クローディア性能考察

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!晩酌です。

今回は現在開催中のSPECIALピックアップガチャの目玉の一つである、SSスタイル【皇帝の娘として】クローディアの性能考察です。

ついに初代ロマンシング サ・ガの主人公最後のSSスタイルとなるクローディアの実装です!!・・・が・・・

SSスタイル【皇帝の娘として】クローディア

これまでの初代ロマンシング サ・ガの主人公はSSスタイル実装時に、リメイク版ミンストレルソングでの出で立ちで実装されるのが通例でした(←過去系)

中央のキャラがリメイク版ミンストレルソングでのクローディアです。

一度、ミリアムでこの通例が崩れましたが、ミリアムは主人公ではないため、例外なのだろうという認識が、ロマサガRSプレイヤー間では広まっていました(←過去系)

実際に実装されたクローディア様の出で立ちはコチラ!

クローディアは物静かな印象を覆す、非常に露出度の高い衣装を纏っての登場w

ちょっと調べてみましたが、このクローディアの衣装に関する元ネタは見つからず、おそらくこのロマサガRSオリジナルの衣装だと思われます・・・

その出で立ちから聖〇士星矢の黄金聖闘〇コラボ等と揶揄される始末w

イラスト的には美麗でとてもよろしいとは思うのですが、何故ミンストレルソングVer.で先に実装して、他のイベントでのフェス限定版でこの衣装を出さなかったのかが、心に引っかかります・・・

クローディアは主武器は弓。ロールはアタッカーです。

技・術構成

・影縫い:消費BP4~3 威力Eの突属性単体攻撃(遠距離)+マヒ付与(大)

・必殺の矢:消費BP8~6 威力Bの突属性単体攻撃(遠距離)+即死(小)

・夢想弓:消費BP13~10 威力Sの突属性単体攻撃(遠距離)+自身の器用さ上昇(中)

影縫いは、陰術の影縛り以来のマヒ付与(大)技です。その有用性は影縛りで実証済。消費BPは4~3ですので、覚醒されてしまうと、オート戦闘時に影縫いしか使わなくなってしまうので注意。

マヒ付与技としては優秀な印象ですが、ちょっと気になる点があります・・・

詳細は後述・・・

必殺の矢は最近のトレンドとも言える消費BP8~6の中火力技。オート戦闘時に使いやすい技性能です。

即死効果もついていますが、他の即死技でも発生確率はかなり低かった印象・・・

即死効果に頼るではなく、あくまでオマケ程度に考えておくのが賢明だと思いますw

夢想弓は攻撃を撃ちつつ、自身の火力を上げるという特殊な技。

この夢想弓がクローディアの全体火力にどの程度影響を与えるかは未知数ですが、ボスとの長期戦の際にこの夢想弓を打ちながら闘えば、火力アップが期待出来るかもしれません。

アビリティ構成

・テンションアップⅢ:常時与ダメージが上昇(中)

・勇健強撃Ⅲ:HP満タン時、与ダメージが上昇(大)

・静寂の化身Ⅲ:ターン開始時ヘイトが減少する(中)

全体的に陣形ハンターシフトやホーリーウォールの後衛に置くのに相性が良いアビリティ構成です。

ヘイト減少によって、HP満タンを維持しやすく、火力を出しやすい構成です。

弓使いとしては使いやすいアビリティだと思います。

スタイル補正値

スタイル補正値は器用さと、何故か弓キャラに不要な腕力が高いw

気になるのが知力補正値の低さ・・・

クローディアが持つ技の影縫いによるマヒ付与は、知力に依存するという説が有力視されており、せっかくのマヒ付与(大)の影縫いを活かせるのかが気がかり・・・

同じマヒ付与(大)の影縛りを持つ、ルージュやクジンシーと同じような使用感で運用出来るか気になる所です・・・

成長傾向

成長傾向は器用さと素早さに▲。

スポンサーリンク

Aスタイルは体力、素早さに▲、器用さに⏫なので育成に適しています。

スタイルlvボーナス

スタイルlvボーナスは素早さと器用さに振り分け。

素早さの値の方が上昇値が高いのですが、無難な振り分けです。

継承技

クローディアはA・Sスタイルそれぞれから、用途に応じて、色々な技を継承する事が出来ます。

ただ、Sスタイルはプラチナガチャ限定で入手ハードルが比較的高いのが難点・・・

Sスタイル

・低コストの全体攻撃を連発したい場合はでたらめ矢を継承。

運用方法は若干変則的なため、下記を参照。

・落鳳破は威力SS技で、浮遊特攻。消費BP14~11と若干重めですが、敵によっては非常に有効な選択肢であると言えます。

Aスタイル

・ビーストスレイヤーは消費BP8~6 威力Bと、SSスタイルの必殺の矢と同じ構成。獣特攻が付いているので敵に合わせて使い分けるのも良いと思います。

・アローレインは一覚醒すれば初手から撃てる全体攻撃。

裏道場など、初手から全体攻撃が必要な時に便利です。

運用方法

①メインとなるのは必殺の矢を最大覚醒。

必殺の矢×2→通常攻撃→必殺の矢→通常攻撃・・・といった流れ。

オート戦闘でも使いやすく、火力面でも期待出来ます。

Aスタイルのビーストスレイヤーを最大覚醒して継承すると、必殺の矢がビーストスレイヤーに置き換わるので、獣の敵相手にはコチラで運用すると良いです。

②全体攻撃を連発したい場合は、必殺の矢を最大覚醒。でたらめ矢を「覚醒せずに」継承。

でたらめ矢×2→影縫い→通常攻撃→でたらめ矢・・・という流れ。

敵の数が多い構成では使い易い戦術です。

注意点は、必殺の矢を覚醒した状態で、でたらめ矢を覚醒してしまうとオート戦闘では使用してくれなくなってしまいます・・・

でたらめ矢を覚醒済だけど、どうしてもオートで使用したい場合は、必殺の矢を未~一覚醒に留め、必殺の矢→でたらめ矢→通常攻撃→でたらめ矢・・・という使い方もアリです。

必殺の矢も覚醒済であればオート運用は諦めるしかありませんw

③初手で全体火力が欲しい場合はアローレインを一覚醒・必殺の矢を最大覚醒し、アローレイン→通常攻撃→必殺の矢→通常攻撃・・・という流れ

クローディア総評

初の弓SSスタイルクローディア。突アタッカーとして中々なキャラとしてまとまっている印象です。さらにマヒ付与や即死などの役割を持たせられる上、特攻や全体攻撃と選択肢が多いのも魅力。

一方で上述しましたが、知力補正値の低さによってマヒ付与や、即死の成功率にどの程度悪影響が出てくるのかが気になる所・・・

また、色々な事が出来る反面、クローディアにしか出来ない役割はなく、他のキャラで補えてしまう感が否めません。

使う場合はハンターシフトかホーリーウォールの構成で使う事になると思うので、突属性のアタッカー枠が有無でオススメ度合いが変わってきます。

突キャラアタッカー最高峰である、クリスマスモニカorSSセルマを片方・またはどちらも持っていない人にとっては、アタッカー役として魅力的でしょう。

どちらも持っている場合は、クローディアを優先させる必要は無いかもしれません。

ただ、クローディアは人気キャラな上、導入部分でも紹介したとおりミンストレルソングのスタイルが実装されていないので、今後も新規スタイルが追加される可能性が十分に期待出来ます!

そういう意味ではクローディアはこれからにも期待が出来る将来性のあるキャラであると言えるかもしれませんね!

SPECIALピックアップガチャ引き時指数

今回のSPECIALピックアップガチャの引き時指数は、目玉となるSSスタイルはどちらも使い道はあるものの、その役割の最高峰とは言えず、手持ちが十分である人にとっては、一軍メンバー入りするのが難しいスタイルです・・・

また、5月末には七英雄最後にして最強のワグナスがガチャで実装される可能性があり、6月にはハーフアニバーサリー記念ガチャが来る可能性があります。

コチラのガチャは特別に記念的な位置付けで、性能的にも期待出来る期待感もあるという外的要因から、今回の引き時指数は辛めの☆2.5(最大5)・・・

また、今回のガチャは期間が過ぎればプラチナガチャに追加されるという点もこの評価の要因です。

いかがでしたでしょうか?

待望のクローディア追加。ちょっと私の期待していた出で立ちとは違いましたが、このキャラのSSスタイル実装を待っていた人は多いと思います!

今後も未実装キャラの追加や、既存キャラの新スタイルの実装に期待していきたい所です!

それでは今回はここまで!みなさま一緒にロマサガRSを盛り上げていきましょう!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です