秘密特訓-杖-Romancing攻略

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!晩酌です。

今回は前回に引き続き、バルテルミーの秘密特訓の-杖-難易度Romancing攻略記事をまとめていきます。

秘密特訓 Romancing-杖・激-

敵はゴールデンバウム2体。弱点は術系統の全属性で、物理系の属性の耐性が高くなっています。

素直に術士の強力なキャラを優先して編成。

弱点属性で攻めれば、そこまで難しいクエストでは無いと思います。

術士でないキャラでも、術系の属性付きの技を持っているキャラであれば、十分火力担当として活躍出来るでしょう!

強酸とアシッドスプレーは熱属性持ちなので、アニバーサリーポルカであれば無効化可能。スコールとサイクロンスクイーズは冷属性なので、アニバーサリーリズで無効化する事が出来ます。

それぞれ持っている人は優先的に編成してみると良いと思います。

秘密特訓 Romancing-杖・烈-

敵の数が5体と多いクエスト。効果的な属性はバラバラになっており、陽属性弱点のみが全敵共通。

奥中央のデスマスターは開幕で全体防護という行動をしてきて、コチラ側の技系のダメージを軽減されてしまいます・・・

この全体防護は術系属性を持つ技であっても効果があるようで、思ったようなダメージを与えられなくなってしまいますが、術であれば軽減されないので術士をメインで編成するのがオススメ!

特に陽属性術士が大活躍するでしょう!

デスマスターはその見た目と違って不死系統では無いので、フラッシュファイアでの特攻を狙う事は出来ません・・・

と言っても、有効な術であることに変わりありませんので有効に使って行きましょう!

秘密特訓 Romancing-杖・豪-

敵はハロウィーンが3体。陰以外の術系統属性が弱点。

ハロウィーンは複合減衰という腕力と器用さデバフを全体にかけてくるため、腕力・器用さ依存のアタッカーは不利・・・

このクエストでも術士をメインで編成するのが正攻法!全体攻撃で3体とも効率的に削って行くのが有効です。

ハロウィーンの攻撃のメインは術攻撃なので、知力デバフを狙うのも有効。特にアセルスであれば、ほぼ毎ターン全体に知力デバフを仕掛ける事が出来るので適正が高いです。

スポンサーリンク

上述の複合減衰によって火力には期待出来ませんが、知力デバフをバラまけるというのは非常に大きいです。

ハロウィーンはライフスティールによって、コチラのLPを削ってくるので、長期戦は不利になりやすいです・・・

LP攻撃はパリイで対策出来るので、長期戦がやむなしの場合は起用してみましょう。

秘密特訓 Romancing-杖・猛-

敵の数が5体と多いクエスト。雷属性弱点が共通ですが、他は有効な属性がバラバラです。

パイロヒドラは密林調査の個体とは特徴が違っており、ファングクラッシュは一撃即死クラスの威力はありません。その分、火炎は強烈なので熱耐性は高くするよう意識しましょう。

特定の敵を狙い撃ちするより、全体攻撃で敵の数を減らすようにする事が大切。ただ、共通弱点の雷属性は全体攻撃方法が貴重なのがネック・・・

耐性が無い打・突・陽属性の全体攻撃で殲滅を狙うのも良いと思います。

秘密特訓 Romancing-杖・覇-

敵はドラゴンルーラー1体。しかし、相当な強敵です・・・

ドラゴンルーラーは1ターン3回攻撃の猛攻を仕掛けてきます。

厄介なのは全体攻撃の猛毒ガス。ダメージ自体は100~200程度ですが、毒付与も持っているので、毒も考慮するとみるみる削られてしまいます・・・

他にも多用な全体攻撃を仕掛けてきて、一点に狙いを定めてデバフするのも有効ではありません・・・

全体攻撃への対策としては託す希望戦法が良さそうです!

託す希望での全体回復を上手く活用して、耐久戦に持ち込みましょう。

俺に構わず先に行け!託す希望

ドラゴンルーラーは単体攻撃も仕掛けてくるのでそれに期待してパリイを使って耐えるのもアリです(私はパリイ戦法でクリアしました)

いかがでしたでしょうか?

-術-のRomancingは適正キャラが結構絞られるので、他の属性より難易度が高い印象があります。

苦しいと感じたら、手持ちが潤うまで寝かしておくのも一つの手。焦らず行きましょう!

それでは今回はここまで!みなさま一緒にロマサガRSを盛り上げていきましょう!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です