【背中は任せて】ヒルダ性能考察

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!晩酌です。

今回は現在開催中のUDXガチャ。目玉であるUDX限定スタイル【背中は任せて】ヒルダの性能考察です。

【背中は任せて】ヒルダ

ヒルダは聖王十二将の一人。聖王三傑であるフェルディナントの妻であり、ミカエル、モニカの先祖にあたる人物。

使う武器は、ロマサガ3ではカタリナが持っていた「マスカレイド」であり、今回のガチャのUDX枠はマスカレイド繋がりという事ですね!

ヒルダの武器種は小剣。ロールはアタッカーです。

技・術構成

3種全てが新技!

・プリエペ

消費BP0で撃てる突・斬複属性攻撃&器用さバフ効果のある技!

夫であるフェルディナントが持っていた輝剣の小剣技バージョンと言って良い技です。

通常攻撃よりも若干ですが威力面では優遇されており、連携発生の抽選も受けられるという点から、長期戦では良い事づくめ!

後半になるほど、器用さバフによる火力強化が期待出来ます。

・ウェイクアップ

今回のヒルダの目玉的技!マスカレイドの特徴である小剣→大剣に変形する技で、威力E攻撃の後に、威力Sのムーランルージュで追撃するという技です!

ムーランルージュは、ウェイクアップの技Rankで発動するので、ランクを上げる事で威力も上昇します。

注意点としてはウェイクアップ・ムーランルージュ共に小剣技でありながら斬属性しか持っていません。敵の有効属性はしっかり把握しておく必要があります。

また、この技は追撃技ですが、敵のカウンターに対してこの技を使っても、ウェイクアップ→ムーランルージュの途中にカウンターで割り込まれて追撃が中断するという事はありません。ただ追撃後に反撃は受けるので注意!

Twitterのフォロワーのかぐやん様に検証いただきました!ありがとうございます!

・ムーランクラルテ

突・斬の威力SS技を撃ち、その後、当該ターン自身を確定回避状態にするという技。威力に関してはオマケで、回避効果が本命という技です。

2周年ブラウニーのミラクルパレードと似ている技ですが、威力が控えめな分、ファスト効果が付いておりミラクルパレードの弱点であった敵に先制しないと無意味という懸念点を気にする必要がありません。

アビリティ構成

弱点集中Ⅳ&テンションⅤと弱点を突ける敵相手にはかなり攻撃的な構成。

幻影アビリティも持っているので、攻防バランスの良いスタイル。

自身の器用さバフと合わせて、長期戦向きのスタイルと言えるでしょう。

スタイル補正値(LV50時)

長期戦向きのスタイルなのに、器用さの補正値は全力!素早さの補正値も高めですね。

技・術継承

注目なのが、器用さの成長傾向に⏫がありません・・・別スタイルが控えている事の匂わせかも?

Sスタイル

注目はアクセルスナイパー+。威力面は現環境で特筆すべき所はありませんが、素早さバフ効果が付いているため、勝利の歌&ラピットストリームの素早さバフを使った回避戦法と非常に相性が良いです!

スポンサーリンク

円舞剣に関しては、威力が低く一発撃ったら終わりなので、ほぼ気にする必要は無いでしょうw

ウェイクアップは強いの?

注目のウェイクアップ連撃ってぶっちゃけどうなの?という疑問が出てくると思います。技威力がまだ不明なので参考値として捉えて下さい。

え!?強ッ!!?この技BP7で撃てるんですけど!?

威力SSS技と比較・・・SSS技の中では威力低めなファイナルレターよりもダメージが出ています!?
※仮にヒルダが撃てたと仮定した場合

さすがにTOPクラスの威力の変幻自在には及びませんが、変幻自在は消費BP13。正直想像を遙かに超える打点を出しています・・・

運用方法

①斬属性運用

ウェイクアップ→プリエペ→ウェイクアップ・・・という流れ。

上記で紹介した通り、ウェイクアップ追撃のコスパがヤバイので主な火力限はウェイクアップを軸に出して行く事でしょう。

ただ、この運用プリエペ以外は斬属性のみ、そしてヒルダは弱点集中持ちなので、斬属性が弱点の相手でないと真価を発揮出来ません。

また、このキャラはプリエペでの自身器用さバフによる長期戦が持ち味。

10ターンのスコアアタックイベント等では上記の動きがオススメとなっております。

②突属性運用

突属性の場合はプリエペ→アクセルスナイパー+という運用。

ウェイクアップ運用に比べてずば抜けた性能ではありませんが、十分に一線級で、素早さバフによる回避戦法と相性◎!上記の表は器用さバフを考慮した運用ですが、回避戦法の場合は、初手からアクセルスナイパー+を撃っていった方が良いかも。

③ピンポイント回避戦法

基本プリエペでBPを溜めながら、ここぞというタイミングでムーランクラルテで敵の攻撃を確定回避するという戦法!

最近の例で言えば決戦サルーインのような3・5・7ターンのポイズンボグ→撃剣破のような予め強烈な攻撃が来ると分かっていれば、ファスト&確定回避が有効となり得ます!

ヒルダはプリエペで器用さデバフを上げながらBPを溜めて行けるので、BPは回避のために使うという戦法もブラウニーに比べ使いやすそうですね!

ヒルダの強い点

・器用さ依存の斬属性アタッカーは非常に貴重!その中でもダントツの火力
・突属性としてみても十分優秀!アクセルスナイパー+で回避戦法と相性◎
・プリエペでBPを温存しやすい。ここぞのタイミングで確定回避が輝くかも

イマイチな点

・突属性アタッカーとしてはそこまでズバ抜けた性能ではない
・聖王の勝利の歌バフの恩恵を受けられない
・範囲攻撃は円舞剣のみで周回適性はイマイチ

ヒルダ総評

器用さ依存のキャラですが、斬属性でないと真価を発揮出来ない変則的なスタイル。しかし、ハマった時の期待ダメージはハンパないですねw

器用さ依存の斬属性スタイル(対単体)は「にんげんおとこ」、「ちちおや」くらいで、しかもかなり限定的なので、ヒルダの独壇場と言って良いでしょう。

威力SS~SSS並の総ダメージ技をBP7で撃てるというのは驚きです!しかも複数回攻撃と違ってターゲットはランダムにならない、カウンターで中断もされないと、メチャクチャ優遇されている印象です。

突属性で運用では素早さバフによる回避戦法で高難易度クエスト(対単体)にも高い適性があり、コンテンツ別の汎用性も高いですね!

使いにくい点としては器用さ依存の小剣使いでありながら、斬属性を強要されるスタイルである事。そして範囲攻撃にはほとんど期待出来ないという事でしょうか・・・

前回の記事でお伝えしたコンテンツ別の適性では「スコアアタック」特化のキャラにカテゴリされるので、私自身の所感では確保優先度は高くありません・・・

キャラ評価のアップデート (banshaku-romasagars.com)

とは言え、非常に強力なスタイル。間違いなく今回の目玉だと思います。

いかがでしたでしょうか?

今回のヒルダは中々尖った性能でしたね!

聖王十二将も気付けば8/12まで実装!このままコンプまでひた走るのか?今後も注目です!

それでは今回はここまで!みなさま一緒にロマサガRSを盛り上げていきましょう!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です