見捨てられた地の大連戦-呪われし者-4 攻略

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!晩酌です。

今回は実装から若干遅れてしまいましたが、現在開催中の大連戦イベント「見捨てられた地の大連戦-呪われし者-4」。攻略手順というよりは、私がどのようにクリアしたのかを振り返ります。

見捨てられた地の大連戦-呪われし者-4

見捨てられた地の大連戦は10ラウンド制の連戦クエストで、ウィークリーイベントの「ツヴァイクバトルフェス」と似た仕様。

ツヴァイクバトルフェスは敵構成がランダムという特徴がありましたが、今回の大連戦クエストは敵構成は固定で、1・5・10ラウンドでは強敵として「呪われし者」が登場します。

ラウンド数が多い事でラウンド開始に発動するアビリティを有効活用出来る・・・と思っていました・・・

が、この大連戦クエスト難易度が非常に高く、「3」あたりからオートでのクリアは困難・・・「4」はオートクリアどころか手動でのクリアもハードル高め。

そして、適性なパーティー構成は、ほぼ勝利の歌&ラピットストリームの回避戦法に固定されており、他のメンバーに関しても代えが利きづらいというかなりシビアな設定・・・

1.5周年聖王を持っていないと門前払いという印象を感じてしまいますね・・・

晩酌の構成

・UDX聖王:勝利の歌継承
→基本、勝利の歌のみ使用。4ターン程度歌い続けたら通常攻撃でBP溜め。
・真ビューネイ:風斬り継承
→基本、咲風で器用さデバフ。場合によって風斬りで素早さデバフ
・バレンタイン白薔薇:
→基本、チョコレートボールで素早さデバフ。必要時は再生光で回復
・UDX詩人
→初ターンに武装弦楽祭でモラル&ガードアップ付与。毎ラウンド初ターンに撃てるようにBPは温存しておく。
・シェラハ
→序盤はソロウズで素早さデバフ。必要時夜風の歌で全体スタンが撃てるようにBPは適宜温存しておく。
※陣形ラピットストリーム

基本戦法としては、ひたすら初ターンからバフ・デバフに注力し、敵の攻撃が当たらない状況にして、その後はほどほどにバフ・デバフをかけながら通常攻撃を使ってBP・ODを出来るだけ溜めながら次のラウンドに備えるという戦い方。

だいたい2ターン目から運が良ければ回避可能になり、3ターン目である程度安定。4ターン目からはほぼ当たらないという流れになります。

この戦法を安定させるためには聖王、ビューネイ、白薔薇(バレンタイン)は、ほぼ必須かと思います・・・

詩人は武装弦楽祭でのバフとターン終了後の確率全体回復が目当てなので、正月ゴールデンバウムがいればそちらの方が適性は高いでしょう。

白薔薇はチョコレートボールが必要なのですが、クリスマススタイルが無いと補正値にかなり厳しかったですw

他メンバーは2ターン目から比較的安定して回避する中、白薔薇のみが最後まで被弾する・・・という事例も珍しくありませんでした・・・まぁ回復呼吸で勝手に持ち直す事もままあるので、やはり優秀なんだな。と再認識w

1ラウンド:呪われし者

基本戦法通り、バフ・デバフ戦法で対応。

2ラウンド以降の対策のため、攻撃を安定して回避出来るようになったら、通常攻撃を使いつつBP・ODを溜めて次のラウンドに備えましょう。

2ラウンド:ロビンハット×2、バガー

ロビンハットは弓攻撃等の器用さ依存攻撃を使ってくるので、素早さデバフでは対応仕切れません・・・

私はこの2ラウンドで聖王、白薔薇、ビューネイのODを使い、先制で器用さデバフを使いつつ、武装弦楽祭で被ダメージを軽減して許容するという選択をしました。

3ラウンド:スカルロード×3

ココが結構な初見殺しラウンド・・・スカルロードは術攻撃が強烈で、ポイゾナスブロウが1,000ダメージ&毒付与と凶悪・・・影縛りでのマヒ付与もかなり不利となってしまいます。

スタンが有効なので、このラウンドでODを温存しておいたシェラハのOD夜風の歌で先制スタンを付与。ビューネイはココでは風斬りで素早さデバフを重ね、2ターン目ではシェラハはODを使わずに先制夜風の歌でスタン付与出来れば安定して突破可能でした!

ラウンド4:ドクター、アレフ×2

アレフはスタンが有効ですが、初ターンではシェラハの先制が安定しません。

聖王、白薔薇、ビューネイのいずれかがOD溜まっていれば、先制でバフ・デバフを使って、シェラハの夜風の歌で先制を取れるようにすると良いでしょう。

スポンサーリンク

運ゲーになりますが、武装弦楽祭でのガードアップ&ターン終了時の回復を目当てである程度のダメージを許容するという戦い方もありかと思います。

ラウンド5:呪われし者

ラウンド5の呪われし者はライフスティールを使って、LPを1削ってきます。

白薔薇や聖王のLPを削られると回復する回数が減らされてしまいます・・・ライフスティールは小剣技なので、成功率は器用さ依存。長期戦でBP・ODを溜める場合は咲風での器用さデバフを狙いましょう。

6ラウンド:コッカーレル×2、ロトンギアン

このラウンドも基本戦術で対応。ただ、敵の攻撃がかなり強烈なので、2ラウンド同様に聖王、ビューネイ、白薔薇はODでバフ・デバフをかけ、被害を最小限に抑えられる事を祈ります。

ここは地味に難関ポイントだと思っています。

7ラウンド:ナックラビー×2、ゴルゴン×3

続けて、この7ラウンドも難関・・・

敵の数が多く、対応が遅れると手数の多さで圧倒され、壊滅してしまいます・・・

ゴルゴンはスタン耐性値+50なので、シェラハのOD夜風の詩でスタンを期待します。ただ、必中では無いので、失敗した時はリタイアの可能性が急上昇・・・

ここのラウンドの捌き方で、結構難儀するハメになりました・・・

最終的には夜風の歌が成功、且つ敵の行動が穏やかである事を祈るという結論に至りましたw

8ラウンド:ヘルビースト×2

このラウンドのスクショが撮れていませんでした・・・敵のみの情報で失礼します・・・

基本戦法で対応可能で、初手からのリスクは若干あるものの、癒しのラウンドと言って良いでしょう。

次のラウンドがかなりヤバイですので、しっかりBP・ODを溜めて次ラウンドの備えましょう!

ラウンド9:フリスベルグ×2、エアリアル

この大連戦で最大の山場と言って良いと思います・・・私も何回か心が折れかけました・・・

どの敵の攻撃も激しく、特にエアリアルの術攻撃が強烈・・・状態異常も期待出来ないので、このラウンドまでにしっかりODを溜めておき、先制でバフ・デバフをかけて、その上で敵の行動が穏やかである事を祈る必要があります・・・

このラウンドは本当に鬼門と言えるような難易度で、敵の行動次第ではどうしようも無いです・・・ここでつまづくと、1ラウンドからやり直しとなるので、最も必要なのは折れない心でしょうね・・・

ラウンド10:呪われし者

ついに最終ラウンド!

基本的にはやるべき事は1・5ラウンドと共通ですが、LPに3ダメージを与える「黒点破」を使ってくるため、聖王や白薔薇を狙われると、これまでの展開次第では即再起不能となってしまう所・・・

クリア時は使用自体されなかったので、運が良かったかもしれません。

ここまで来たら、出来うる事を全うして、後は運を天に任せるのみ・・・

割と実際にプレイしている時に震えていましたw

いかがでしたでしょうか?

今回は大連戦4の攻略手順を紹介しましたが、「5」に関しては現状の手持ちでは1ラウンドを突破出来るか否か、かなり微妙な所です・・・今後のガチャで環境変化が無いか判断して挑戦するつもりですが、あまり期待はしないでくださいw

今回の大連戦イベントはやりがいがあり、面白いとは思っているのですが、攻略パターンがかなり限られているのがちょっと懸念している所・・・

サルーインも凄い難易度でしたが、攻略パターンには結構な幅があり、それぞれのプレイヤーの手持ちに合わせた攻略が可能でしたが、今回の大連戦4・5に関しては聖王、白薔薇、ビューネイは固定、他も最適キャラで固めていないと難しいという極端なバランス・・・

そして最近始めた人は聖王、白薔薇を入手出来ずに、課金によるカバーも出来ないという状態・・・

攻略難易度は高くなっても、もう少し別の搦め手を使っても突破出来るような抜け道も欲しいなと感じたのが正直な感想です・・・

それでは今回はここまで!みなさま一緒にロマサガRSを盛り上げていきましょう!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です