詩人性能考察

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!晩酌です。

今回は現在開催中の「UDXガチャ」目玉のUDX限定スタイル。【神々の詩、人々の詩】詩人の性能考察です。

【神々の詩、人々の詩】詩人

詩人はロマンシグサガシリーズではお馴染みのキャラと言っても良いと思いますが、今回は初代ロマンシングサガで登場した詩人がモチーフ。さらに言うとリメイク版ミンストレルソングに登場した時の出で立ちですね!

「詩人」なんてモブみたいなキャラがSSスタイルで、しかもUDX限定って?と思う人もいるかもしれませんが、なんだかただならぬ雰囲気というか、スゴ味をイラストから感じませんか?

実はこの詩人の正体は、ロマサガの物語の中でも非常に重要な立ち位置にいるキャラ・・・人によっては彼の事を「黒幕」なんて言っている人もw

詩人の武器種は棍棒。ロールはサポーターです。

技・術構成

3種全てが新技!

・地の鼓動

打・陽複属性持ちの低コスト全体攻撃。打・陽は弱点属性が被っていない組み合わせなので、有効な敵が多く汎用性が高い全体攻撃と言えます!

また、技構成的に初手から7回連続でこの技を撃ち続ける事も出来るので、敵の数が多く出現するクエストと相性が良いです。所謂打・陽属性のボーラー運用が可能という事ですね!

・武装弦楽祭り

モラル&ガードアップによって、攻撃と防御面同時に補助を行う事が出来るバフ技。オートでは使用しない補助技なので、手動前提ですが、高難易度戦闘ではバフ役に徹するという戦い方もアリかもしれません。

注意すべきは聖王の勝利の詩のようなステータスが上がるタイプのバフでは無く、補正が上乗せされるタイプのバフと言う事。

モラルアップは他キャラが持っている同様の効果の技とは重複しない(バーバラのフラメンコに誘われて等)、補正値の合計が100%が上限(アビリティのテンションアップ等も含む)など、制約が多い事も意識しておく必要があります。

・武装弦楽バースト

初手から撃てる中火力の全体攻撃。地の鼓動と同様、打・陽の複属性のため、有効な敵の種類は非常に多いです。

消費BPが9なので、武装弦楽クラクバースト→地の鼓動→地の鼓動のような、3ターン連続全体攻撃を撃つ事が出来ず、2000万白薔薇のブレッシングガーデンのような使い勝手になりそうですが、白薔薇と違って初手から地の鼓動を連発出来る点で、全体攻撃役としては使い勝手が良いと言えるでしょう。

アビリティ構成

癒やしの祝福と戦士鼓舞(打陽)が新アビリティ!それと、あると嬉しいテンションⅤ!さすがUDX。

癒やしの祝福はターン終了後一定確率で味方全体のHPを微量回復するというシロモノ!味方全体回復というインパクトは凄いのですが、回復量自体は1体あたり100に満たない程度です。確率的には約1/4なので、回復量的にも確率的にもこの癒やしの祝福の回復に過度の期待は禁物だと思います・・・

戦士鼓舞(打陽)はジョーが持っていた氷炎の絆の打・陽属性Verで、詩人が持っている攻撃技の場合は、打属性、陽属性それぞれに補正効果が乗るという強みがあります!

また、どちらか味方のキャラの打・陽どちらか一方であっても強化出来るのも魅力。ジョーの場合、相反する属性であるため、ジョー以外は熱or冷どちらか一方の強化という使い方がメインでしたが、詩人の場合は打・陽と全く異なる属性のため、強化出来るパーティーの組み合わせが幅広いです。

例えば真アルカイザーであれば、全ての技に打・陽属性が付いていますし、SSメイレンの日輪弾にも打・陽属性持ちなので、打・陽それぞれの補正が乗ります!

パーティー編成でバフ効果の適用の幅広さはそのまま強みと評価する事も出来ますね!

スタイル補正値値(LV50時)

打属性ボーラー同士という事でパウルスと比較。

腕力は高水準で、他にも極端に低いステータスがありません。アタッカーのパウルスと比べても遜色無いですし、陽属性にも対応可能な事やアビリティ構成の事を考慮すると火力面では申し分無しと考えて良さそう。

成長傾向も優秀です!

全体攻撃役としては素早さが高い方が好ましいですが、遅いというワケでも無いけど早く無いレベル・・・素早さ乱数のムラに悩まされる事は多いかもしれませんね・・・

運用方法

①打陽ボーラー運用

地の鼓動×n・・・という流れ。

スポンサーリンク

初手からひたすら打陽の全体攻撃が可能!属性相性が良い敵が複数出現するクエストでは取りあえずこの運用で問題無さそうです。

上記構成で、武装弦楽バースト→地の鼓動→通常攻撃か・・・

武装弦楽バースト →通常攻撃 →地の鼓動でクエストによって全体攻撃を撃つタイミングを調整するのも有効ですね!

②バフ運用

手動前提で、武装弦楽祭りによるモラル&ガードアップバフ係を担当させるのもアリでしょう。バフの小回りは利きませんが、アビリティによる打・陽補正付与役や癒やしの祝福による全体回復など、総合的にみれば優秀なサポーター役として機能しそうです。

詩人の強い点

・打陽複属性のボーラー運用可能!属性の組み合わせも◎!
・火力アビリティが優秀で、打陽バフは味方全体にも効果がある
・ターン終了時に味方全体を回復する事も可能
・モラル&ガードアップで攻撃・防御面同時にサポート

イマイチな点

・単体攻撃技が無い

詩人総評

打陽複属性の全体攻撃を活かした周回に非常に便利なスタイル!

技や補正値をパッと見するとそこまで強いと感じない部分はあるかもしれませんが、テンションⅤと打&陽の補正値上乗せの恩恵を受けられるため、表面上よりも高い火力に期待出来るハズ!

さらに今回のイベントでSS棍棒武器の「メロウパイプ」が入手可能!フライパンと比べても武器威力が5も高く、腕力補正値も「力+」付きよりも1高いという高性能ぶりです!

武器威力の高いモノを装備していれば、地の鼓動のような低コスト全体攻撃の威力が底上げされるので、非常に相性の良い武器です。総合的に見てかなり強力な全体攻撃役になると思います!

ただ、メロウパイプに関しては詩人の適性は高いものの、詩人で無ければ扱えないような武器では無いので、メロウパイプが手に入るからと言って詩人を無理して取る必要はないでしょう。

また、打陽の威力底上げ役としても優秀で、強化出来るキャラの幅が広いというのが魅力。この属性ダメージの底上げは、ジョーを運用していて感じるのが「かなり強い」という事。

実際、ジョー無しでバルテルミーのアバドンハンズでは倒し切れず、ジョーと一緒に編成するとワンパン安定!といった事例がありました。

同じようなケースとしてゼノンやミカエルのグランクロス底上げによって周回に貢献する可能性は大いにあるのでは無いかと感じています。

そのため、この属性ダメージに対する与ダメージアップを軽視出来ないというのが個人的な評価。

単体技が無いので、ボス戦の選択肢が無いようにも感じますが、武装弦楽祭によるバフ役でサポートに徹するのも悪く無いと感じています!正直このバフ技のみでは物足りないですが、属性ダメージUP&味方全体回復アビリティも含めて総合的にみればサポート役として置いておく価値があるキャラと考えられるのではないかと思います。

総評的にはかなり汎用性が高く、周回から高難易度まで使い道は多岐に渡るキャラだと思います!しかし、一方で、多くの人にオススメ出来るような必須級のキャラと言えるかはちょっと難しいのが本音・・・

基本的には、打・陽属性の全体攻撃役として捉えて、自分の手持ちにこの枠が足りているか否かで判断、そして、これまでの考察の中で魅力を感じるか否か・・・で、ガチャに挑戦するかを決めると良いかと思います。

いかがでしたでしょうか?

今回のUDXガチャは新規SSスタイル4体!ネガティブな意見も多くみられますが、SS排出率の5%を引ければピックアップ率は80%なので、新規獲得に目を向ければ、悪く無い仕様だと個人的には思っています。

ただ、コンプしたい人にとっては地獄なのは言うまでも無いですけどねw

私は打・陽の全体攻撃による汎用性の高さに魅力を感じ、ガチャに挑戦した結果を最後に貼っておきますね・・・

それでは今回はここまで!みなさま一緒にロマサガRSを盛り上げていきましょう!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です