【龍を舞わせてみせよう】ブルー性能考察

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!晩酌です。

今回は現在開催中の旧正月記念ロマンシングフェス。目玉の一つであるSSスタイル【龍を舞わせてみせよう】ブルーの性能考察です。

【龍を舞わせてみせよう】ブルー

ブルーはサガフロンティアの主人公の一人!ロマサガRSリリース当初から恒常SSスタイルが実装されていたキャラですが、前回登場したプラチナ限定から裕に1年以上経過しているので、かなり久しぶりな実装ですね!

今回は旧正月記念での装いで登場ですが、シリーズファンから持っている扇の色にツッコミが出ていますねw

と、言うのもブルーは双子のルージュと敵対関係にあり、赤色にまつわる物を毛嫌いしているという設定があります。これによってアルカイザーの正体である「レッド」は特に赤色を前面に出しているワケでも無いのに名前だけが理由で仲間になる事を断られるというエピソードがありました。

まぁもしかしたらルージュと敵対関係に無い世界戦から召還されたのかもしれませんね(←便利な設定)

ブルーの武器種は杖。ロールはアタッカー、陽術適性があります。

プラチナ限定スタイルのロールも同様にアタッカーです。

技・術構成

天扇舞と、龍挙雲興が新術!

・ヒールライト

メジャー回復術である生命の水の陽術バージョン。前回考察した最終皇帝(女)が持っていた月光に比べ、消費BPが少ない分威力も控えめになっています。

回復手段を持っている事で高難易度にも対応可能ですが、周回要因として使う場合は、味方のピンチ時にヒールライトを優先して使ってしまう事は意識しておく必要があると思います。

・天扇舞

シンプルな陽術全体攻撃!消費BPが5まで下げられるので3ラウンド連続で全体攻撃を使う事が可能!

今まではフラッシュファイア→ライトボールという流れで3ラウンド全体攻撃運用も可能でしたが、天扇舞によって安定した火力を継続的に狙う事が可能になりました。

・龍挙雲興

3~5回のランダム攻撃!佐賀ロックブーケが持っていた魅惑イカの怒りの陽・熱バージョンで、攻撃回数が多い分、下ムラ、上ムラ激しいですがツボにハマった時の火力は凄まじいです。

SS杖のカドゥケウスとの相性もバツグンですね!

ただ初手からは撃てないので、運用には工夫が必要となります。

アビリティ構成

陽の大号令が新アビリティ!と、言ってもこれまでの号令の発動確率が中(25%)→大(40%)に上がっているだけですので、すんなり受け入れられるでしょうw

発動確率が40%ですので、より実戦的になりました!効果を最大限に使うためにも、編成を陽属性で固めておくのが望ましいですね!

他アビリティも陽気増幅Ⅱ&テンションⅤという構成。全て火力アビリティと扱っても良いので、かなり攻撃的なスタイルと言えそうです。

スタイル補正値(LV50時)

さすがに前回のプラチナスタイル実装から大分時間が経っていますので、基本的にほとんどのステータスは今回のスタイルの方が優秀!

特にプラチナスタイルのネックだった素早さが大幅に改善されているので、周回で使う際にも行動順に悩まされる事は減りそうですね。

器用さの値がかなり下がっていますが、術士にとっては重要なステータスでは無いので、問題視する必要は無いでしょう。

スポンサーリンク

技・術継承

プラチナSSスタイル

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-106.png

恒常SSスタイル

Sスタイル

Aスタイル

対単体運用では初手高火力のストームバースト、継続火力のセイバーレイ。

全体高火力では連達した超風を継承するのも良いです。今回のスタイルでは陽属性の全体攻撃しか出来ませんが、ヒートウェイヴ(素早さデバフ付き)、太陽風継承で熱属性も担当可能。

技・術継承に必要なプラチナSS、恒常SS共に洞窟修練やツヴァイクでピース収集→スタイル召還出来るのも良い点ですね!

運用方法

・全体攻撃運用

・天扇舞→天扇舞→天扇舞(3連続全体攻撃)
・ヒートウェイヴ→ヒートウェイヴ(熱&素早さデバフ)
・太陽風→天扇舞(陽・熱対応)
・フラッシュファイア→天扇舞(不死特攻)

それぞれの術に役割が持たせられるので、クエスト構成によって使い分けすると良いでしょう!

②単体運用

・セイバーレイ→セイバーレイ→通常攻撃→セイバーレイ
・ストームバースト

初手での火力ではストームバーストを・・・ただ、続く術が無いので使うシチュエーションは少ないと思います。

継続火力の場合はセイバーレイ運用がメインになるでしょう。

③龍挙雲興or超風一発屋

龍挙雲興によるギャンブル超火力チャレンジ!または超風+での高火力全体攻撃を狙う運用。

いずれも初手では使えないので、1ターン目を未行動にするか、手動での温存になります。

ブルーの強い点

・知力高補正値&火力アビリティマシマシで超強力なアタッカー!
・素早さも高く、全体攻撃×3で陽属性弱点クエスト周回に◎
・ヒールライトによる回復手段も持っているため、高難易度にも対応可能

イマイチな点

・ヒールライトを持っている事で、周回時の妨害になる懸念が
・対単体運用では技構成がイマイチ

ブルー総評

ブルーの正当強化という印象です!陽属性術士として最前線に返り咲いたと言って良いでしょう!

特に難題だった鈍足を克服した事と使い易い全体攻撃を手に入れた事で、周回で非常に便利なスタイルとなりました。

また、これまでに無い回復術を手に入れた事で、純粋に選択肢が増えたというのはブルーというキャラにとってもプラスと言えるでしょう!

イマイチな点としては、周回用スタイルな一方で回復術を持っているため、味方がピンチの時は回復を優先するため、周回パターンが崩れる懸念がある事。

単体運用では、初手の高火力と、それ以降の継続火力を確保する運用が無いため、スペックは最高峰ながら実際の運用に活かしきれない印象・・・

この問題は旧正月スタイルの技構成によるもののため、対単体運用は今後も課題となっていく可能性が高いです・・・BP8ランダム攻撃があれば解消しそうですが、龍挙雲興があるので同じような技が今後追加されるかはちょっと微妙かも・・・

もしかしたらこのスタイルは本体ではなく、今後に強力なスタイルが実装された時に技・術継承する事でより扱いやすくする・・・という役割が本命なのかも・・・

ただ、コレに関しては完全に個人の妄想で、このスタイル自体も十分優秀である事は間違いありません。

知力依存の陽属性アタッカー、且つカドゥケウスを扱え、回復もこなせるという役割のため、ライバル的にはスプリングサーカスショー白薔薇になるでしょうか?

【所持スタイル別オススメ度】

スプリングサーカスショー白薔薇
所持:★★ 未所持:★★★

総合オススメ度:★★★

いかがでしたでしょうか?

ブルーはサガフロでのシナリオ上でも強くなる余地を残していますし、今年の夏にはリマスター版発売に合わせてサガフロキャラのお祭りもあると思います!

ブルーも含め、サガフロキャラのこれからが楽しみですね!

それでは今回はここまで!みなさま一緒にロマサガRSを盛り上げていきましょう!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です