SaGa the Music FES. 2022開催記念 Romancing祭 詩人編 性能考察

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!晩酌です。

今回は現在開催中のSaGa the Music FES. 2022開催記念 Romancing祭 詩人編 性能考察です。

【ジャムセッションで】詩人

役割

・剣武器種のディフェンダー兼サポーター。正月スタイルがあればヒーラー運用も
・他スタイルがあれば棍棒武器種運用可能。幻闘場対策に有用

詩人の強い点

・耐久アビリティと自身へのガードアップ・ダメージブロック付与で高耐久
・ターン終了時に味方全体のHPと状態異常を回復する癒しの余韻持ち
・高BPだが、ミンストレルノーツで味方全体のHP極小回復&BP+1付与でサポート可能

詩人総評

体力補正値も高く、耐久アビリティ&技持ちでかなり打たれ強く立ち回れるスタイル。

ロールはディフェンダーですが、役割的にはサポーターというのが適切かと思います。

主な立ち回りとしては、守勢の剣でガードアップ状態を維持しつつ、効果が効いている2ターン目い盾の響きやミンストレルノーツ(のためのBP回復)などをするという2種がメインとなりそう。

盾の響きはヘイト役に置いたりする時に有効。「パリイで良いんじゃ?」という意見もありますが、盾の響きには攻撃しつつの効果があるので単純に比較は出来ないでしょう。オート戦闘でも使ってくれるのも魅力。

ただ、キャンディのダメージブロックと違い、1回攻撃を受けるだけで剥がされてしまうので、連続攻撃には対応出来ないのは懸念点・・・それでも詩人の耐久力があれば、剥がされた上でそのまますぐに倒されるという事態は考え難いとは思います。

練気再生の発動次第ではかなりコンスタントに撃てるので、大概のターンを1回攻撃無効に出来ると考えれば結構強そうですね!

BPを温存しつつミンストレルノーツで全体回復&BP+1のサポートするのも有効な立ち回りだと思います。

また、別スタイルを持っていればヒーラーとしての運用や、武装弦楽祭でのモラル&ガードアップでのサポートも使えるので運用の幅が広がります!知力が低いので、D8コラボの状態異常付与は難しいでしょう・・・

癒しの余韻での全体回復&状態異常回復は、緊急時の保険としてあれば心強いですね。ただ確率はそこまで高くないので、このアビリティ発動前提で攻略パーティーを組むのは苦しそうですが・・・

今回の詩人は剣武器種という事で、これまでの別スタイルを持っていれば棍棒武器種としても使用可能。

幻闘場では剣⇔棍棒と使いワケ出来るし、サポート役としての側面が強いのでパーティーに入れやすい印象です。

このスタイル単体でも剣のディフェンダー兼サポーターとしては十分に優秀!他スタイルを持っていれば幅が広がると、結構便利なスタイルです。持っていれば活躍の機会は必ず巡ってくるでしょう!

詩人がオススメなユーザー

・剣武器種のディフェンダー兼サポーター不足
・別スタイルを持っていて、幻闘場対策がしたい!

【エル・リマッチ】リュート

役割

・剣武器種の雑強周回役
・対単体戦での他キャラへのモラルアップ付与役

リュートの強い点

・攻撃時に確率大(38%)で発動する威力Aのアンコールソングでの追撃が強力
・実質パワチャⅢ持ちで序盤のBP運用の幅が広い
・沸き立つうたでファスト攻撃&全体モラルアップ大(1ターン)を2連続で撃てる(追撃抽選も)

スポンサーリンク

リュート総評

攻撃後に確率大で発動するアンコールソングでの追撃が強力な周回特化型のスタイル!

「かみ」と役割的に似ていると思います。綿密に周回パーティーを編成するのが面倒・・・という人にはうってつけのスタイルと言えそうです。

最果ての決戦島等も運次第でスコアアップを狙えるかもしれません。しかし、追撃は2手扱いとなるので、満点を狙う!という人には向いていませんのでご注意!!

今回のリュートはその雑な周回要因以外に沸き立つうたのファスト全体攻撃&味方全体モラルアップ(大/1ターン)が強力!

全体モラルアップ大だけでも効果が高いのに、リュート自身も攻撃に参加し、アンコールソングの抽選も受ける事が出来ます。

ファストで発動するので、ほぼ確実に味方にモラルアップを付与した状態で攻撃させる事が出来るので、敵が単体の場合でも有用な戦術と言えます。2ターン連打出来るので、2ターン火力の高いスタイルと相性が良さそうですね!

この運用をする場合は、「そうちょう」などの同じような役割とは効果が重複しない点には注意するようにしましょう!

雑周回キャラは便利ですが、「かみ」や「デューン」なども、このキャラで無ければ・・・というシチュエーションはほぼ無かったのでこのタイプのスタイルは余裕があれば・・・という評価になってしまいますね。

始めたばかりのユーザーにはかなりオススメといえるでしょう!

リュートがオススメなユーザー

・そうちょう未所持で、初手のモラルアップ付与役が欲しい
・周回時のメンバーを考えるのがメンドクサイ・・・

【趣味はヴァイオリン】ドール

役割

・味方全体のODゲージ付与
・銃武器種の全体マヒ付与役(ファスト付き)

ドールの強い点

・旧スタイルに無かった、全体攻撃技持ち
・ターン終了時、確率大で味方全体のODゲージ上昇効果を発動する戦気の波動アビリティ持ち
・ファストで攻撃判定の無い敵全体マヒを付与するシャドウネット持ち

ドールの総評

最大の目玉はODゲージ上昇アビリティでしょう。最近はふくめんやセキシュウサイなど、OD行動にボーナスが付くスタイルが実装されていて、今後も増えていく可能性があります。

ドールのアビリティによって、初手のODチャージまでの短縮や、次のODチャージの回転率を高める事に期待出来るかもしれません。

個人的にはこのOD上昇は高難易度用のスタイルに付いていると嬉しいので、どちらかと言うと周回向きである今回のドールのスタイルとはミスマッチかと思っています。ODは手動戦闘で無いと使えないですからね・・・

今回のドールは現状では唯一無二ですが、実験的立ち位置かもしれません・・・今後、耐久系のスタイルで持って来たら評価が変わるかも?

それ以外に関しては、特に大きく目立つ点は無い印象・・・

攻撃判定の無いファストのマヒ付与はユニークですが、マヒは入れば勝ち確といえる状態異常なので、ファストは重要では無いと個人的には思っています。また、銃武器種には太陽風+があるので、佐賀メイレンを持っていなければ・・・という感じ。

どのみち投資的な印象が強く、ピンポイントで狙うというのはあまりオススメ出来ないというのが正直な所でしょうか?

ドールがオススメなユーザー

・ふくめんやセキシュウサイなどのOD行動にボーナスが付くスタイルを持っている
・旧スタイル持ちで、周回性能を持たせたい

ガチャは引くべき?

目玉は詩人でしょうか?単体でも高難易度では便利で、別スタイルを持っていれば周回性能もある程度は確保。

ミンストレルノーツでBPも振り分けられるので、周回に組み込んで他キャラの挙動にコミットするという使い方も面白いかもしれません。

また、リュートもかなり使い易いスタイルなので、詩人かリュートを特に狙いを定めずに引く・・・くらいに力を抜いてガチャするのも一興?

ただ、抑えておかないと後悔しそう・・・というようなスタイルはいない印象です。ジュエルに余裕の無い人は期間いっぱいまで待って総合的に判断するのが良いかもしれませんね。

それでは今回はここまで!みなさま一緒にロマサガRSを盛り上げていきましょう!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です