シルバー親分との三番稽古Romancing攻略

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!晩酌です。

今回は現在開催中のイベント「シルバー親分との三番稽古」の難易度Romancing攻略です!

シルバー親分との三番稽古

【属性耐性値】

【状態異常耐性値】

今回のボス線は1ラウンドを人型のシルバー。2ラウンドを竜型のシルバーと戦うという構成。

弱点属性が異なっているのでしっかり把握した上で攻略に臨みましょう。

状態異常は全く期待出来ないので、純粋な戦力で戦う必要があります。

【技・術】

人型シルバーの攻撃は全て腕力依存の攻撃。1ターン/3回と非常に攻撃が激しいので腕力デバフで無力化する戦法が非常に有効です。

竜型のシルバーは腕力・素早さ・知力依存の攻撃を使ってくるので、全てを弱体化するのは中々ハードル高め・・・

しかし、コチラも1ターン/3回攻撃と激しく、状態異常も厄介なのでまとめもに受けるのは危険・・・しっかり対策を用意する必要があります。

また、前回も使っていたかみ砕くを連発するセルフ連携「かみかみ砕く」も使ってきて、相変わらず強力な攻撃です・・・初撃をカウンターすれば止める事が出来る事を覚えておきましょう。

Romancing攻略

先ず1ラウンドの人型。最初から攻撃が激しいのでなるべく早く倒したい・・・と思いがちですが、それは罠。

技構成の欄で説明しましたが、人型が使ってくる攻撃は腕力依存のみなので、腕力デバフ技でほぼ無力化する事が可能!

始まったばかりの時にある程度の被弾は避けられませんが、十分腕力を下げた後であれば耐久しながら戦う事が出来るので、2ラウンドに備えてBP・ODを溜めるという戦法がオススメです!

というのも、やはり厄介なのは様々な種類の攻撃や状態異常を付与してくる竜形態の方。2ラウンドの開幕でBP切れにならないよう十分に溜めておくと良いです!

ODが溜まっていれば確実に先手を打ってデバフを入れる事が出来ます。火力では無く、デバフによる弱体化を優先しましょう。

これまでも解説してきましたが、このシルバー戦ではバフ・デバフ戦法が有効。

狙うべきは腕力もですが、最優先は素早さ!竜形態は腕力・知力・素早さ依存の攻撃を使い分けてくるので、十分に弱体化するのは難しく、時間がかかってしまい、その間に追い詰められてしまう・・・なんて事も多々・・・

ならばそもそも、攻撃を当たらないように相手の素早さを下げて、コチラの素早さを上げれば良いじゃないというコンセプトですね!

スポンサーリンク

「当たらなければどうという事は無い」と古事記にも書かれていますし(←書かれて無い)

素早さデバフはビューネイの風斬り、白薔薇のチョコレートボールが最適ですが、斧のかかと斬り等他の技でもある程度は効果に期待出来ます。

一方で、バフ効果に関しては聖王の勝利の詩かあ海の主の娘の水祭りした選択肢が無いので、バフ役が以内場合はその分もデバフに当てるなど工夫する必要があります。

陣形は素早さに高い補正がかかるラピットストリームやフリーファイト-1も良いのですが、シルバーは精神ステータスが高いようで中々デバフが成功しません・・・

ビューネイや白薔薇のような知力が高いキャラであれば問題ないですが、戦士系のキャラで素早さデバフや腕力デバフを狙う時には知力を盛るために素早さと知力に補正がかかるアニマストリームがオススメです!

素早さ・知力に補正がかからない奥側にはバフ役を配置すると良いでしょう。

バフ・デバフでしっかり体勢を整える事が出来れば、後半戦ではかなり安定して戦う事が出来るでしょう!

適性キャラ

【バフ役】

【デバフ役】

【火力&その他オススメ】

いかがでしたでしょうか?

聖王登場より、最近のRomancingは聖王の勝利の詩バフが前提の難易度となっている感がありますね・・・

個人的には、もう少し攻略方法に幅があるような難易度設定にして貰えると、途中から始めた人や縛りプレイをしている人にも工夫しだいで攻略出来るようになって面白いと思うのですが・・・

それでは今回はここまで!みなさま一緒にロマサガRSを盛り上げていきましょう!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です