アイスソード性能考察

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!晩酌です。

今回は現在開催中のイベント「聖騎士ガラハドとアイスソード」で選択する事が出来るSS大剣武器。「アイスソード」の性能考察です。

SSスタイルのガラハドとどちらか一方しか入手出来ないという仕様のため、まだどちらを選んで良いか迷っている方は、今回の考察記事を参考にしてじっくり吟味していただければと思います。

アイスソード性能

現状メイン一章15話で入手可能なツヴァイハンダーと比較。

ツヴァイハンダーと比べ武器威力が5高く、腕力補正値も1高くなっています!また、器用さの-補正が無くなっており、精神も上昇します。

また、水術の威力も武器威力と同等の値があり、水術を使った際の威力を確保する事が可能です。

一見、アイスソードはツヴァイハンダーの完全上位互換と捉える事が出来そうですが、実際はどれくらい強いのでしょうか?

ダメージ検証

まず、頭に入れておくべき知識は、ロマサガRSのダメージ計算は・・・

・「キャラのステータス」(腕力、知力等)
・装備品の「武器威力」
・各技・術に設定されている「技・術威力」

の3つを参照して計算されます。

厳密にはもっと複雑な式で算出されるのですが、ここでは計算式に関しては言及しません・・・

検証には最大まで強化したツヴァイハンダー(武器威力31)と、アイスソードとの武器威力差「5」にするために、一段階進化レベルMAXのツヴァイハンダー(武器威力26)を使用。

【検証①】

キャラ:新ギュスターヴ
使用技:みね打ち(技威力E)

武器威力31:6692ダメージ。武器威力26:5901。791ダメージの差!

全体ダメージの10%以上の差が付いていますので、結構差が出ていますね!

【検証②】

キャラ:ゲン
使用技:スマッシュ(技威力C)

武器威力31:9605ダメージ。武器威力26:8939。666ダメージの差!

こちらも中々のダメージに差が開いていますが、全体ダメージの割合は約7%。みね打ちの時よりも低くなっています。

【検証③】

キャラ:ゲン
使用技:無月散水(技威力SSS)

武器威力31:27689ダメージ。武器威力26:26874。815ダメージの差!

ダメージ差自体は検証①、②と同等、あるいは大きく出ていますが、総ダメージが大きいため、割合としては約3%程度の差しかありません・・・

【まとめ】

これは上記でも触れましたが、ロマサガRSのダメージ計算式にカラクリがあり、ざっくり説明すると・・・

スポンサーリンク

・「技威力が低い技を使う場合、武器威力に大きな影響を受ける」
・「技威力の高い技を使う場合、武器威力の影響が少ない」

という事だけ覚えておいて貰えば、問題無いと思います。

そして、技威力の高い技の場合は「キャラのステータス」による影響の方が大きいという結果になるのです!

アイスソードの場合、元のステータス補正値はツヴァイハンダーよりも高性能なのですが、能力ボーナスが付いていないという弱点があります・・・下記表を参照下さい。

メインクエストでドロップする武器には確率でステータスにボーナスが付いているのはご存知だと思います。

「力」のボーナスが付いていないツヴァイハンダーではアイスソードに比べ腕力補正値が低いのですが、「力」が付いている状態ではアイスソードよりも2高く、上位の「力+」では3高くなるという結果に!

技威力の高い技を使う際には、この腕力ボーナスの影響が大きく、武器威力の差を逆転しツヴァイハンダー(力+)の方がダメージが多くなるというケースもあるのだとか・・・

アイスソードの有用性

「じゃあアイスソードは要らない?」という疑問が出てくるかもしれません・・・結論を言うと、そんな事はありません。

技威力の高い技は消費BPが高く、連発する事は出来ません。ほとんどのケースでは、高火力の技は1回撃ったきり、長期戦で2回撃つケースがある?といった程度。

中火力技をメインで使ったり、通常攻撃を間に挟んだりして戦うケースの方が多くなるハズです。そういった場合には武器威力の高さの恩恵を得る機会が多くなるでしょう!

また、最近は最終皇帝(女)の半月や最終皇帝(男)の梅開き等、低コストの低技威力を撃ちながらBPを溜める技が増えており、こういった技を使う場合でも武器威力の高さが光ります。

そして、最も恩恵が大きいのが、低威力の複数回攻撃を放つ技!

大剣ではシルバーや、現在ピックアップのグレイが持っていて、複数回攻撃を放つごとに割合として約10%のダメージ高くなるため、総ダメージにかなりの差が出ます!

アイスソードの注意点

アイスソードの特徴として、術威力(水)を持っているという面もある…のですが、現状では武器種が大剣で且つ、水術を持っているキャラというのはいません…

前回考察したガラハドの記事でも書きましたが、冷属性を持っている技でも大剣技扱いのモノは腕力に依存してダメージが算出されます。

ガラハドの他に、限定シルバーの氷結スラッシャーや、新カタリナの氷雪剣も同様に大剣技なのでアイスソードに付属している水術威力は関係ありません。

今後、水術を使う大剣使いが実装される可能性は大いに有り得ます…が、アイスソードには知力のボーナス値がありません…

この場合、術威力の高い水術を使う場合でも、上記のようにツヴァイハンダー(知力+)でも大差無い…という結果になる可能性があるという事は念頭に置いておきましょう。

例外的に、水術扱いの冷たい風を持った大剣キャラが実装された場合、猛威を振るうかもしれませんが…ココに関しては運営次第としか言えませんね…

アイスソードの強い点

・現状最強の武器威力を誇る大剣。
・長期戦では高い武器威力の恩恵を受けやすい
・低威力ランダム複数回攻撃の技と相性バツグン!

イマイチな点

・高威力技一発の威力では武器威力の高さを実感しにくい
・水術威力を活かせるキャラは現状いない
・知力補正値にボーナスが無いので、大剣キャラの水術用としてはイマイチ

アイスソード総評

一言で言うと、強いのは間違いない!が、環境に影響を与える程ではない…というのが私の評価。

大剣使いであれば誰でも使い回せるので、極端に使い道が限られるガラハドより汎用性は高いと言えます…

が、使い道が限られると言っても、得意なクエストでは大活躍するガラハドと天秤にかけるか?というと、個人的にはオススメ出来ません…

上記考察や、検証結果を総合的に判断し、自分にはどちらが真に必要か、冷静に判断して選択してくださいね!

晩酌の選択

私はガラハドと共に行く道を選びました!

理由は・・・

・アイスソードが現環境に与えるインパクトが少ない(私は現状、シルバーも新グレイも持っていないというのも少なからず影響)
・冷属性全体攻撃&ファストは今後も使えるシチュエーションが容易に想像出来る。
・育成出来るキャラが増えるのが楽しい。

おおまかに以上です。

ロマサガRSは言ってしまえば育成を楽しむ盆栽ゲームですので、純粋に使えるシチュエーションが思い描けるキャラの育成枠が増えるのは楽しいです!育成するキャラが居るというのがモチベーションにも関わってくると感じていますからねw

また、蛇足ですが、初代ロマサガ、ミンストレルソングどちらでも散々奪い取ってきたので、贖罪の意味を込めての選択となりました(←ウソクセ)

いかがでしたでしょうか?

ガラハドとアイスソード・・・どちらかどうしても迷うという人には、個人的にはガラハドをオススメしておきます!

アイスソードを選ぶ人はガラハドが加わるという戦略の幅を敢えて切り捨て、既存、またはこれからのキャラのために少しでも強い武器が欲しいという強い決意を持って選択する必要があります。

もし今後、ガラハドを取らなかった事を後悔するような場面に遭遇した場合に、取り返しが付かない事態になりますので私の意見もあくまで参考として、じっくり考えて選ぶようにして下さいね!

それでは今回はここまで!みなさま一緒にロマサガRSを盛り上げていきましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です