【花火を打ち上げろ】ヴァジュイール性能考察

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!晩酌です。

今回は現在開催中のサガフロンティア発売記念ロマンシングフェス。目玉の一つであるSSスタイル【花火を打ち上げろ】ヴァジュイールの性能考察です。

【花火を打ち上げろ】ヴァジュイール

ヴァジュイールはサガフロンティアで登場した上級妖魔で、妖魔の中での力は最上級。

ムスペルニブルというリージョン(惑星のようなもの)に宮殿を構えており、主人公が訪問すると「時の君」がいる場所に案内してくれます。

しかし、彼自身の事を知らないと答えると怒ってしまい、遠くの場所まで飛ばされる事に・・・ただ、このワープを有効利用する事例が多く見られ、「ワープの君」などと言われていますw

また、ロマサガRS内のイベントでも採用されていますが、クーン編ではヴァジュイールに「珍しい連携が見たい」と提案されるので、様々な連携をお披露目する必要があります。

見事成功するとスタイル名にもある花火が打ち上がりますwそれ故に「花火の君」と呼ばれる事もw

ヴァジュイールの武器種は体術。ロールはディフェンダー、陰術適性があります。

技・術構成

ヴァジュイールは特殊体術(知)使い。「かみ」やアポロン、シェラハ等と同じです。

体術武器は知力が高い武器を装備させるようにしましょう!

・サンスポット

陰・熱複属性の単体攻撃&挑発効果。息切れせずに撃ち続ける事が可能です!

・モーリオン

陰・冷属性の全体攻撃。3ターン連続で撃てるので周回でも使いやすそうですね。

・リストインフレア

陰・熱の単体高威力技!

ヴァジュイールの技は非常にシンプルなもののみで構成されています。

対単体へは陰・熱、全体攻撃は陰・冷と属性を違う事は意識しておきましょう。

アビリティ構成

花火返しが非常にユニークな性能!

直接攻撃に対して40%で全体カウンターし、味方全体へBP+1回復。味方へのBP回復手段が増えてきましたね!

聖王やマライアに比べ、1ターンで複数回発動する可能性もあるため、これまでは実現出来なかった運用方法も可能になる・・・なんて事があるかも?

ただ、そもそも直接攻撃を使用してこない敵には死にアビリティとなるので、過信は禁物。

アセルス、イルドゥンとは違う妖魔アビリティの妖魔の風格は、ラウンド開始時のみですが、全ステータスUP(20%)と攻撃・防御強化が確定発動(1ターン)。

防御効果は50%と実質「かっちかち」。それに攻撃強化の20%と全ステータスアップが付いているという贅沢詰め合わせですね。

さらに鉄壁Ⅵ持ちなので、初ターンの耐久力は相当なモノとなりそう。

スポンサーリンク

スタイル補正値(LV50時)

ディフェンダーロールという事で、耐久力に依存する体力・精神共に非常に高いです!

そして、火力に依存する知力も3桁!妖魔の風格による 初ターンのみの 知力ステータスUPと20%しか火力アビリティは無いものの、火力に全く期待出来ない・・・という事は無さそうかな?

運用方法

ヴァジュイールの運用方法はいたってシンプル!

①全体運用

全体攻撃のモーリオンを1~3ラウンド通して撃つ運用。

元々火力に期待するキャラではないので、他キャラと合わせて周回という使い方が主になりそうですね。

②対単体運用

リストインフレア→サンスポット・・・という流れ。

花火返しでのカウンターを積極的に狙う場合は、陣形のヘイト位置に置いて初ターンからサンスポットを使って挑発状態にしていくのが良いでしょう。

ヴァジュイールの強い点

・ラウンド開始時、全ステータスUP&攻撃・防御強化が確定発動する妖魔の風格持ち
・直接攻撃に対して40%でカウンター&味方全体にBP+1回復する花火返し持ち。
・体力・精神が高く、アビリティと合わせて非常に耐久力が高い

イマイチな点

・直接攻撃を使用しない敵には強みを発揮出来ない

ヴァジュイール総評

ヴァジュイールの強みはアビリティに集約されていると言って良いでしょう。

初ターンの堅さは言わずもがなですが、妖魔の風格が切れても十分に耐久力に期待出来るので、ディフェンダーとして十分な性能。

打属性のディフェンダーは実は結構貴重。イゴマールが使ってきた「たたきつぶす」は斬キャラであれば3,000を超えるダメージを受ける事もあったので、打属性に耐性がある打キャラのディフェンダーの需要はあるかと思います。

そしてやはり花火返しでの味方全体へのBP+1が最大の魅力でしょう。

アビリティ項でも書きましたが、1ターンで複数回味方全体のBP+1が狙えるのはヴァジュイールのみ。

モチロン運頼みになるので、戦術として確立させるのは難しいですが、長期戦では花火返しを期待した立ち回りも有効かもしれませんね。

当然ですが、直接攻撃を使ってこない敵に対しては強みを発揮出来ないので、汎用性という点には限界があります。

また、妖魔の風格は短期決戦向きで、花火返しは長期戦前提と考えると役割自体はチグハグなのかも?

確保必須!とは言えませんが、かなりユニークな性能なのでアセルスを狙いに行く過程でゲット出来ればラッキーという感じでしょうか。

いかがでしたでしょうか?

聖王のワイズリチュアルでの味方全体BP+1回復で騒がれていたのが遠い昔のように感じますね(2ヶ月前)

これからはBPの回転を速めるという戦術が常態化していくのかもしれませんね。

それでは今回はここまで!みなさま一緒にロマサガRSを盛り上げていきましょう!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です