変化した回復AIを理解しよう!

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!晩酌です。

今回は先日実施されたアップデートにより変更になった、オート戦闘時の回復術を使用する条件と挙動をまとめていきます!

変更前

オート戦闘時に回復術を使う条件は・・・

・回復術を持っているキャラを編成していて、使用するのに必要なBP・LPが溜まっている。
・パーティー内で瀕死(HPが赤表示)もしくは気絶しているキャラがいる
・対象が複数いる場合は、最もHPが低いキャラを優先する(気絶している場合は、気絶しているキャラを優先)
・複数体気絶している場合は、陣形配置の番号が若い順に優先する。

・・・というもの。

変更前の仕様で不評だったのが、回復役が複数体いる場合でも上記の条件で一律管理されていた点。

これだけで言うと分かりにくいですが、ようは回復役が2体以上いる場合、HPが最も低い(気絶している)キャラに一斉に回復をかける、いわゆる重複回復になってしまうという点。

以前から、この回復術使用のAIはいずれ改善するとアナウンスされていましたが、先日のアップデートでついに仕様が変更されました!

変更点

運営からのお知らせでは「回復術を重複して使用しないよう改善しました」というアナウンスのみ・・・

実際どのような条件・挙動で回復術を使用するのか明確なアナウンスはありませんでした。

また、アップデート後から頻繁に回復術を使わなければいけないような強敵と戦う機会が無かったからか、「重複回復しない」という認識以外で、あまりこの変更後の挙動に関して話題になる事はありませんでした。

しかし、先日の制圧戦最後のボス「フォルネウス」戦をオートで周回していた際に、ちょっとした挙動の違和感に気付き、その内容をツイートした所、そこそこ大きな反響を得ることになりました!

ツイートの内容の通りですが、始めの編成は下記の通り。

②には生命の水を継承したアニバーサリーリズ、③には白薔薇姫を編成していました。

この二人の役割は、白薔薇はなるべく回復役を優先してもらい余裕がある時のみチョコレートボールを撃つ。リズは白薔薇で間に合わない時にカバーする程度で、どちらかというと攻撃を優先して欲しいという目論み・・・だったのですが、挙動を見守っているとどうにもリズばかりが回復を行っていました・・・

始めは白薔薇は鈍足でリズが基本先に行動するからなのかな~?とぼんやり思っていましたが、白薔薇が先に行動する場面でも白薔薇:チョコレートボール→リズ:生命の水という挙動が散見されました。

白薔薇の回復術の再生光はBPが若干高めですが、ある程度長期戦にならない限りBPが切れて回復術が使えないなんて事は無いと思っていたので、ツイートした仮説に行き着きました。

そして↓の編成に変更

単純にリズと白薔薇の配置を変更。②:白薔薇、③リズに変えました。

スポンサーリンク

すると見事に挙動が逆転!回復は基本的に白薔薇が行い、リズは基本的に攻撃を優先し、複数体が瀕死(気絶)になった時のみ回復を行うようになりました!

まさしく私が思い描いていた理想の挙動です!

結論から言うと、変更後の回復術使用の条件は・・・

・回復術を持っているキャラを編成していて、使用するのに必要なBP・LPが溜まっている。
・パーティー内で瀕死(HPが赤表示)もしくは気絶しているキャラがいる

・回復術を使用出来るキャラが複数体いる場合は、陣形の配置番号が若いキャラが回復を行う。他に瀕死(気絶)キャラがいない場合は、以降の陣形番号のキャラは回復を行わない。←new!

・複数のキャラが瀕死(気絶)している場合は、最もHPの低い(気絶している)キャラを陣形番号の若い回復キャラが回復。それ以降の陣形番号のキャラが2番目に弱っているキャラを回復する。(どちらも気絶している場合は対象の陣形番号の若い順に回復する)←new!

・・・こんな感じです!

Twitter上でロマサガRSの様々な検証を行っている「春巻」@HarMakeltさんがより詳細な検証を行ってくれました!

また、回復を担当するハズだったキャラが、行動前に倒されてしまった場合に陣形番号の後ろのキャラがどういった挙動をするか?というと・・・

多くの方から、「攻撃する」という回答を頂きました!

どうやら、純粋にターン開始前の状況のみを参照して行動が決定されるという仕様のようです。

検証にお付き合い下さったみなさま、本当にありがとうございます!

まとめ

今回の記事は「オート戦闘」で「回復術を使うスタイルを複数体編成している」時のにみ注意する必要があります。

分かってしまえば単純ですが、この仕様は理解していないとかなりムダが発生する可能性があります。

特に「回復役特化型のヒーラー」と「アタッカー兼ヒーラー」を同時編成する場合は特に意識する必要があります。

特にドラグーンストライクや、デッドリーピアスの後衛。新陣形カラフルレンジャーズの愛補正が高まる陣形配置は⑤なので、回復役を配置する際には意識しておくと良いです!


アワード限定最終皇帝(女)やタリア等、アタッカーでありながら、スタイル自体に回復術を持っているスタイルや、リズやウンディーネ等、別スタイルから回復術を継承出来るスタイルを編成する場合には注意しましょう。

いかがでしたでしょうか?

今回の回復術の使用条件変更で、ヒーラーの挙動はかなり使い易くなしました!

せっかく便利に改善してもらえたのですから、しっかり仕様を理解して上手に活用していきたいですね!

それでは今回はここまで!みなさま一緒にロマサガRSを盛り上げていきましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です