ウォード性能考察

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!晩酌です。

今回は、メインクエストからドロップを狙う事が出来るSSスタイル【男は身だしなみだ】ウォードの性能考察です。

【男は身だしなみだ】ウォード

ウォードはロマサガ3で登場した味方キャラ。

主に序盤から活躍する早期成熟型のキャラで、当時お世話になった人も多いのではないでしょうか?

反対にゲームシステムに慣れてきた後は、他のキャラが選ばれやすくなってしまうという面がありますが・・・w

ウォードの武器種は大剣。ロールはアタッカーです。

技構成

プラチナ限定のSSカタリナと全く同じw

アビリティ構成

アビリティ構成はプラチナ限定の旧ギュスターヴとほぼ一緒。

ヘイト集中の効果が若干低くなっていますが、あまり気にしなくても良いでしょうw

初期では斬属性最優キャラとも言われていた旧ギュスターヴとほぼ同じアビリティ構成なので、優秀さはお墨付きですね!

スタイル補正値(LV50時)

技構成が同じカタリナ、アビリティ構成がほぼ同じ旧ギュスと比較してみましょう!

ウォードは若干ですが、腕力が一番高く設定されています。

スポンサーリンク

その分、素早さはかなり低めに設定されていて、先制攻撃で敵を殲滅するという戦法には不向き・・・

器用さの低さも気になりますが、成長傾向やスタイルlvボーナスは優秀です!

継承技

Aスタイル

Aスタイルが持っている技構成は非常に優秀!

もし、AスタイルとSSスタイルの技構成が逆だったら、さらに使い勝手が良くなっただけにちょっと残念…

継承候補は優秀な中火力技のブルクラッシュ。初手から撃てる高火力技のベアクラッシュとの選択になるでしょう!

運用方法

①継続火力重視

地走り→ブルクラッシュ→通常攻撃→ブルクラッシュ・・・という流れ。

技構成上どうしても初手は地走りを使ってしまいますが、以降はコスパの良いブルクラッシュループに持って行けるパターン。

最初に敵が横一列に配置されているクエストではさらに有効です!

②初手火力重視

ベアクラッシュ→スマッシュ→通常攻撃→スマッシュ・・・という流れ。

初手から威力の高いベアクラッシュを撃ち、以降はコンスタントにスマッシュでダメージを稼いでいく運用方法。

短期決戦の場合はコチラの運用方法もアリ。

ダメージの方は長期戦の場合は①の運用方法に劣りますので、基本的には①の方を推奨です。

ウォードの強い点

・メインクエスト周回で誰でもゲット&スタイルLV上げ可能!
・素早さは低いが旧ギュスターヴなみの強さ
・ドロップするメインの10-2-4はある程度の育成が出来る

イマイチな点

・技構成に若干ムダが出てしまう
・現環境のガチャ限定スタイルと比べるとやや見劣りする
・素早さが遅い

ウォード総評

メインクエストからドロップする、誰でもゲット出来るスタイルとしては中々優秀だと思います!

スタイル補正値だけで無く、吸収攻撃持ちと言うことで連れて行けるクエストも多く汎用性が高いと言えます。

特に斬属性アタッカーが不足していれば、頼れる存在になるでしょう!

一方、やはり現環境のガチャ限定スタイルと比べてしまうとどうしても見劣りしてしまう・・・というのは仕方無い部分です・・・

いかがでしたでしょうか?

今回のウォードはロマサガRSリリース当初であれば、大当たり枠という扱いだったと思いますが、長くプレイしている人にとってはちょっと物足りない性能といった印象・・・

ロマサガ3でも早期熟成型で後半は他の優秀キャラにシフトチェンジされてしまう・・・という原作準拠の調整と言えるかもしれませんねw

それでは今回はここまで!みなさま一緒にロマサガRSを盛り上げていきましょう!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です