オルロワージュ性能考察

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!晩酌です。

今回は現在開催中の「UDXガチャ」目玉のUDX限定SSスタイル。【針の白の主】オルロワージュの性能考察です。

【針の白の主】オルロワージュ

オルロワージュはサガ・フロンティアのアセルス編に登場する妖魔のTOPに君臨する存在・・・まぁぶっちゃけラスボスですw

ついにラスボスがプレイアブルキャラとして実装!これからもシリーズのラスボスが追加されていくのかもしれません・・・ん・・・同じサガ・フロンティアのラスボスが既に実装されている!?ナンノコトデショウ?

オルロワージュは原作では戦闘時に自身はほとんど戦闘に参加せず、下僕の「三人の寵姫」(通称:スタンド)を仕向けて攻撃してきます。

これにはある憶測がされており、長く生きすぎた妖魔は妖魔としての位を落とすと言われており、それによってオルロワージュ自身の力は既に弱まっていて、それを悟られないように下僕を使役する戦闘スタイルなのではないか?というように噂されることもしばしば・・・(非公式)

最初の寵姫であった零姫からは愛想を尽かされているあたり、信憑性もありそうですねw

オルロワージュの武器種は杖。ロールはアタッカー。陰術適性があります。

技・術構成

3種全て新術!

・魔の風

陰・斬複属性の低コスト術。火力を確保しつつBPを溜められます。デスが持っている「死の剣」と似たような性能ですね。

・黒炎

陰・熱複属性の中火力術。複属性術である事以外はそこまで目新しい性能ではありませんが、自身を挑発状態にする効果があります。

オルロワージュは役割的に挑発効果が有効なので、この術を使ってヘイトを溜めていく事も重要となってくるかも・・・

・三人の寵姫

原作でもあった全体攻撃!陰・冷の高火力全体攻撃&眠り効果付きの効果モリモリですw

ただ、初手から撃つ事が出来ず、ファスト効果も無いので他の技でも代えが効いてしまう印象です・・・

眠り効果についても敵より先制するか、敵味方含め一番最後に行動する必要があり、連発する事も出来ないという特性上眠り効果に期待してこの術を狙うというのは希かも?

1ターン足止め出来れば御の字という印象でしょうか・・・

アビリティ構成

新アビリティが2種!

寵愛は直接攻撃を受けた時に確率(大)で発動し、被ダメージを軽減&「三人の寵姫」でカウンターするというシロモノ!

カウンターは確率依存なので運に左右されやすいですが、全体攻撃の威力A術でカウンターするというのは凄いですね!

発動確率は(大)表記なので約40%でしょうか?

眠り効果もありますが、敵から攻撃を受けてカウンターするという特性上、カウンター後に味方が一切行動しない・・・というシチュエーション以外では眠りが機能する事は無さそう・・・あくまでオマケと考えておいた方が無難ですw

逆境の攻防は「勇健」アビリティの逆で、HP満タンでなくなった時に発動するアビリティ。攻撃・防御共に効果があり、1ダメージでも受ければ効果が発動するため汎用性ではコチラのスキルに分がありそう。

逆に敵を完封するような高速周回では一切効果を発揮しないアビリティとなってしまいます・・・

火力アビリティはテンションⅤと逆境アビの組み合わせなので、最低火力は保証されていますし、被弾するとさらに火力が上がるというコンセプトのスタイルですね。

スタイル補正値(LV50時)

非常に高い知力、体力と精神も高いですね!

スポンサーリンク

素早さの補正値は低めなので、眠りを狙う時には敵より後攻になる事を想定して、敵・味方含めて一番最後に行動するように調整すると良さそう。

技・術継承

超音波はコチラが使える術としては初実装!敵全体に混乱を付与出来るのは強力な選択肢!オルロワージュの高い知力があれば混乱に耐性が無い敵を封殺する事が可能でしょう。

影縛りも有用ですが、マヒ枠は代えが効きやすいのでわざわざオルロワージュをマヒ役に採用する必要は無いかも・・・

エナジーストームは初手でどうしてもある程度の火力が欲しい時に・・・正直継承する必要はあまりなさそうです・・・

運用方法

①混乱狙い

超音波→魔の風→超音波・・・という流れ。

このオルロワージュで一番汎用性の高い運用かと・・・術威力自体はそこまで高くありませんが、元々の知力が高いのでサブアタッカーとしては十分機能すると思います。全体混乱効果もあるので、敵の耐性次第では周回の事故率も減らせると思います。

混乱が効かない構成で、火力のみが欲しい場合はエナジーストームを継承しましょう。

②ヘイト&カウンター狙い

黒炎×3→魔の風・・・という流れ。

オルロワージュをヘイトがかかる陣形配置に置き、黒炎でヘイトを上げて、寵愛でのカウンターを狙う戦法。

上手く行けば陰・冷複属性全体攻撃をコンスタントに撃てる。なんて事も!

ただ注意点としては、ヘイト上がる陣形で知力に補正がかかるモノが現状ほぼありません・・・せっかくのユニークアビリティなのでスペックを活かした使い方がしたい所ですね・・・新陣形の実装に期待です。

また、黒炎でヘイトを溜める運用もオルロワージュ自体の素早さが低いので、挑発効果を活かせるかは若干微妙ですw

オルロワージュの強い点

・高知力アタッカー。陰・斬・熱・冷属性を使い分け可能!耐久力も高い
・ダメージを受けると本領発揮!強敵相手でポテンシャルを活かせる
・全体混乱の超音波が強力!マヒ・眠りも狙える
・確率カウンターで全体に陰・冷複属性&眠り付与の寵愛アビリティ持ち

イマイチな点

・高速周回に向いているキャラではない。被弾前提のスタイル
・カウンターは確率発動のため安定しない

オルロワージュ総評

UDX限定という事で結構ぶっ飛んでいるスタイル!確率発動とは言え、全体に威力Aで複属性術でカウンターするというのはインパクト大ですね!

しかし、インパクトは強いものの、実際に使いこなすのは結構難しそう・・・

現在は敵になるべく行動させずに倒すという高速周回が主流で、被弾する事で本領を発揮するオルロワージュは周回性能が高いとは言いづらいのが本音・・・

強敵のボス戦で採用する場合も敵が1体の場合、全体カウンターがムダになってしまいます。

このオルロワージュは現状ではメイン二章3-2-5のような、ラストにHPが高い強敵が配置されていて、相手を全く行動させずに完封しての高速周回が難しいクエストを、カウンターの+αダメージで突破するというのに向いているという印象を受けます。

高速周回でもなく、高難易度でもなく、曖昧な表現になりますが、中難易度クエスト適性を持ったキャラ・・・といった感じでしょうか。

また、これから実装される「最果ての決戦島」でもカウンターは行動に含まれる。と記述されているので最果ての決戦島での適性も高いとは言えないかもしれません・・・(まだ予想の段階ですが・・・)

一方、全体混乱付与の超音波はかなり魅力的!

零姫や水着&アニバリズのような優秀な混乱役を持っていない人は、混乱付与役として確保しておくのは全然アリだと思います!

まとめると、カウンター性能はヤバイけど、最適なクエスト選定は結構難しい・・・現状では攻略に必須とは考え難い。

優秀な混乱付与役が居ないなら狙う価値十分にアリ!と言った所です

いかがでしたでしょうか?

やはりUDXは他キャラとは一線を画したユニークな性能を持っていますね!ユニーク性能の場合はどのようなシチュエーションで効果を発揮するかしっかり考える必要があり、頭を悩ませてしまいますね・・・

もしかしたら最果ての決戦島でカウンター前提の火力が求められ、評価が手の平返しになる可能性もあります・・・その時は許して下さいなんでも・・・おっともうお時間のようです・・・

それでは今回はここまで!みなさま一緒にロマサガRSを盛り上げていきましょう!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です