ヴァッサール性能考察

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!晩酌です。

今回は現在開催中の「1.5周年記念ロマンシングフェス第三弾(ジョー編)」。目玉の一つであるSSスタイル【玄武術の求道者】ヴァッサールの性能考察です。

【玄武術の求道者】ヴァッサール

ヴァッサールは第一弾のフェルディナント、第二弾のパウルス同様、聖王三傑の1人。

ロマサガ3~RSでも活躍する「海上移動要塞バンガード」の建設の立役者であり、玄武術を広く世界に知らしめた人物。

彼の影響で玄武術を覚えようとするという人も世界に相当数存在するようです。

ヴァッサールの武器種は杖。ロールはディフェンダー。冷術適性があります。

技・術構成

3種全てが新術!

・チル

ついに実装!実用的な消費BPの器用さデバフ技です!

器用さは一部の技の命中率や、小剣・弓・銃のダメージに依存しており、これまでこれらの技を軽減する事は(ほぼ)出来ませんでした。

特にボス戦でよく使われる「牙」系の攻撃は小剣扱いだったため、デバフ戦法の障害になるケースが多々ありました。

そんな、器用さ依存の攻撃への対抗策に期待出来、戦略の幅を大きく拡げる事が出来そうです!

また、上述しましたが、敵の攻撃の命中率にも依存するため、聖王の勝利の詩で素早さを上げる回避戦法とも相性が良さそうです!

・雷雨

中コストの冷・雷複属性全体攻撃!

冷・雷は弱点の敵が被っているケースが多いですが、有効な敵はかなり多いです!

開幕から2連発で撃つ事が出来るので、全体削り技として優秀。

・唸る嵐

ファスト効果を持った全体攻撃。最大覚醒でも初手から撃つ事は出来ないので、2ラウンドor3ラウンドで使う事がメインになります。

この術は使用したターンにカウンター待機状態となり、「渦巻き」という技で反撃するという効果を持っていますが、初手から使えず、渦巻き自体も特別な効果は無いので正直使いにくいです・・・あくまでオマケといった印象ですね。

使い方を考えると、ヴァッサールをヘイトが掛かる陣形位置に配置して、1~2ターンを別のキャラのファスト効果技で突破して、ボス戦等で唸る嵐+カウンターを狙うという使い方でしょうか?

アビリティ構成

精神発奮が新アビリティ!

ラウンド開始時に味方全体に精神バフをかけるというモノで、敵からの状態異常への対策や術攻撃に強くなるという効果に期待が出来そう。

ただ、この精神バフっをどこで活用するか・・・なかなか難しいかもしれません・・・

他は確率で敵の攻撃のダメージを0にする堅城鉄壁と、常時ダメージ軽減の鉄壁の守りと防御面に全振りのアビリティです。

堅城鉄壁は唸る嵐でカウンターを狙う際に発動しても、しっかりカウンターするようなのでアビリティとの相性は良さそうです。

スタイル補正値(LV50時)

知力と精神の補正値が非常に高いです!

ヴァッサールは火力のアビリティはありませんが、知力の補正値自体は非常に高く、成長傾向も知力⏫なので、ある程度の威力には期待出来るでしょう。

ディフェンダーとしては体力はそこまででは無いですが、アビリティを加味すると打たれ強さは中々のモノでしょう!Sスタイルで体力を育成しておくと尚ヨシです。

技・術継承

バブルポップは冷属性のライトボール的術。雷雨と合わせて、全体攻撃運用が可能です。

スポンサーリンク

基本的には単体アタッカーとして採用する事は考にくいので、他の術は継承させる必要は感じません。

運用方法

①全体メイン運用

雷雨→雷雨→バブルポップ・・・という流れ。

3ターン連続で全体攻撃可能!冷・雷の複属性の雷雨と違いバブルポップは冷属性のみなので注意。

また、バブルポップの後は、通常攻撃→雷雨のループになります。ツヴァイクで使う時のようにボーラー運用ではないのも意識しておきましょう。

②唸る嵐運用

1ラウンドはヴァッサールは行動させないようにして、2or3ラウンドの任意で全体ファストの唸る嵐で削るという使い方。

ガラハドの冬の嵐と比べると、基礎威力も低く火力アビリティも無いので代用にはなりませんが、補助アタッカーとしては十分に機能するでしょう。

相手が強敵の場合は、ヘイト&カウンターにも期待出来ますね。

③器用さデバフ運用

強敵との手動戦闘で「チル」による器用さデバフを狙う戦法。

小剣、弓、銃攻撃を使ってくる強敵に対して攻撃を軽減させる事が可能。

また敵の器用さを下げる事によって、命中率を下げ、相手の攻撃を回避するという戦術も選択肢に入ってきそうですね!

ヴァッサールの強い点

・現状替えが効かない器用さデバフ役
・使い易い全体攻撃運用&ファスト全体攻撃術持ち
・味方全体の精神バフ&打たれ強い術士

イマイチな点

・火力アビリティが全く無いため、殲滅力に過度の期待は禁物

ヴァッサール総評

珍しい術士のディフェンダー。技構成はかなり素晴らしく、個人的にはかなり評価しているスタイルです!

火力アビリティが無いのはやはりイマイチな点ですが、素の知力は高いので主役アタッカーにはなれずともサポートアタッカーとしては十分活躍出来るでしょう。

ファスト全体攻撃の選択肢は数多くある程有利と言っても良いので、技構成が優秀且つ、全体ファスト持ちは優先して確保しておいて損は無いというのが個人的な評価です。

火力アビリティが無いのは、同時ピックアップのジョーに冷属性バフを掛けて貰いましょうw

そして、以前の記事「今後のガチャへの向き合い方」でも言及していましたが、実用的な「器用さ」デバフ技が実装された時には最優先で確保案件と位置付けてきました。

今後のガチャへの向き合い方

た、だ・・・その時点から環境が変わった点も・・・それは聖王の「勝利の詩」によるバフ効果。このバフ効果があまりにも強烈なので、超高難易度攻略にも器用さデバフが必要不可欠となってくるか不透明になってきました・・・

それでも、今後バフ効果打ち消し技が実装される可能性は十分考えられるので、バフ技・デバフ技の選択肢は多いに越した事はありません!

高難易度クエストまでしっかりクリアしたい!というプレイスタイルの人は、狙っていった方が良いと感じるスタイルです。反面、高難易度クエストは無理してまでクリアする必要が無い。と感じている人は必須とは言えないかもしれません。

しかし、万一器用さデバフを使うケースが無かったとしても周回性能はある程度保証されているので、総じてかなりオススメなスタイルだと言うのが総評です!

いかがでしたでしょうか?

主要なデバフ技はこれで揃った印象ですね!今後の難易度Romancingをどのように扱っていくのか注目していきましょう!

それでは今回はここまで!みなさま一緒にロマサガRSを盛り上げていきましょう!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です