二章1-2-3周回のススメ

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!晩酌です。

今回はメイン二章1-2-3の効率周回について考察していきます!

1-2-3:孤島への船旅2

【属性耐性値】

【状態異常耐性値】

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-214.png です

弱点属性は突・冷・雷で共通。大海竜のHPが非常に高い点は要注意です。

状態異常はスタンと魅了以外が有効なので、クリア自体はさほど難しく無いでしょう!

また、気絶が有効な点には要注目!大海竜のHPの高さを無視して処理する事が可能なため、非常に有用な戦術になります!

【ラウンド1】大海竜

敵は大海竜1体のみ!しかし、大海竜はHPが非常に高いので、まともに殴って倒そうとするとかなり大変です・・・

突属性の最高峰火力であるハンニバルの下り飛龍やアニバーサリーリズの怒竜の咆哮で大ダメージを狙う事が可能ですが、ワンパンは厳しい印象・・・また。どちらのキャラも、素早さ補正値が低めで最初に行動しづらいのが難点・・・

オススメは気絶を狙って、高HPの大海竜を処理してしまう戦法!

大海竜は精神の値も高めなので、新ミリアム、デス、零姫等の高知力の気絶付与術を持っているキャラが最適です。

【適性キャラ】

【ラウンド2】ヘプトパス×2

ヘプトパスは大海竜に比べればHPは低めで、単体をそれぞれワンパン・全体攻撃×2で殲滅する等、倒しやすい印象です!

スポンサーリンク

3ラウンドの敵を処理出来る余力を残しつつ、2ラウンドを突破出来る編成を模索してみましょう!

【ラウンド3】ヘプトパス×2、大海竜

倒しやすいヘプトパスと大海竜の構成!

理想系としては、3ラウンドまで温存したBPの全体攻撃でヘプトパスを一掃しつつ、残った大海竜を処理する流れ。

弱点属性&ファスト効果が付いているガラハドの冬の嵐は、非常に高い適性があります!

【適性キャラ】

周回パターン

以下の動画を参照してください↓↓↓

ガラハドは冬の嵐のBPを16に調整し、3ラウンドに発動するようにセットしておきます。

カラフルレンジャーズの素早さ補正位置に気絶付与役を設置し、1ラウンドの大海竜を処理。

2ラウンドのヘプトパスは、育成枠のキャラで処理出来るように編成しましょう!

必要なのは2ラウンドのヘプトパスを処理可能な火力と、3ラウンドの冬嵐で残り約30,000まで削った大海竜を削りきるだけの火力なので、色々な編成で流用可能!

高速周回と、自由度の高い育成が可能なのでかなりオススメなクエストです!

いかがでしたでしょうか?

気絶を上手く活用する事で、効率的に周回可能なクエスト!

気絶付与役が編成出来る人は、育成周回に採用してみてはいかがでしょうか?

それでは今回はここまで!みなさま一緒にロマサガRSを盛り上げていきましょう!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です