サガ フロンティア リマスター発売日記念 Romancing祭 シュウザー編 性能考察

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!晩酌です。

今回は現在開催中のサガ フロンティア リマスター発売日記念 Romancing祭 シュウザー編の性能考察です

【叫び声を上げろ】シュウザー

役割

・銃武器種使いでクロービットによる追撃を活用した長期戦火力枠

シュウザーの強い点

・クロービット射出後に3回発動する追撃で継続火力が高い
・クロービット強襲の追撃にもアビリティでのHP回復抽選、全能力バフ効果がかかる
・全体攻撃完備で、周回適性も良い

シュウザー総評

クロービット射出後に追撃として発動するクロービット強襲を活かした継続火力が魅力!

通常攻撃とループする事で、ほぼ常時追撃状態を維持する事が可能!さらにシュウザーが持っている吸収猛奪によるHP回復抽選と、効果は低めだが、確定で全ステータスにバフをかけるアビリティはシュウザー本体の攻撃+クロービット強襲でも効果があるので、自身を強化しながらある程度の耐久力には期待出来るでしょう。

LP消費などのデメリットが無い分、リアムのようなトンデモ火力には流石に及びませんが、その分デメリット無しで火力とHP回復力&バフの恩恵を受けられるというのは魅了的ですね!

またクロービット射出・強襲は斬・突属性なので、リアムには無い突属性火力を出す事が出来ます。その代わり通常攻撃の打属性と食い違ってしまいますが・・・

リアムは序盤の火力は皆無ですが、フルチャージ後はターンが進むごとにトンデモ火力を出し続けるタイプ。一方シュウザーは、序盤から高い火力を出し続けるタイプになります。

スタートダッシュはシュウザーが有利ですが、リアムは後から強烈な勢いで追い抜いていくという感じになるでしょう。

最近ではLPに直接攻撃してくるギミックも流行始めているので、リアム潰しのトレンドもあると思います。そういった環境を考えるとシュウザーをアタッカーとして採用するという選択肢はアリなのかもしれませんね。

懸念点としては、シュウザー自身は耐久力アップ系のアビリティを持っていない事・・・敵の攻撃次第ではワンパンされる脅威にされされ、HP回復効果は高いものの、所詮は確率頼みなので運が悪ければあっという間に倒されてしまうかもしれません。

対高難易度で火力役を担当するには他キャラでのサポートや適切な陣形の活用等、テクニックを求められるというのは意識して狙いにいく必要があるでしょう。

シュウザーがオススメなユーザー

・リアムを未所持で、中~長期戦の斬突火力が欲しい

【ごゆっくりどうぞ】シンディ・キャンベル

役割

・銃武器種キャラ特化のサポーター。器用さ依存の武器種とも相性が良い
・初手から敵全体に素早さデバフ(大)を付与出来る

シンディ・キャンベルの強い点

・全て確率発動だが、味方全体に有利な効果を付与するアビリティセット
・ウエポンボックスで銃、器用さ依存武器の火力を大きく上げる事が可能
・スパイダーディスペアで初手から敵全体に素早さデバフ(大)を付与出来る

シンディ・キャンベル総評

器用さ依存武器、特に銃武器種特化型のサポーター。サポート性能は火力に大きく振っており、威力を底上げして短期決戦を仕掛けるというのが本命の運用方法となるでしょう。

やはり誰もが考えるのがリアムへの火力サポート!また、シュウザーとの相性も非常に良さそうですね!

小剣、弓などの器用さ依存の武器でも、流伝(銃)の効果は受けられずとも大きな火力の底上げに期待できます。

ただ、サポーターロールの定めか。シンディ自体のステータスはかなり貧弱で、特に体力が低く耐久アビリティを持っていないので対高難易度を生き抜くのは至難の業・・・

ワンパンされなければパワースナッチで自己回復する事も出来ますが、それをやるとウエポンボックス分のBPを確保出来ないので、火力サポートこそロマンはありますが、実用性はかなり難しいのでは無いか?というのが個人的な意見・・・

スポンサーリンク

対高難易度を圧倒的火力で無理矢理・・・というよりは、「超特訓道場」のようなダメージランキングコンテンツでより高みを目指すようなプレイスタイルと相性が良いのでは無いか?と思います。

スパイダーディスペアによる素早さデバフ(大)は、これまでもヴァッハ神の塔などで大きなデバフ効果が活躍した実績があるので注目なのですが、シンディ自体があまり早くないので、素早さを下げたい敵相手に先制出来るかちょっと不安・・・なんとも絶妙な調整をしている印象がありますw

個人的には、手持ちがしっかり揃っている上級者向けのスタイル。最低限リアムは所持していて、シュウザー含め確保する覚悟があるなら狙いにいってみるのも面白いですね。

また、このスタイルはシュウザー、ベルヴァに比べ真の姿であるアラクーネのスタイルが期待出来るので、この3体の中では将来性は一番高いかもしれませんw

シンディ・キャンベルがオススメなユーザー

・リアムは最低限所持。シュウザーを含めて確保する覚悟が出来ている
・超特訓道場等のスコアアタックイベントで高得点を狙いたい

【全力を出せるぜ】ベルヴァ

役割

・ODでの超火力カウンターを活用したロマンカウンター役
・打属性の直接攻撃メインの敵に対する切り札

ベルヴァの強い点

・ワンツーフォームで攻撃&防御カウンター待機。直接攻撃に対して威力Sで反撃
・OD攻撃時は打属性を無効化しつつ威力SSSで反撃
・ODでワンツーフォームを使うと、反撃成功時ベルヴァアッパー→パワーボムどちらも発動する
・OD状態はワンツーフォーム発動後に解除され、カウンター成功時は以降のベルヴァアッパー→パワーボムでODゲージが上昇する

ベルヴァ総評

新たなカウンターロマン枠!

ワンツーフォームは攻撃後にカウンター待機に移行するのでオートでもカウンターを狙った運用が可能。

ただ、最大の特徴はOD使用でのワンツーフォームなので手動を運用するのが前提となります!

OD使用時は、ワンツーフォームでの防御カウンターとは異なるカウンター待機状態になり、この状態のターンは打属性を含む攻撃を無効化し、直接攻撃に対しては威力SSSのベルヴァアッパーでカウンターするという性能。

技威力が反映されにくい体術である事、技ランクが1扱いである事から、超絶火力・・・というワケではないのですがベルヴァのカウンターの強みは、その仕様にあります。

カウンター始動であるワンツーフォームは攻撃技なので、この技を使用した段階でODが状態が解除され、その後に直接攻撃を受けカウンターが成功した場合は、そのカウンターからODゲージが再装填され始めます。

ワンツーフォームを使用していれば、パワーボムとOD使用によるカウンターのベルヴァアッパーが発動するので、1回のカウンター成功で2回攻撃!威力もさる事ながら、OD増加による再装填の回転の速さにも期待が持てます!

ベルヴァリベンジ状態では打属性を含む攻撃を無効化するので、打属性メイン、かつ直接攻撃が多い敵に対しては非常に刺さる組み合わせになりそうです!

懸念点としては、体力補正値は高いものの、耐久アビリティ自体は無いので、ワンツーフォームでの防御カウンターでの耐久アップとODでの打属性無効しか耐える方法が無い点。非常に使い所は難しく、かつ限定的であると言えるでしょう。

刺さるクエストではトコトン刺さり、メチャクチャ気持ち良い思いをする事が出来そうですが、コチラのスタイルも超特訓道場のようなスコアアタックイベントが本命になると思います。

幅広い攻略を目指すという人よりは、手持ちが充実していて尚、ひと味違う楽しみ方をしたい!という人にオススメなスタイルだと思っています。

ベルヴァがオススメなユーザー

・ロマンカウンター炸裂で最高に気持ち良くなりたい!
・超特訓道場でハイスコアを狙うために備えたい

ガチャは引くべき?

個人的には・・・
・アルカイザー編:幅広いクエストに対応
・シュウザー編:それぞれ尖った一芸持ち

といった印象です。シュウザー編はユニークな性能を持っていて目を引きますが、どれもかなりクセが強め。

自身で使うイメージが固まっていないと、上手くスペックを発揮出来ずに宝の持ち腐れになってしまう懸念があります。

また、それぞれ中ボスという位置付けなので、エピソードが強いメタルブラックに比べると、新スタイルの追加が期待出来るか不安という側面も・・・

アルカイザー編はある程度高難易度イベントにも挑戦したいという人には耐久力が魅力なスタイルが2体揃っているので、狙ってみる価値は十分にあると思います。

あくまで個人的な評価としては幅広いユーザーにオススメする筐体はアルカイザー編を推しておきます。

ただ、急いで確保必須というような性能であるとは思わないので、期間いっぱいは様子を見ても良いかもしれませんね。

それでは今回はここまで!みなさま一緒にロマサガRSを盛り上げていきましょう!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。