新陣形運用考察

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!晩酌です。

今回は新たに交換所に追加された3つの陣形の特徴と運用方法を考察していきたいと思います。

これまでの陣形運用考察なコチラ↓↓↓

陣形色々…効果も色々…

陣形交換所

陣形交換所は新しく常設された交換所。

同じく常設開催されているイベント「バルテルミーの秘密特訓」のクリア報酬で、新しい陣形を交換する事が出来ます!

今回追加された陣形は、今までのものよりクセが強め!

また、バルテルミーの秘密特訓は難易度が高いイベントとなっているので、考え無しに交換すると、実際に必要になったときに交換出来なくて困る・・・という事もあり得ます・・・

そのため、どのようなシチュエーションで使えるのか?メリット・デメリットを考察していきたいと思います。

陣形交換所に今回追加された陣形は3種類。

今後もこのような形式で陣形を手に入れていく、という手法がとられるのでしょうか?

タイガーシャーク

ヘイトをコントロールする際に有用な陣形。

狙われやすくなる①が大幅に強化されるので、パリイを狙うのでは無く、カウンター戦法を採用するのに最適!

腕力・器用さ共に50%上昇するので、小剣のマタドールや打のジャストミート等で大ダメージを狙えます!

また、後衛も器用さ・知力に補正がかかるので、弓・小剣・銃・術キャラを編成する事で火力面も強化出来ます。

今までのヘイト管理陣形は火力補正をかけられなかったので、この点は他の陣形に無い強みです。

また、配置もヘイト管理に便利で、①番が狙われた場合、縦攻撃でも横攻撃でも①しか被弾しません。鳳天舞の陣もこのような配置で、上手くヘイトを集められた時の被害を最小限に抑える事が出来るのは強み。

強い点

・カウンターを狙う際に最適と言って良い陣形
・後衛に器用さ・知力補正で、ヘイトを管理しながら火力も確保出来る
・ヘイト管理が上手く行った時の被害を最小限に抑えられる

イマイチな点

・鳳天舞と違い、全体の精神補正が受けられない(全体攻撃に弱い)
・現状カウンター前提のクエストはほとんど無い

カラフルレンジャーズ

①~⑤まで別々の補正がかかるという一風変わった陣形。

それぞれ対応した箇所に、ダメージに依存するステータス補正がかかる配置に編成する使い方がメインになるでしょう!

それぞれの補正値が高いので純粋に戦力が高いキャラを編成すれば、総合した戦闘力はかなり高いものになると思われます。

他の陣形は高補正の配置と、補正が受けられなかったり、マイナス補正がある配置があったりと、全ての配置に有利な補正をかけられる陣形は少なかったので、上手く活用出来れば戦力を大幅に引き上げる事が出来そうです!

例えば、突が有効なクエストであれば、①に槍、②弓を配置。
打が有効であれば①に棍棒、②に銃、③に体術というように配置する事で補正を上手く活用する事が可能です。

スポンサーリンク

または、弱点も耐性も無いというような、等倍の耐性で戦う必要がある敵と戦う時に有効です!

そして、④は知力が50%上昇しというのが魅力。と、いうのも他の陣形では知力の補正値が上昇するものは素早さを代償にする陣形がほとんど・・・

唯一知力が上がり、素早さが下がらないのは龍陣の先頭のみでしたが、その効果は25%。カラフルレンジャーズでは50%と高補正値です!強力な術士キャラで先制を狙うと言った戦術が取れるのはカラフルレンジャーズの強みと言って良いでしょう!

弱点属性がバラバラに配置されやすい裏道場で、火力を重視して戦う際などでも重宝しそうです!

まだ武器種ごとに十分な手持ちを持っていない人にとってはこの陣形の方が便利な印象もありますが、そもそも難易度の高いバルテルミーの秘密特訓をクリアしなければならないので、入手自体が困難かもしれませんね・・・

強い点

・全ての配置でそれぞれ別のステータスの高補正値を受けられる
・弱点がバラバラであるクエストで、それぞれ有利な属性で戦う事が出来る
・弱点が無い敵に等倍で攻撃する際に最も効率が良い陣形
・突・打はステータス依存武器が豊富なため、陣形の恩恵を受けやすい
・知力が上昇し、鈍足にならない陣形は他に龍陣のみ。さらに効果が高い。

イマイチな点

・ほとんどのクエストでは敵の弱点に合わせて、属性を合わせた方が有利
・構成する際に武器種がある程度限られる

フリーファイト-1

陣形的にはラピッドストリームの先頭が後衛になった見た目。

性能的にも似ていて、①以外は素早さが50%上昇。一方ラピッドストリームは体力が低下するデメリットがありましたが、コチラでは精神が低下するようになっています。

②~④のキャラは敵から先手を取りやすいので、敵の攻撃で妨害されるリスクを低減させる事も可能。

①の配置のキャラは素早さが-50%となっているので、他のキャラと大きく素早さに差を付ける事が出来ます。

これの活用法は、②~④のキャラで1ラウンドを突破し、温存しておいた①のキャラの大技を2ラウンド以降に叩き込むという戦術。

他の陣形では思ったような素早さ調整をする事が出来ず、温存したいキャラが割り込んで来ることがありました。

フリーファイト-1であれば、+50%補正と-50%補正の差をひっくり返すという事は、よほどで無い限り心配しなくて良いでしょう。

②~④は高い素早さ補正がかかるので、体術キャラの火力が非常に強化されます。体術キャラで染める際に体力の-補正が気になる時などにラピッドストリームと使い分けたり、①の愛の補正値を活かしてヒーラーを配置する等の工夫をすると良いですね!

ただ、②~④キャラの行動順をコントロールするのはかなり難しくなり、体術以外の武器種の火力に補正をかける事は出来ません・・・

基本的には手持ちがある程度充実していて、メインクエスト等の周回パターンを応用する時に使うケースがありそう。

強い点

・①番の行動順コントロールが容易
・敵から先制を取りやすい
・体術使いメインで編成すると、素早さの補正値を最大限に活かせる

イマイチな点

・体術キャラ以外で編成する時は火力の補正がかからない
・②~④キャラの行動順管理は難しい
・高難易度のクエストでは使い難い

どの陣形を選ぶ?

ウダウダ書いてきましたが、結局どの陣形がオススメなの?というのが気になる所でしょう。

個人的なオススメはカラフルレンジャーズ。クセが強い陣形ではありますが応用方法次第で、様々な戦略をとる事が出来る、カラフルの名にふさわしい陣形です!

ただ、他の陣形も状況次第で、最適になる可能性を秘めており、一概にコレで間違いない!と結論付ける事は出来ません・・・

バルテルミーの秘密訓練は難易度が高いクエストですので、全て制覇しないと交換所の陣形を全て交換する事は出来ません(この記事作成時は、術の試練が追加されていないため、全制覇しても全ての交換は不可能)

そのため、全てクリアが出来ない人はどの陣形を取るか選択する必要があります。

この陣形交換所も、イベントのバルテルミーの秘密特訓も常設。

すぐに使いたいというシチュエーションになっていなければ、わざわざ交換する必要はありません。陣形には熟練度みたいなシステムもありませんしねw

今は無理して交換せず、全て交換可能な分の陣形メダルが集まってから交換するという選択肢が一番無難だと思っていますw

いかがでしたでしょうか?

長々と書いた割りに、結論は「まだ選ばなくてもいいんじゃない?」というよくわからない記事でしたが、ようは焦る必要は無いよという事を言いたかっただけですw

もちろん、このシチュエーションでこの陣形が使える!というイメージが沸けば、すぐに交換してしまって問題ありません。最終的には全ての陣形が入手出来るようになるでしょうからねw

それでは今回はここまで!みなさま一緒にロマサガRSを盛り上げていきましょう!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です