陣形色々…効果も色々…

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!晩酌です。

今日は戦闘に大きな影響を与える陣形に関してまとめていきます。

ロマサガRSでは戦闘時、キャラクターの配置を変えて戦闘力に補正を掛ける陣形というシステムがあります。
原作のロマサガを未プレイの人はあまり気にせずやっている方もいるかもしれませんが、その効果はかなり大きく、陣形を変更するだけでクリア出来なかったクエストがクリア出来るようになったり…またその逆の事も決して珍しくありません。

そこで、ロマサガRSユーザーに良く使われている陣形を一部ピックアップし、その有用性について考察していきたいと思います。

陣形の効果は編成画面の陣形一覧から確認出来ます。

それぞれ陣形をタップするとおおまかな説明がありますが、赤丸の部分をタップすると詳細な数値が確認出来ます。

ステータスが50%上昇したり低下したり、影響がかなり大きい事が分かります。

それでは、人気の陣形を…

・ラピットストリーム

最近は強力な陣形が続々と追加されてきた事により勢いが衰えてきましたが、まだまだ人気の高い陣形です。

ロマサガは敵が放ってくる技が凶悪で、いかに先手を取って、倒したり、または状態異常で無効化していくことが高難易度クエスト攻略に於いてとても重要です。

全キャラ素早さが+50%は破格の性能だと言えます。それに引き換え-補正は体力-15%と、恩恵に比べるとそこまで気になりません。

さらに、体術キャラの技の威力は素早さに依存する部分が多いようで、ラピットストリームとの相性抜群です!現状SSアザミが強キャラ筆頭と呼ばれているのはこのラピットストリームの恩恵も大きく影響しています。

弱点としては大剣の水鳥剣等の縦一列攻撃を全員が受けてしまう事です。しかし、それも腕力デバフや、先制状態異常で対策出来る事が多く、非常に強力な陣形となっています。

・鳳天舞の陣

こちらは防御系陣形。中心にいるキャラの防御力と狙われやすさを上げて、他のメンバーの生存率を上げるという陣形です。

似た効果の陣形にインペリアルクロスがありますが、ヘイト役にしかステータス補正が掛からなかったり、縦・横一列共に範囲攻撃のまとになったり、全体攻撃に対して対策出来ないという弱点がありました。

ロマサガ2プレイヤーに大人気のインペリアルクロスですw

一方この鳳天舞の陣は範囲攻撃の被害は少なくなり、ヘイト役以外も術系の全体攻撃に対して軽減出来るようになっています。
ヘイト役にはやはりパリィが筆頭になりますが、自己回復アビリティ持ちや、SSエメラルドのセルフバーニングでのカウンター等でも十分効果を発揮すると思います。

・ハンターシフト

奥側のキャラの素早さが低くなりますが、器用さが+50%されます。
小剣や弓で強力なキャラをこの位置に配置して、突属性が弱点の相手に特攻を狙いに行く時に有効な陣形です。ザコ敵を全体攻撃で一掃したり、ボス戦でオーバードライブでロマン砲的な使い方が出来ます。

また、前衛のキャラは狙われやすくなり、後衛のキャラが狙われにくくなるという特性によって、一層後衛のキャラが狙われにくい印象があります。

主力を守ったり、前衛にヘイトを傾けたりするのに非常に便利な陣形です!
対象キャラはクリスマスモニカやSSジャミル、アローレイン継承クローディアが人気です。
器用さが上がるキャラは素早さが低くなる点に注意です。
この特性を利用して、奥側のキャラ以外を技ランク上げ要因として、奥側のキャラで敵を一掃するという通称「引率」周回でも需要があります。

銃キャラの実装によって、後衛キャラの選択肢が増えました!

特に一体の器用さ依存の火力キャラを、他のメンバーでサポートするという戦法と非常に相性が高く、総合力が陣形だと思っています!

・パワーレイズ

乱暴に言うとハンターシフトの術バージョンですw奥側キャラの素早さが下がりますが、知力が+50%です。基本的な使い方もハンターシフトと同様です。

正直、術士はハンターシフトの小剣アタッカーと比べてもそこまで火力が出せる環境では無く、使いづらい陣形でしたが、アップデートによって、前衛の素早さが25%・精神が15%上昇、中衛の精神が15%上昇、奥側に配置するエースキャラは精神が50%上昇するよう調整がされました!

この調整を受けてなお、まだ使い辛い印象はありますが、全体の精神が上昇するという特性を活かし、強力な術攻撃を使う敵に対しては有効な陣形になる可能性は十分秘めています!

奥側の対象キャラはブルー、コウメイ、ウンディーネ等の知力の高い術士がオススメ!

ハンターシフトと違い前衛のヘイト上昇が無い点は把握しておきましょう!

・龍陣

中々マニアックな陣形ですw

スポンサーリンク

先頭のキャラのみ様々なステータスが上昇しますが、その他のキャラは素早さが微増減するのみです。
先頭に強力なキャラを置いて「引率」周回する時に有用です。

ブルーやコウメイ等、強力な全体攻撃を連発出来るキャラを前衛に置いて、育成を進めたいキャラを後衛に配置するのがオススメです!

・スペキュレイション

前衛三人の腕力と素早さが上昇し、後衛二人の素早さが下がります。
近接攻撃メインのパーティーの場合は中々使いやすい陣形です。

前衛をアタッカー、後衛をサポーターとして明確に役割を決めて編成するのに使い勝手の良い陣形です。

また、前衛3体で1ラウンドを抜けて、2ラウンドで後衛キャラの高コストBP技のランク上げにも横有用です。
私は敵の水鳥剣等の縦一列攻撃対策として編成する場合があります。

上位的な陣形としてアマゾンストライクがありますが、先頭キャラがより強化されるものの、他の前衛二人の素早さ補正が無くなり、スペキュレイションより前衛が密集しているので、前衛三人が水鳥剣を受けてしまいますw水鳥剣対策として陣形編成してるのに・・・

そのため、私はスペキュレイションの方が使いやすいのではないかと思っています。

・デザートランス

このデザートランスはインペリアルクロスや、鳳天舞の陣のようなヘイト役を置くタイプの陣形ですが、他の陣形と比べてヘイト役を強化するような構成となっています!

コチラの陣形も元々使いにくい陣形だったのですが、アップデートにより、ヘイト役の強化内容が上方修正されています。

はインペリアルクロスや、鳳天舞の陣のようなヘイト役を置くタイプの陣形ですが、他の陣形と比べてヘイト役を強化するような構成となっています!

ヘイト役にパリイを担当させるのも悪くありませんが、デザートランスの真価が発揮されるのはカウンター役として配置した時だと思います!

ヘイト役の様々なステータスが強化されるので、攻守共に強化されるデザートランスと相性が良いです。

現状はエメラルドやワグナスのセルフバーニング。HA限定ハリードの嵐月が候補に挙がります。

今後カウンター技が充実してきた場合、このデザートランスが脚光を浴びる!なんて事があるかもしれませんね!

ホーリーウォール

ハンターシフトの火力枠を2つに拡張した陣形です!

小剣、弓、銃の高火力キャラを2体用意出来る人にとっては非常に強力な陣形だと思います!

ハンターシフトの上位互換的に扱われがちですが、強敵相手に対しては火力枠を2体編成する余裕が無い場合もあるので、単純な上位互換とは言えません・・・

強敵相手にはハンターシフト、火力で押しきれるクエストではホーリーウォールというように使いけするのが有効ですね!

マジカルシャワー

後衛二体の素早さ、体力が25%低下する代わりに、知力が50%上昇するという術士特化の陣形。

パワーレイズの上位という位置づけというよりは、ホーリーウォールの術士バージョンという印象。

後衛に配置の主流はブルー、コウメイ、白薔薇などのライトボール使い。また、知力の上昇効果を活かして、状態異常役を配置する使い方も有効です。

術士だけで無く、戦士系のキャラを配置してスタン等を狙って行くという使い方も面白いでしょう!

前衛や中央にもある程度ヘイトを集めやすいので、ディフェンダーロールを配置したり、自己回復アビリティ役を配置する事でパーティー全体の生存率を上げる事でも出来ます!

注意点としては上の2体(陣形配置2・4)下の2体(陣形配置3・5)は横一列範囲攻撃の対象となってしまうので、敵の使ってくる技次第では後衛がダメージを受けやすい環境になってしまう事です。

横一列攻撃を使う敵が多いクエストでは別陣形を採用するのも良いでしょう。

ドラグーンストライク

・前衛2体が腕力+25%&ヘイト上昇。
・中衛2体が腕力+50%上昇&ヘイト減少。知力・魅力が-25%低下
・後衛1体が体力・素早さ-25%低下&ヘイト減少。

パーティー4体の腕力が上昇するという超攻撃的陣形。

腕力依存の剣、大剣、斧、槍、棍棒等の武器種をメインで編成する際に非常に相性が良いです!体術も悪くはありませんが、素早さに補正が掛からないので、腕力のみ依存の武器の方が相性が良いと言えるでしょう。

陣形配置1・2の前衛キャラはディフェンダーや、自己回復アビリティ持ちが適正。

中衛は火力が高いが打たれ弱いキャラや、HP満タンアビリティ持ち等を配置すると良いでしょう!

後衛はヘイトが低下するものの上昇補正が掛からないため、回復役やバフ等のサポート役が良いと思います。

知力に上昇補正が無かったり、低下したりする陣形なので、状態異常を狙ったりする戦法には向いていません・・・

逆に状態異常が有効では無い強敵ボス戦等で、斬・突・打属性に弱点がある場合は、このドラグーンストライクがバッチリハマるでしょう。

また、力押しでクリア出来るくらいの難易度のクススト周回との相性もバッチリです!

いかがでしたでしょうか?

続々と新しい陣形が追加され、編成の幅も広がってきましたね!クエストや手持ちに合わせて陣形を変える事で、攻略難易度も大きく変わってくるほど効果があるので、クエストのあれこれ考えるのもロマサガRSの醍醐味とも言えますね。

それでは今回はここまで!みなさま一緒にロマサガRSを盛り上げていきましょう!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です