武闘会・烈攻略

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!晩酌です。

本日より、武闘会・烈が新たに解放されました。

前回開催の烈と、メンバーや陣形が変わっていますので、記事にてまとめていきたいと思います。

武闘会ルール自体は前回の烈と同じで、以前にまとめた記事がありますので、こちらを参照してください。

難易度も前回同様、上級の3回戦まであります。今回は最も難易度の高い、上級の3回戦を紹介します。

敵のメンバーはジニー、クーン、シフ、ルージュ、ウンディーネの5体。陣形は鳳天舞の陣です。

各キャラごとに見ていきます。

ジニー

打属性耐性で、突属性が有効。
単体攻撃も厄介ですが、なにより、デルタ・ペトラが危険です。全体攻撃に石化効果があり、複数体石化させられてしまうと、そのまま追い詰められてしまう恐れがあります。
石化は時間経過(3ターン?)で復帰可能ですが、石化キャラ以外が戦闘不能になるとそのまま全滅扱いとなってしまいます。状況次第では即死と同じ扱いとなってしまうということですね・・・
撃破優先度はかなり高いですね!私は真っ先に撃破しました。

クーン

打属性耐性で、突属性が有効。
単体即死級の滝登りと、全体大ダメージの練気掌持ち。そして素早さが高い為、先手を取られるケースが多く、こちらも厄介な相手となっています。
個人的にはジニーに次ぐ撃破優先度と考えています。

シフ

斬属性耐性で、打属性が有効。

攻撃力は高いですが、単体攻撃しかありませんので、回復役を置いて復帰させる前提であれば、撃破は後回しにしても良いかと思います。ただ、回復役を落とされてしまう恐れもありますので、油断していい相手ではありません。

ルージュ

打属性耐性で、突属性が有効。
ポイゾナスブロウが結構な高火力を出してきますが、お得意の影縛りは継承されていないようでw
撃破優先度は低いです。

スポンサーリンク

ウンディーネ

打属性耐性で、突属性が有効。
サイクロンスクイーズが驚異なのはスライムで実証済wしかし、生命の水でメンバーの回復に専念してくれる事も多く、他の厄介な相手の撃破を優先した方が良いと思います。

今回も相手側は状態異常に対しての耐性はありませんので、スタンやマヒを狙った戦術が非常に有効です。

初ターンで撃破優先度の高いキャラを複数体マヒにさせる事が出来れば勝利がグッと近づきますね。
力技でクリア出来ない場合はマヒが入るまでやり直したり、厄介な技を使ってこないパターンまでやり直すのも有効です。

個人的な優先度を順位付けすると、ジニー>クーン>シフ>ウンディーネ>ルージュですね。

私はルージュでマヒをばらまきながら各個撃破していきました。

シフ以外は突属性が弱点となっている為、突属性で強力なキャラがいると攻略が楽です。
モニカやミカエルの継承した演舞剣や、クローディアのアローレインで全体攻撃すると弱点属性で全体を大きく削れるので有効です。

攻略とは直接関係ありませんが、舞闘会はキャラの能力上げに有効と言われています。

上級1回戦でも能力が成長しやすく、1waveのクエストなので1回あたりの時間が短く、消費スタミナも5と少ないので、能力上げだけに特化したい時には非常に有用です。

こちらこの記事を書く1日前に無料ガチャでお迎えしたバーバラです。

引いた当初は遠征だけで育成していたので、1500程度の戦闘力でしたが、現在は4000に迫る数値です。これが舞闘会周回の成果です。

今、ログインボーナスで大量に配られているスタミナ回復剤を使って沢山周回した結果ですが、1日でこの成長は凄いですよね!

感覚的に4500くらいは上がって行くっぽいので、キャラクターの能力を上げたいときはオススメです。

デメリットはこのクエストはドロップアイテムが無い為、装備品の育成や、資金稼ぎにはなりません。
また、ランク経験値が低い為、ランク上げにも適していません。

あくまでキャラ能力を上げるのに特化したクエストですので、念頭に置いてください。

それでは今回はここまで!みなさま一緒にロマサガRSを盛り上げていきましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です