メイン二章4-1-2周回のススメ

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!晩酌です。

今回は比較的簡単でメンバーにも替えが利きやすい、メイン二章4-1-2周回のススメです。

4-1-2:山道を抜けて1

【属性耐性値】

【状態異常耐性値】

全ての敵が斬属性弱点で共通です!1・2ラウンドで1体ずつ登場する影のみ陰属性弱点を持っています。

気絶の状態異常も全ての敵に有効ですが、全体的に敵の出現数が多めなクエストなので、全体気絶付与の王者アルベルト以外で採用してもイマイチ効果を発揮しないと思います・・・

ラウンド1:シュラーク×2、影

一応奥側の影をターゲットすれば横一列攻撃で全体を巻き込めますが、オート戦闘ではそれが出来ないため、全体攻撃で削って行くのがメインとなるでしょう。

大体ミラージュステップや孤月のような低コスト全体攻撃。所謂斬ボーラー×2で前衛のシュラークは処理可能。影は若干残るので、もう一体でトドメをさすか、全体攻撃のうち1発を威力B程度のものにするとスムーズに突破出来ると思います。

【適性キャラ】

ラウンド2:かまいたち×2、影

基本的に1ラウンドと全く同じです。前衛のかまいたちも1ラウンドで登場したシュラークとほぼ同じですw

スポンサーリンク

そのため、この2ラウンドも斬ボール×2~3で手早く突破してしまいましょう!

ラウンド3:バルキリー×2、アース×2

3ラウンドは敵の数が4体と多く、前衛のバルキリー、後衛のアース共に1~2ラウンドと比べても高くなっています。

大体、1~2ラウンドまで突破してきた斬ボール×3でアースは倒せるものの、バルキリーはギリギリ倒せない程度・・・コチラ側で温存していた行動順の遅いキャラの全体攻撃でトドメをさすイメージでパーティーメンバーを調整しましょう。

3ラウンドで撃てるファスト全体攻撃を持っているキャラだと全体的にスムーズに周回出来ると思います。

ビューネイのアースライザーが弱点属性も突けるので最適性ですが、斬ボール×3を撃っていればバルキリーも虫の息なので、属性に特にこだわらなくても良いでしょう。

【適性キャラ】

周回パターン

斬ボーラー×2、3ラウンド用のファスト全体攻撃構成。

①&②のキャラで斬属性の全体攻撃し、③のキャラでトドメ!これを1~2ラウンド続けて、3ラウンドは④のファスト全体攻撃と①&②の斬ボールで突破。もし削り切れなければ、残り③、⑤の攻撃で削りきるという流れです。

①、②、③を斬ボーラーで編成でも問題無し!3ラウンドで削り切れない分を④、⑤で処理出来る編成にしましょう。

いかがでしたでしょうか?

かなりスムーズにクリア出来る上に、どの立ち位置のキャラも、ある程度には代えが利くので、育成の幅が広いというのも魅力!

育成上限まで育てる事は出来ませんが、二章4話は育成周回が難しいクエスト構成が多いので、引率周回出来るクエストは結構貴重です。

また、斬属性が有利なクエストなので、現在の育成キャンペーンキャラとの相性も良いです。

育成が足りていないキャラやHPの底上げに期待して周回するのもオススメだと思います!

それでは今回はここまで!みなさま一緒にロマサガRSを盛り上げていきましょう!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です