ワイバーンとの戦い難易度Romancing攻略

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!晩酌です。

今回は現在開催中のバトルイベント「ワイバーンとの戦い」難易度Romancing攻略記事です。

ワイバーンとの戦い

【属性耐性値】

斬はWeak扱い、突はある程度有効となっています。耐性を持っている属性は無いので、斬属性が手薄な人は得意な属性で埋め合わせしても問題無さそうです。

【状態異常耐性値】

状態異常は全て無効となっています・・・

【術・技】

非常に全体攻撃の種類が多いです!単体攻撃を使う事の方が珍しいくらい。

その中でもクロウラッシュ・バイトラッシュの◯〇ラッシュ系が強力です。

ボス敵にしては珍しく、一撃で倒されてしまうような強烈な攻撃はありません。

反面、ワイバーンは3回攻撃/1ターンと、非常に攻撃回数が多く、さらに連撃・三連撃による各種牙攻撃での連続攻撃も使ってくるので、攻撃を受ける回数が多くなります・・・

そして、注目なのは新要素の残像生成。この技はワイバーン自身を回避状態にするという特殊な技で、以降受けるダメージを2回確定で回避するようになります。

そしてディレイ効果があるので、必ず最後に発動。そのため、翌ターンは残像状態になっているという事になります。この残像状態への対策はワイバーン攻略に置いて非常に重要なので覚えておきましょう!

難易度Romancing攻略

まずはワイバーンの行動に関してクセを把握しておく必要があります!

覚えておくべき事の一つ目は、このワイバーンはかなり素早さが低く設定されているという事。大抵の場合、コチラ側が先制する事が出来ます。

この特性を利用して、気絶さえされていなければ、敵に攻撃される前に瀕死になった味方を回復して安定して復帰させる事が出来ます。

全体攻撃&複数攻撃を受けるという前提を考慮して、味方の残HPに気をつけましょう。

二つ目は、上記でも触れましたが、残像生成!この技の特徴は「奇数ターン」の3回目の行動で使う。という事!つまり奇数ターンはワイバーンが行ってくるダメージ付きの攻撃は2回という事。

偶数ターンは攻撃が激しく、奇数ターンは若干控えめという事は意識しておきましょう。

残像生成はディレイ特性を持っているので、奇数ターンの最後に発動→偶数ターンは残像生成状態であると言う事は必ず意識して戦います。

残像生成状態ではダメージ付きの攻撃は直接であろうと間接であろうと、ほぼ確実に無効化されてしまいます。

そのため、偶数ターンの時はBPを使った技を使わず、通常攻撃でBPを貯めつつ、残像生成状態を解除するという事に重点をおき、奇数ターンに技を使ってダメージを与えていくというのが正攻法となっています。

残像生成状態はODを含む連携で無視する事も可能!ODは偶数ターンに使う方が効率的と言えます。そこまで気にしなくて良いとは思いますがw

一応、複数回攻撃で素早く残像を剥がすという手もありますが、あまり実戦的とは言えませんね・・・

また、味方キャラ同士で素早さに大きな差があり、ほぼ行動順に振れが無いなら、素早いキャラ×2で通常攻撃で残像を剥がし、鈍足なキャラで普通に技を使って行くという戦い方も有効ですね!

ワイバーンの攻撃への対策

前述したとおり、ワイバーンは基本3回行動&連撃と非常に攻撃が激しいです・・・無対策では耐えきる事は難しいでしょう・・・

ワイバーンは全体攻撃の比率が高く、コチラを平均的に削ってくるので、託す希望による全体回復が非常に有効!託す希望要因以外が倒されてしまわないように上手く残HPを調整して、託すが発動したら他ヒーラーでしっかり復帰させましょう。

また、カウンター攻撃が非常に有効!○○ラッシュは全体の直接攻撃なので、カウンター発動が確定!かみ砕くや、牙系攻撃にもカウンター可能。

相手の手数も多いのでカウンターを出来る機会も多く、ダメージを稼ぐ事にも繋がりますし、なにより連撃をカウンターによって止められるというのが最大のメリット!

BPを消費する技タイプのカウンターは、ワイバーンの行動が予測出来ないので安定しません・・・可能なら、ポルカ・リズ・ミルザ・佐賀T260Gのような常時カウンターアビリティ持ちが最適でしょう!

スポンサーリンク

特にミルザはカウンターによるセイントファイアでも吸収攻撃で自己回復抽選が受けられるので、他キャラよりも高耐久に期待出来、カウンター役として非常に適性が高いです!

常時カウンター持ちがいない場合にカウンターを採用する場合は、攻撃の多い偶数ターンに絞って狙うのが無難でしょう。

他には、ワイバーンは一撃で倒されてしまうような攻撃は無いので、コストが低い自己回復技持ちキャラも有効!

ヴァンパイアレディのエナジー吸入や、コーデリアのアンソロジー等、ほぼ毎ターン使用可能な自己回復技で倒されないように戦います。注意するのは、残像で無効化されると回復が発動しないので、素早さを下げて、他キャラで残像を剥がすように調整すると良いです。

自己回復のみで生き残るのは厳しいので、託す等の回復手段は別途用意必須です。

デバフ戦法は腕力と知力デバフはある程度は有効!しかし、牙系やバイトラッシュは器用さ依存のため、最終的に無力化する事は出来ません・・・しっかり回復手段は用意する必要があります!

適性キャラ

【カウンター枠】

【火力枠】

【自己回復枠】

【託す希望枠】

晩酌の編成

陣形:タイガーシャーク
①ミルザ:カウンター、通常攻撃メインで竜破剣での火力担当
②佐賀アセルス:偶数ターン・気合い、奇数ターン:神速三段突きでの火力担当
③ソフィア:サブヒーラー兼託す希望役
④白薔薇姫:メインヒーラー兼、残像剥がし役
⑤AW最終皇帝(女):サブヒーラー、火力担当

と言った構成。メンバーがガッチガチですが、クエスト内容をしっかり理解した上でも、結構な高難易度だったと思います。

いかがでしたでしょうか?

最近カウンターが注目されるクエストが多くなってきた印象があります。

力押しやデバフ一辺倒だった頃と比べると、戦略も多様化してきて工夫するのも面白くなってきましたね!

それでは今回はここまで!みなさま一緒にロマサガRSを盛り上げていきましょう!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です