【希望の光を背負って】アルベルト性能考察

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!晩酌です。

今回は現在開催中の「UDXガチャ」。目玉の一つであるSSスタイル【希望の光を背負って】アルベルトの性能考察です。

【希望の光を背負って】アルベルト

アルベルトは初代ロマサガで登場した主人公の1人。

総スタイル数も多く、SSスタイルは最多の4種!前回登場した王者の剣での気絶が特徴的だった所謂「デスベルト」と言われスタイルから、半年程度で、新しいプラチナ限定SSスタイルが実装・・・全体的にみても優遇されているキャラと言えるでしょう。

どうでもよい事なのですが、前回登場した「デスベルト」は旧プラチナ限定のSSアルベルトとなるわけですが、当ブログ内で「新アルベルト」として紹介していました・・・

スタイルが増えてくると、ブログタイトルの表記をどうするか考えていかないといけなくなりそうです・・・

アルベルトの武器種は剣。ロールはアタッカー。陽属性適性があります。

旧プラチナSSスタイルのロールもアタッカーです

新アルベルト性能考察

技・術構成

新技は聖光裂斬のみ!他技はかなりメジャーな技なので割愛します。

・聖高裂斬

SSSの高威力&斬・陽複属性技!

最大覚醒でも消費BPは12までですが、このスタイルはパワーチャージ持ちなので初手から撃つ事が可能!

斬・陽の複属性でSSS威力の技を撃てるので、高HPの敵狙い等、色々なシチュエーションで使えそうですね!

アビリティ構成

目新しいモノは特に無し。陽気増強は新アビリティですが、○○増幅系の陽属性バージョンですね。名称がパリピっぽいですねw

パワーチャージは聖光裂斬を初手で撃つ以外に、豊富な別スタイルの技を活かして、複数の運用方法を使い分ける事が可能となってくる、今回の新スタイルの目玉となってくるアビリティです。

スタイル補正値(LV50時)

旧バージョンと比べても腕力はほぼ同じ。素早さがかなり早くなっており、先制で削り役を担当させるのが適任といった印象です。

旧スタイルに比べ知力が若干高いのがミソ!王者の剣での気絶付与率はコチラのスタイルの方が期待出来そうですね(誤差程度かもしれませんが)

成長傾向は素早さや愛なので、優先度は低め・・・旧スタイルでの育成が不可欠となりそうです。

技・術継承

旧PtSSスタイル

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-151.png です

恒常SSスタイル

クリスマス限定SSスタイル

Sスタイル

スポンサーリンク

Aスタイル

様々なスタイルがあるアルベルトですが、継承すべき技は基本的に2つ。

・王者の剣

旧PtSSスタイルから継承可能。陽属性の全体攻撃としても優秀ですが、気絶付与(小)が付いているのもポイント!全体に気絶効果が付いている技はこの技のみで、確率的にそこまで過信は出来ませんが、複数体を一辺に気絶させる事も可能で、成功すると中々の爽快感w

パワーチャージを手に入れた事で、初手から3連続で撃つことが可能になりました。そのため、1~3ラウンド通して王者の剣が撃てるので陽属性全体攻撃役としても。全体気絶付与役としても活躍出来そうです!

・不動剣

恒常SSスタイルから継承可能。基本的にこの技の威力は無視してOKw

本命は不動剣に付いているディレイ効果。パワーチャージを持っている事で初手から不動剣を撃つ(正確には撃たないw)事で、ディレイ効果によってアルベルトを行動させない。という戦法を選択することが出来ます!

一見、何に使うの?と思うかもしれませんが、最果ての決戦島でムダな行動を取らせないために非常に有効。ディレイ枠を置いて置く事によって、不要な連携の発生率を抑える事も出来ます。

また、聖光裂斬を安定して温存して2ラウンド以降にピンポイント運用する事も出来ます。詳細は運用方法の欄で。

光明剣も高火力全体攻撃として優秀なのですが、パワーチャージを考慮してなお、初手からは撃てないので温存策が必須です。

最近では使う機会も減ってきましたが、パリイを継承すると、4ターン連続でパリイ待機出来るので使うケースもある・・・かも?

運用方法

①聖光裂斬ピンポイント運用

このアルベルトの火力アビリティは陽気増幅&テンションⅣで、元々の腕力補正値はそこまで高くないので、普通であれば優秀な天地二段のスペックを発揮出来ません・・・悪くは無いけど、アルベルトじゃなくても良いよね?という結論に・・・

そのため、 陽属性が付与している技を使うのがメイン となり、初手の聖光裂斬後に続く技は王者の剣のみとなってしまいます・・・

基本的には聖光裂斬のピンポイント運用と考えておいた方が良いかもしれませんね。

こんな構成にすると、初手は不動剣を使用するのでディレイとなり、アルベルトを行動させずに1ラウンドを突破する事で、2ラウンド以降に安定して聖光裂斬を撃たせる事が出来ます。

素早さが高い陣形の位置に置いて、初手ディレイ→2ラウンド先制のような使い方が出来るので、こんな使い方もあるという事は是非覚えておくと良いです!

②王者の剣運用

王者の剣×3・・・という流れ。

技継承の欄でも紹介しましたが、初手から3ターン連続で王者の剣を撃つ事が出来るのが優秀な戦術。

陽属性全体攻撃兼、全体気絶付与役として敵が複数登場するクエストでの周回役として様々な場面で活躍しそうです!

ただ、注意点としては王者の剣には斬属性が無く、陽属性のみの攻撃という事は覚えておいて下さい。

アルベルトの強い点

・陽・斬属性の威力SSS単体攻撃を初手から撃てる
・陽属性全体攻撃&気絶付与の王者の剣を3ターン連続で撃てる(旧SS必須)
・不動剣継承で初手からディレイ戦法を選択出来る

イマイチな点

・火力自体はそこまで高く無く、継続火力はイマイチ
・旧プラチナSSが無いとスペックを活かせない
・オート周回ではヒールライトが邪魔になるケースも・・・

アルベルト総評

聖光裂斬で単体への一発屋、王者の剣での全体攻撃&気絶技連発役、ディレイ戦法による置物役と色々な使い方が出来る、かな~り便利なスタイルです!

ロマサガRSを長く遊んでいる人は、今回のラインナップでUDX限定の詩人よりもこのアルベルトの方に注目している人が多いほどで、まさにかゆい所に手が届くというようなスタイルと言えると思います!

周回で使う場合に、味方が瀕死~気絶になってしまうとヒールライトによる回復を優先してしまうのが若干ネックではありますが、ご愛嬌でしょうか?

ただ、便利ではあるものの、全体気絶付与の王者の剣以外はどうしても代えが効かないという性能ではありません。また、旧プラチナSSが無いと使える選択肢が狭まってしまのが難点・・・これに関していずれチケットから召還出来る事に期待するしかありませんね・・・

確保が絶対というような性能ではありませんし、期間終了後はプラチナガチャに追加されるという事も考慮してガチャに挑戦するか否か判断すると良いでしょう。

いかがでしたでしょうか?

SSスタイルの種類が増えて、ブログタイトルに悩む事になるとは・・・

そろそろ、新・旧とかいうくくりでは収まらない範囲になってきたのかもしれないですねw

正直言うと、SS未実装のキャラや、型落ちになったまま置いていかれてしまったキャラの救済を優先させて欲しい所ですが…

それでは今回はここまで!みなさま一緒にロマサガRSを盛り上げていきましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です