【決戦の前に】ミルザ性能考察

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!晩酌です。

今回は現在開催中の「UDXガチャ」。目玉の一つであるSSスタイル【決戦の前に】ミルザの性能考察です。

【決戦の前に】ミルザ

ミルザは初代ロマサガの世界での古き英雄。

ロマサガの主人公達が活躍する時代の遙か昔にサルーインに戦いを挑み、激闘の末サルーインを封印する事に成功しますが、ミルザ自身も息絶えてしまいました・・・

原作でもプレイアブルでもなく、既に没しているキャラなので深掘りが難しいと思いましたが、本来なら近々講演されるはずだった舞台「サガステ」で登場するキャラのようで、そこでミルザのエピソードが語られていたのかもしれませんね・・・

ミルザの武器種は剣、ロールはディフェンダー、陽術適性があります。

ミルザ性能考察

UDX限定SSスタイルのロールはアタッカーです。

技・術構成

銀剣と攻守合一が新技!

・銀剣

斬・陽複属性の中火力技!使い勝手は悪く無さそうな技ですが、基本的には使わない技です。

・攻守合一

今回のミルザの核となる技でしょう。威力A BP8~6と優秀な中火力技であると共に、自身にガードアップ効果を付与するというモノ。効果は2ターンなので、絶えずガードアップ効果の恩恵を得られます。

今回のミルザのロールはディフェンダーなので、この技を使って、攻撃しつつも自身の耐久力を上げるという使い方がメインになりそうです。

かっちかちユリアンが持っていた攻防一体と似た性能。攻防一体は低コストで毎ターン撃つ事が出来ましたが、この攻守合一は連発出来ない代わりに威力が高くなっています。

まさに攻撃と防御が同化しているというニュアンスでしょうか。

・光明剣

威力の高い斬・陽の全体攻撃!旧プラチナアルベルトが持っていた技と同様ですね。

基本的にミルザの役割的に積極的に使う事はないかもしれませんが、周回で全体攻撃を狙う時には採用されるかもしれませんね。

アビリティ構成

銀剣返しが新アビリティ!

敵の直接攻撃の被ダメを軽減しつつ、銀剣でカウンターするというモノ。発動が確率大で約40%。確定ではないのでムラはありますが、確率は高いのでお世話になるケースは多くなりそうです。

また20%で被ダメージを0にする城塞鉄壁との組み合わせで、直接攻撃に対しては耐久アビリティの二重抽選を受けられます!ただ、城塞鉄壁は状態異常は受けてしまうという弱点は覚えておきましょう。

火力に関してはテンションⅤを持っているので、最低限は確保出来ているという印象ですね。

スタイル補正値(LV50時)

スポンサーリンク

体力高スギィッ!100%を優に超えてきました!

SLVも高く割り振られているので、耐久力はかっちかちユリアンを越えて全スタイルTOPに!

精神の値も高いので、物理のみならず、術に対しても非常に撃たれ強いスタイルと言えそうですね!

腕力もUDX限定スタイルとほぼ同じ。アビリティはテンションⅣ→Ⅴになっていますが、SLVが低いので、UDXの方が火力に関しては上になりそうですが、そこまで劣っているとは感じないでしょう。

技・術構成

UDX限定SSスタイル

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-135.png

Sスタイル

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-137.png

基本的に継承すべき技は無し!流星剣は継承してもオートでは初手で撃てないので使い辛いでしょう・・・

竜破剣も無しでも無いですが、ミルザを起用する場合は耐久枠として採用すると思うので、攻守合一を使って行くことになると思います。

運用方法

基本的には、運用方法は一択でしょう!

攻守合一→攻守合一→通常攻撃・・という流れ。

攻守合一でダメージを与えながら自身の耐久力を上げる戦い方。基本的には高難易度クエストでのヘイト役として採用されるでしょう。

また、UDX限定スタイルに攻守合一を継承するのも面白いと思います!

コチラも挙動は同様。UDXスタイルは、陰属性無効&直接攻撃に対してフラッシュファイアでの確定反撃を行う事が出来、吸収攻撃もあるので、クエストによってはコチラの方が高耐久に期待出来るかもしれません。

ミルザの強い点

・全スタイルTOPの体力で高耐久!精神の補正値も高く撃たれ強い
・確率発動だが、耐久アビリティ×2構成で攻撃を軽減しやすい
・攻守合一で火力を確保しつつ、自身の耐久力を強化出来る

イマイチな点

・確率のアビリティが発動しないと、軽減無しでダメージを受ける事になる
・火力はイマイチなので、周回性能は低い
・状態異常に弱い

ミルザ総評

かっちかちユリアン以来の圧倒的かっちかちスタイル登場!

耐久アビリティはいずれも確率発動のため安定感に不安があるものの、直接攻撃メインの敵に対しては二重抽選である事や、元の体力の高さを活かしてかなり粘り強く戦ってくれそうです!

ただ、ユリアンと違って、特別な条件がなく耐久アビリティ効果を受けているワケではなく、味方をかばう事も出来ないため、ディフェンダーとしての使いやすさという点ではユリアンに及ばないかもしれません・・・

個人的にはディフェンダーに振り切っているスタイルというよりは、火力と耐久のバランスを取っているキャラという印象です。こういったどっちつかずのキャラは器用さ貧乏というレッテルを貼られがち・・・

いっそテンションアップⅤなんか捨てて、全て耐久アビリティにすれば唯一性が出たのではないかと思ってしまいましたね・・・

持っていると面白いスタイルかもしれませんが、このスタイルが必須となるクエストに関してはちょっと想像しにくいです・・・このスタイルをピンポイントで狙いにいくのはオススメ出来ませんね・・・

いかがでしたでしょうか?

ディフェンダーロールは、正直中々評価が難しいという実態があります。

現状では周回ではアタッカー一択、高難易度でもジャマー&アタッカーという編成が最適解のような状態になっていて、リリース当初よりずっとディフェンダーの受難が続いています・・・

強敵相手の猛攻に○ターン耐える・・・という耐久戦のようなコンテンツが実装されればディフェンダーが輝くと思うのですが・・・とずっと思っていて、私はユーザーアンケートにこの案を送り続けています。

せっかく色々なスタイルがあるのですから、それぞれの役割が輝くコンテンツというのを用意して貰えると色々な楽しみ方が出来ると思うのですけどね・・・

それでは今回はここまで!みなさま一緒にロマサガRSを盛り上げていきましょう!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です