【火傷じゃすまない女】ドール性能考察

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!晩酌です。

今回は現在開催中の「超発売記念ガチャ」。今回はヒューズ編の目玉の一つであるSSスタイル【火傷じゃすまない女】ドールの性能考察です。

【火傷じゃすまない女】ドール

ドールはサガフロンティアで登場した味方キャラ。

ヒューズと同じIRPOの隊員で、「ドール」とは本名ではなくコードネーム。

クールビューティーな見た目と性格からかこのように呼ばれている模様。

ブラッククロスのアジトを調査するために身分を隠して潜入捜査を行うなどのキレモノキャラですね!

ドールの武器種は銃。ロールはジャマー、陰術的性があります。

技・術構成

3種全てが新技!

・エイムショット

低コストで撃てる気絶付与(小)が目を引く性能!威力Cと人間特攻に関してはオマケという認識で良さそうですw

技構成的にオートで初手から使用出来ないのが若干残念ですが、手動で敵を1体1体気絶で処理していく・・・なんて使い方が出来るかも?

・パワースナッチ

HP吸収&腕力デバフ効果のある陰術。陰術扱いなので、陰威力付きの銃でなければ威力には期待出来ないので注意が必要です。

・闇夜弾

8-0-8運用可能な威力SS技。最近では珍しい性能でもありませんが、自身への器用さ&知力バフ(大)効果があり、以降の火力や気絶付与率を向上させる戦術を取る事が可能となりそうです。

アビリティ構成

最大の特徴となるのが新アビリティの「潜伏」。

味方全員が生存している状況ではドール自身が敵の攻撃を50%で回避するというアビリティ!

この回避は敵の攻撃の直接・間接関係無く発動するので、上手く行けばどんな攻撃でも回避する事が可能に!

使いこなすのは中々難しそうですが、上手くハマった時には、これまでに無い新しい戦略の一つになり得るかもしれませんね。

火力構成は勇健&オバテン。HP満タンであれば攻撃力には十分期待出来そう。

潜伏で上手く回避しつつければ高火力を維持出来るという構成ですね。

スタイル補正値(LV50時)

銃技を使う時の器用さ、陰術を使う時の知力ともに高水準!

また、知力が高い事でエイムショット時の気絶付与にも十分に期待出来そうですね!

運用方法

単体攻撃しか無いので、使い方は二択。

闇夜弾→エイムショット→エイムショット・・・という流れ。

スポンサーリンク

闇夜弾による知力バフで気絶の成功率も上がります。

オートではこの流れ。手動であれば、初手から気絶させたい相手を1体1体スナイプしていくと良いでしょうw

パワースナッチ→パワースナッチ→パワースナッチ・・・という流れ。

潜伏アビリティによる50%回避を目当てにした運用。

回避率は50%と高いものの。2回に1回は被弾するので過信は禁物・・・被弾時のダメージをパワースナッチで回復しつつ敵の腕力を下げてダメージを減らして行くという立ち回りになるでしょう。

ドールの強い点

・味方全員生存では回避率50%の潜伏アビリティ持ち
・低コストで撃てる気絶(小)技エイムショット持ち、知力の補正値も高い

イマイチな点

・範囲攻撃が無く、周回で使い難い。エイムショットはオートでは初手から使えない
・陰術威力持ちのSS銃が無いため、パワースナッチ運用の火力はイマイチ

ドール総評

このスタイルの評価ポイントは2点

・潜伏スタイルの有用性と
・エイムショットでの低コスト気絶付与

・・・に尽きます。

①潜伏の回避はヘイト枠に置いて敵の攻撃を一身に受けてもらう
②虎穴陣などの耐久戦法で被弾を少なくして倒され難くする

という使い方が考えられると思います。

①に関してはブラッククロス四天王との戦いで実戦してみましたが、正直な感想としては現実的ではないという結論です・・・

というのも、こんな使い方をするような難易度のクエストの場合、敵の攻撃をまともに食らうと最悪ワンパン・・・上手く耐えられても2~3発。

敵は1ターンに2~3回攻撃を仕掛けてくるので、回避率50%ではとても避け切れません・・・そして1~2回被弾すると気絶するほどの被ダメージ・・・パワースナッチで復帰するのは厳しいです・・・

また、ドール以外にターゲットが向けられ、他キャラがワンパンされてしまうと潜伏が解け、もはや丸裸状態・・・壊滅必至です。

3ターン程度くらいなら運が良ければ達成出来るかもしれませんが、それ以上になると実現性は極めて薄いと思います。

そして、虎穴陣の場合はある程度は被弾が前提となり、さすがに被弾=ワンパンとはなりにくいです(あくまで、なりにくい)

回避率50%はワンパンされない限りは大ざっぱに言うと被ダメを半分に抑えられると同義と捉える事が出来ると思います。

回避が安定してHPに余裕があればエイムショットで攻撃、被ダメを受けてしまったらパワースナッチで回復&勇健復帰を目指すという立ち回り。

エイムショットは打、パワースナッチは陰属性なので、敵の弱点によって使い分けるのが吉。

これは味方にも言える事で、ドール以外の誰かがワンパンによって倒れて潜伏が剥がされてしまう事もある程度防ぐ事が可能。

ただ、ドールが特別狙われるワケでは無いので、あくまで全体攻撃メインのボス戦に於いて倒され難いという程度に捉えておいた方が無難かもしれません・・・

エイムショットでの気絶付与に関してはオートではかなり使いにくいので、あまり考慮してなくても良いかもしれません・・・

この低コスト気絶付与が有効に思えるのが、大連戦や世界塔などの超高難易度の対複数敵戦。

相手の激しい攻撃を潜伏で回避しつつ、気絶耐性の無い敵をエイムショットでスナイプしていくという使い方。もしかしたら、この戦い方はかなり有効となるケースがあるかも?

しかし、実際にこの戦法が通用するかは未知数・・・このためにドールを確保というのは無理がありそう・・・

結論を言うと、潜伏を使った回避戦法も、エイムショットでの気絶付与に関しても投資的な立ち位置が非常に強く、ドールを単体で狙うというのはオススメ出来ないという評価に落ち着きました。

同時ピックアップのヒューズやコットン狙いでその間に来てくれたらラッキーですね。

運良くゲット出来れば、活躍出来るクエストが来る事に備えてHPを上げておきたい所。周回適性はかなり低いのでHP上げが大変、且つ、被弾によってやられない為にHPを上げておく事が重要なスタイルですw

いかがでしたでしょうか?

中々面白いスタイルなのですが、制約も結構大きいと感じる戦術ですね・・・

ドールだけでは無く、ステルス(レンのようなかばうキャラはNG)と組み合わせる事でドールに上手く注意を寄せたりすると使い勝手が変わってくるかも?

アビリティも多様になってきているので、単体ではなくパーティーで組み合わせる事で真価を発揮する!という事例もこれから増えてくるかもしれませんね。

それでは今回はここまで!みなさま一緒にロマサガRSを盛り上げていきましょう!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です