クジンシー襲来

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!晩酌です。

今回は、既に開催から大分時間が経ってしまい今更感が満載ですが、クジンシー襲来の記事ですw

クジンシーは原作のロマサガ2では一番最初に戦う事になる七英雄。

見切りというシステムのチュートリアル的な存在でもあり、ある意味先生ポジションでもありますw

クジンシーの耐性値

クジンシーは突属性と、陽属性が効果的。

陽属性に比べれば、突属性を揃える方が容易だと思うので、突属性をメインに編成すると良いと思います。

状態異常は1戦~10戦目まではスタンやマヒ等も狙っていけなくもない数値。

暗闇は耐性がありませんが、暗闇状態にしてもそれほど戦闘が有利になりませんので、特に狙っていく必要はないでしょう。

クジンシーの得意技

クジンシーが使用してくる技で最も特徴的であり、対策が必要なのは原作から完全再現されているソウルスティールです!

このソウルスティールは相手の残HPに関係無く、LPを0にして再起不能にしてしまうという恐ろしい技・・・

なんと原作の性能そのままロマサガRSに持ち込んできましたw

このソウルスティールをまともに受けてしまうと、回復術を使っても復活させる事が出来ないため、非常に厄介な技です・・・

ロマサガ2では「見切り」というシステムによって、見切りを習得しているキャラに対しては無効にする事が出来ましたが、ロマサガRSでは見切りというシステム自体がありません。

この凶悪技への対策は現状パリイしかありません。パリイ待機中であればソウルスティールも無効化する事が出来ます!凄すぎるぞパリイw

ただ、ソウルスティールがパリイ役以外に飛んだら戦線離脱。パリイが撃てないターンに飛んでくると戦線離脱・・・とやはり凶悪な技である事に変わりはありません。

ソウルスティール以外に厄介な技は、単体に即死級ダメージを与える死神のカマ、単体魅了を付与するゴーストライト。しかし、どちらもパリイで防げますので、やはりパリイ編成が必須級の相手と言えるでしょう。

その他は冷気や、かまいたち等の攻撃を仕掛けてきますが、多くの攻撃が知力依存によるモノのため、知力デバフ技が非常に有効です!

オススメ編成

オススメ編成は・・・

・パリイ役(ベア、SSアルベルト、正月限定ポルカ)

・突属性キャラ(脳削り持ち)×3~4

・回復役×0~1(Sマライアがオススメ!)

パリイ役はほぼ必須!パリイを編成するので、陣形はパリイ役にヘイトが集められる陣形、特にクジンシーからの攻撃を軽減するため、精神が上昇する鳳天舞の陣がオススメです!

突属性キャラは槍の脳削りを持っているキャラが非常に有用!クジンシー自体へのダメージソースにもなると共に、知力デバフによってクジンシーが仕掛けてくる攻撃を弱体化させる事も出来ます!

脳削りは継承含め、多くのキャラクターが持っている技ですので、自分の手持ちに合わせ、3体くらいは編成すると良いと思います。

回復役は必須ではなく、保険的な役割。火力が確保出来ない場合は、無理に編成しなくても良いかもしれません。

オススメ編成でも記述しましたが、Sマライアがいると脳削りも出来て、回復役にもなれるので適正なキャラだと思います。

打倒クジンシー!1~10戦目

原作のロマサガ2をプレイした人は、同じ事をやった人も多いのではないでしょうかw

原作でのクジンシー戦闘時の再現ですw

最初の内はクジンシーもそれほど強くないため、思い出に浸りながらの戦闘ですw

取りあえず、10戦目までは再現パーティーでクリア!

スポンサーリンク

この時点で結構苦戦していますねw

打倒クジンシー!!11~20戦目

11戦目からは第二形態に変身し、各耐性値が上昇。攻撃の種類も増えます。

大きく開いた口と、女性の顔の形の盾(?)が特徴的ですね。

ここからは個人的なガチメンバー出撃!

パリイ、脳削り×3、純粋火力編成です!

画像はインペリアルクロスですが、途中から鳳天舞の陣に切り替えています。

戦術としては、パリイ・脳削り共に撃てるターンに撃つというシンプルなもの。

脳削り役3体で全てデバフが入れば、冷気やかまいたちも十分に弱体化出来ていると思います。

ソウルスティールがパリイ以外が連続で狙われた場合は、素直にリタイアした方が賢明ですw

正直、この方法をしっかりやれば、20戦までは難しくないでしょう!

クリア報酬のみが目当ての人はここまででクジンシー戦は終了で問題ありません。

攻略とは関係ありませんが、画面右上の女性の画が・・・

おわかりいただけただろうか・・・

背景の細かいギミックも面白いですね!

打倒クジンシー!!21~30戦目

21戦目以降は、クリア報酬無しのやり込み要素!

ここからは、本気を出した七英雄の理不尽な攻撃に阿鼻叫喚の鬼畜難易度が待っている・・・ハズでしたが・・・

なんともあっけなく30戦目撃破w

21戦から30戦目まで通して2回くらいしかやり直さなかったですw

これまでの襲来で30戦目まで実装されていたダンターグ、ボクオーンともにかなりの鬼畜的な難易度だったのに、これにはちょっと肩すかしでしたw

要因としては、脳削りによって弱点である突属性でダメージを与えられると共に、得意技を弱体化出来、非常に効率良く戦闘を進められるという点が大きいかと思います。

ダンターグは腕力デバフが可能な斬・打属性には非常に高い耐性を持っていましたし、ボクオーンも知力デバフが有効でしたが、突属性には非常に高い耐性があり、有効な打属性の脳天割りはSSスタイルでは螺旋ガチャ限定のソフィアしか持っていないので構成が難しかったというのも難易度が高かった要因の一つ。

ただ、ダンターグやボクオーン戦の後半で感じたデバフ自体の成功率の低さも特に感じなかったので、単純にステータス自体も抑えられていたのかもしれませんw

というわけでクジンシー30戦目クリア!

正直そこまで達成感もありませんでしたが・・・w

いかがでしたでしょうか?

これまでの襲来30戦に比べて難易度的に大分抑えられている印象ですので、今まで30戦目に挑戦していなかった人は、入門編的扱いで試しに挑戦してみるのも良いかも知れませんね!

それでは今回はここまで!みなさま一緒にロマサガRSを盛り上げていきましょう!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です