帝(女)性能考察

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!晩酌です。

今回は現在開催中の「夏だ!海だ!ロマンシングフェス」。目玉の一つであるSSスタイル【特別な夏の一日】最終皇帝(女)の性能考察です。

【特別な夏の一日】最終皇帝(女)

最終皇帝(女)はロマサガ2の主人公の1人で、文字通り物語の最後で皇帝となる人物。既に3スタイル目ですので、お馴染みになっているでしょう!

テキストによると、皇位を継承するまでは夏は毎年海で遊んでいたとの事・・・

最終皇帝は男・女関わらずプライベートに関する記述は全くという程されていないので、いずれ補完されていく事にも期待ですね!

最終皇帝(女)の武器種は大剣・ロールはアタッカー。陽術適性があります。

別スタイルはつい最近復刻されていたアワード限定スタイル↓↓↓

最終皇帝(女)性能考察

そして、プラチナ限定スタイル↓↓↓

プラチナ最終皇帝(女)性能考察

いずれもアタッカーです。

技・術構成

スイカカットとエレガントビーチが新技!

・スイカカット

攻撃&自身を回復する技!他の自身回復技に比べ、威力表記は低めなものの、息切れ無しで毎ターン打ち続ける事が可能!

ワンパンで倒されてしまわない限り、かなり倒されにくくなりそうですね!

・月閃

アワード限定スタイルも持っていた、威力A消費BP8~6の高性能技!そして斬・陽の複属性なので、かなり使い勝手の良い技です。

プラチナ限定スタイルしか持っていない人にはこの技がかなり魅力的に感じるでしょう。

・エレガントビーチ

斬・陽複属性の全体攻撃!初手から撃つ事は出来ないので、温存戦法前提の運用になりますが、陽属性の高威力全体攻撃は結構貴重です。

斬・陽と有効な敵が多いので、狙って行く機会は決して少なく無いでしょう。

アビリティ構成

新アビリティは無し・・・

皇軍守護は2000万DL記念の最終皇帝(男)も持っていたアビリティで、ラウンド開始時に味方全体の耐久力を上げるという性能。さすが最終皇帝ですね!

どうやら2000万記念最終皇帝(男)と同時編成する事で、皇軍守護の効果は重複するようです。

あとは勇健&テンションⅤという火力アビリティ。スイカカットで自身を回復して勇健状態を維持して高火力を出すというコンセプトになりそうですね!

スタイル補正値(LV50時)

腕力の補正値が非常に高い!これまでのスタイルと比べても頭一つ抜けていますね!ただ、SLVの振り分けは抑えめ・・・

スポンサーリンク

そして素早さの補正値が高いのと、成長傾向⏫&SLVが高く振り分けられています。これまでの最終皇帝(女)はそれほど素早いスタイルではなかったので、このスタイルを手に入れる事で敵から先手を取る事を戦術に組み込む事が可能になりそうですね!

技・術継承

アワード限定SSスタイル

プラチナ限定SSスタイル

V-インパクトを継承すれば、初手での単体高火力に。また素早さを活かして水鳥剣での縦範囲攻撃で殲滅を狙う使い方もアリでしょう。

月光を継承する事で、スイカカットで自身を回復。月光で味方を回復というようにヒーラーとして立ち回ることも出来そうです。水着スタイルは回復効果UPアビリティはありませんが、月光の回復効果が優秀なので十分ヒーラーとして機能すると思います(光属性付き大剣を装備させるのをお忘れ無く)

水着スタイルはスイカカットを持っているため、オート戦闘では半月を継承させる旨みは薄そう・・・手動であれば使い分けも出来ますが・・・

運用方法

①単体メイン

V-インパクト→通常攻撃→月閃→通常攻撃・・・という流れ。

プラチナ限定がいない場合は、月閃→月閃→スイカカット→通常攻撃から月閃きループになります。

②ヒーラー運用

ボス戦等で、基本的には手動でスイカカットを繰り返し、最終皇帝(女)自身を勇健(HP満タン)状態を維持。そして、味方のHPが少なくなったら月光で回復するというヒーラー運用。

このスタイルは火力は高いものの、回復力もそこまで高く無く、強敵戦では勇健アビリティと相性があまりよろしく無いので・・・

高難易度ではアワードスタイルにスイカカットを継承するのがオススメ!

回復力UPアビリティで月光は十分な回復量&回復呼吸+毎ターンスイカカットによる自身回復で、ヒーラーの中でも最強の耐久力を誇るでしょう。

最終皇帝(女)の強い点

・腕力・素早さが高く、先制を取りつつ高火力を狙える
・スイカカットで毎ターン自身を回復しつつ、攻撃可能
・アワードスタイルがいれば、非常に倒されにくいヒーラー

イマイチな点

・範囲攻撃は縦攻撃と、2ラウンド以降の全体攻撃のみ
・別スタイルを持っていないと、アタッカーとしてもヒーラーとしても若干中途半端

最終皇帝(女)総評

元々ヒーラー兼アタッカーを両立出来る優秀なキャラでしたが、この水着限定が実装された事で更に磨きが掛かった印象。

この水着スタイルでは毎ターンスイカカットで自身を回復しながら、勇健状態を維持して高火力を出していくという使い方がわかりやすいですが・・・

懸念点として、「先手V-インパクトで高火力→敵の攻撃で勇健が切れる→先手スイカカットで勇健復帰→後攻的の攻撃で勇健が切れる・・・」というような流れが容易に想像出来ます・・・まぁこれに関しては勇健強撃持ち全てのスタイルに言える事ではありますがw

なにが言いたいかと言うと、自分の行動による回復で勇健に復帰するという事に過信は禁物という事です。回復呼吸などで行動前に勇健に復帰するのは悪くないと思いますが・・・(運の要素が強いので良いとも思いませんw)

本命はこのスタルの運用ではなく、アワードスタイルにスイカカットを継承する運用方法だと思います。

ヒーラーは追い詰められた時に味方を回復出来るよう、倒されにくいという事が非常に重要なので回復呼吸+スイカカットの自己回復はかなり有用でしょう!

苦手な打属性の高火力技などでワンパンされない限り、そうそう倒されないと思います。特に全体攻撃が主体なボス戦であれば、受けるダメージを帳消しにするなんて事も現実的かもしれませんね!

まとめると、このスタイルのみではそこまで便利なスタイルだと思いません。

アワード限定がいれば超が付くような高難易度クエストにもヒーラーとして大活躍してくれそう!ただ、この性能のヒーラーが必須になるようなクエストが実装されるかは今後次第でしょうか?

現状では投資的立ち位置のスタイルになりそうです。

いかがでしたでしょうか?

低コストで自身を回復出来る技持ちのスタイルが増えてきましたね!

全員自己回復話Zあで固めて、ボスの攻撃をゾンビ戦法で無効化にするというような戦いも、もしかしたら近い将来現実になるかも・・・w

それでは今回はここまで!みなさま一緒にロマサガRSを盛り上げていきましょう!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です