T260G性能考察

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!晩酌です。

今回は現在開催されているハーフアニバーサリー記念第二弾、ロマンシングフェスの目玉であるSSスタイル【装備強化が必要です】T260Gの性能考察です。

SSスタイル【装備強化が必要です】T260G

原作のサガフロンティア未プレイの人には意外に感じるかもしれませんが、T260Gはサガフロンティアの主人公の一人。

色々な主人公から選択出来るというコンセプトのサガシリーズでも、かなり異色なメカの主人公です。

ハーフアニバーサリー記念ミッションでAスタイルが実装されたばかいですが、SSスタイルの実装が早かったですねw

T260Gの主武器は銃。ロールはディフェンダーです。

技構成

・レーザー:消費BP5~4 威力Cの陽属性単体攻撃(遠距離)

⇒消費BPに対して威力が高めに設定されている技です。低コストで連発する事によって、コンスタントに火力を出す事に期待が出来ます。

注意点としては、銃での攻撃ですが打属性扱いは無く、陽属性のみの特性しか持っていません。

他の属性付き技のように、2種類の属性で幅広い敵に対応する。というような使い方は出来ません・・・

・レールガン:消費BP7~5 威力Bの打属性単体攻撃(遠距離)

⇒威力Bの技は消費BPが8~6の場合が多いですが、コチラの技は消費BPが1少なくなっています。

そのため、他の技に比べて回転が速く、長期戦時の高い総ダメージに期待出来ます。

・びっくりソルジャー:消費BP14~11 威力Bの打+斬属性全体攻撃。

⇒消費BPの思い全体攻撃。威力的には平凡ですが、打+斬属性という物理属性2種類というユニークな性能を持っています。

敵の数が多く、弱点がバラけているというようなクエストでは活躍するかもしれません。

しかし、一番の見所は技の見た目がカワイイ所でしょうか?w

アビリティ構成

・痛みの練気:被弾時、まれにBPが1回復する。

⇒被弾しなければならない分、練気高揚と比べて安定しにくいですが、敵から集中的に攻撃をされた場合に、複数回発動による大量回復にも期待出来ます。

ただ、攻撃に耐え続けなければならず、やはり使いにくい印象が拭えません・・・

・鉄壁の守りⅢ:常時、被ダメージを軽減する(中)

⇒特別な条件が無く、被ダメージが軽減出来る、ディフェンダーとしては使い易いアビリティですね!

・デトックス:ターン開始時、自身の状態以上を解除する。

⇒毎ターン自身限定ではありますが、状態異常を回復するというアビリティ。状態異常が凶悪なロマサガRSに於いて、貴重な状態異常対策手段であると期待されています。

・・・が、正直現状では環境を変えるような対策にはならないと思っています・・・

理由としては、デトックスが発動するのはあくまでターン開始時。

つまり、コマンド入力完了後であり、プレイヤーがコマンド選択不能になる状態異常。睡眠、マヒ、混乱、魅了、狂戦士などの場合は、デトックスによって状態異常が解除されたターンでも行動することが出来ません・・・

さらにはT260Gより敵が先に行動して状態異常を付与された場合は、当該ターン、デトックス発動ターンの計2ターンは行動出来ません・・・

もちろん何も対策が出来ないキャラよりは有利ですが、2ターン行動が制限されるというのは既に致命的です・・・

また、自身しか回復出来ないという特性なので、T260Gのみが狙われるケースの場合には効果を発揮しますが、全体に状態異常付与されるような攻撃の場合、T260Gのみが状態異常から復帰しても現状では攻撃するしか選択肢が無いため、状況を打破出来ません・・・

今後、味方を回復したりサポートしたりするような技を持ったスタイルが追加される事に期待。という感想です。

スポンサーリンク

スタイル補正値

スタイル補正値は体力が非常に高く設定されています。ただ、それ以外に目を引くような補正値がありません・・・

成長傾向

成長傾向は体力と器用さに▲。T260Gを運用する上で有効なステータスなので、このスタイルで育成を進めても問題ありません。

Aスタイルでは体力⏫、器用さ▲なので若干コチラでの運用が有用ですね!

スタイルlvボーナス

スタイルlvボーナスは器用さと体力に振り分け。

構成的にはT260Gと相性が良いスタイルlvボーナスです。

継承技

継承技は、初ターンに全体攻撃を撃ちたいクエストの場合は、Aスタイルから地上掃討を継承。

・地上掃討:消費BP10~8 威力Cの打属性全体攻撃(遠距離)+スタン付与(中)※浮遊している敵には無効。

覚醒せずに初手から撃てるので使い易い全体攻撃。

さらに浮遊している敵以外には全体スタンも狙えるというのも強みです!

運用方法

正直難しいです・・・低コスト+陽属性のレーザーをメインにするか、コスパの良いレールガンをメインに運用するか・・・

どちらかを立てると、一方が立たないという関係になっています。

また、痛みの練気によって1ターンで2以上のBPが回復する可能性もあり、オート戦闘の挙動はカオスw

①レーザーメイン運用。

レールガンは覚醒せず、レーザーを一覚醒。

レールガン→レーザー×3→通常攻撃→レーザー×3・・・という流れ。

陽属性弱点の敵に対して効果的。

デメリットはレールガンが覚醒出来ないため、陽属性の敵以外には効果が低くなってしまいます・・・

②レールガンメイン運用。

レールガン二覚醒、レーザー一覚醒。

※レーザーは覚醒させないと、レールガンと同BPとなり、上に配置されているレーザーが優先使用されます。

レールガン×3→通常攻撃→レールガン×2→通常攻撃・・・という流れ。

デメリットは痛みの練気発動時にレーザーが暴発する事w

その挙動を嫌う場合は、レールガンを一覚醒、レーザーを無覚醒。

レールガン×2→通常攻撃→レールガン→通常攻撃・・・という流れもアリ!

レーザー暴発を完全に防ぐ事は出来ませんが、ある程度挙動は安定するでしょう。

③初手全体攻撃後、①or②運用へ移行。

地上掃討を二覚醒して継承。レーザー、レールガンの覚醒は①or②を参照。

地上掃討→①or②という流れ。

継承する・しないで、全体攻撃・単体攻撃を使い分けられるのは使いやすいです。

T260G総評

ハーフアニバーサリー記念第二弾の目玉スタイルではありますが、総評としては上手い使い方があまり思いつきません・・・

ディフェンダーとしてヘイトを集める役割ですが、防御技も自身のHPを回復する術も無いため、相手の猛攻を引き受け続けるのは難しいでしょう。

痛みの練気によるBP回転率を上げる戦法を狙う場合でも、T260Gは単純な攻撃技しかもっていないので、有効な使い道が無いというのも微妙な所・・・

技構成は非常に優秀だと思いますが、ディフェンダーであるため、火力自体に期待が出来ません・・・

まとめると優秀な部分もあるものの、色々と惜しいという評価・・・嵐月のような高コストカウンター技や、パリイのような優秀な防御技があれば評価は変わってきたでしょう。

これは仮説の話ですが、今後T260GのアタッカーのSSスタイルが実装された場合、このスタイルからレーザー・レールガンを選択して継承出来ると仮定すれば、非常に優秀なアタッカーに化けるかもしれません。

まぁこれは妄想の中での話しですので、その可能性に賭けてT260Gを引きに行くのはオススメ出来ません・・・

同時ピックアップのSSアセルスが非常に優秀ですので、アセルスを狙っている段階で運良くゲット出来ればラッキー!というスタンスで臨むくらいで丁度良いのではないでしょうか?

いかがでしたでしょうか?

少し辛口目の評価となりましたが、原作のサガフロンティアでもパーツを交換する事によって。様々な見た目に変化するという特徴があったため、今後のスタイル追加は現実的だと思っています。

技構成に関してはかなり優秀なのは間違いないので、アタッカースタイルの実装を期待しましょう!

それでは今回はここまで!みなさま一緒にロマサガRSを盛り上げて行きましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です