【最終任務を遂行します】T260G性能考察

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!晩酌です。

今回は現在開催中の2.5周年前夜際ロマンシングフェス。目玉の一つであるSSスタイル【最終任務を遂行します】T260Gの性能考察です。

【最終任務を遂行します】T260G

T260Gはサガフロンティアの主人公の中の1体。

戦闘兵器として敵軍の殲滅任務に向かう途中に敵からの攻撃によって撃墜され、長い間放置されていた所を、タイムという少年に発見されあり合わせのパーツを組み合わせて復活する事になります。

その際に任務の記憶(メモリー)は失われており、その任務を思い出す事、そして任務を遂行する事を目的として旅が始まります。

復元当時のT260Gはどこか愛らしい見た目ですが、今回は最終にして最強であるボディの「オメガボディ」スタイルで登場!これは完璧に戦闘兵器ですねw

T260Gの武器種は銃。ロールはアタッカーです。

佐賀県コラボスタイルのロールもアタッカーです。

佐賀T260G性能考察 (banshaku-romasagars.com)

技・術構成

・ビット射出

打・熱の単体攻撃をした後に溜め状態になる技。

カウント2の溜め行動後はサラウンドビットを選択する事が可能で、サラウンドビットの効果がかなり特徴的!

自身のBP+3回復すると共に、撃ったターンを回避状態にする事が可能となります!

BP+3の効果で。初手からビット射出を使った場合、4ターン目にコスミックレイヴでの高火力連携を使う事が出来ます!

また、サラウンドビットでの回避状態を利用して、特定ターンに強力な攻撃をする敵に対してサラウンドビットを合わせて回避するという選択肢も非常に有効だと思います。

・スターライトシャワー

打・熱の複属性全体攻撃!威力高めで8-0-8運用、0-8-8運用どちらにも両対応!

周回の汎用性も高そうですね!

・コスミックレイヴ

高威力の単体攻撃!最近の環境下で初手から撃てない上に、威力SSSと控えめな印象ですが、威力SSSカテゴリでは最高峰の威力の模様!

この技単体で使うというより、ビット射出+αからの4ターン目にトドメ的に使うという使い方が本命になるかも?

アビリティ構成

テンションⅤ&ウィークテンションの超火力構成!

さらにデトックスヒールで耐久力&状態異常にも強いと非常に完成度の高いアビリティセットな印象です!

スタイル補正値(LV50時)

圧巻の器用さ110%!アビリティで優秀な火力補正も持っているので、かなり高いダメージに期待出来そうです。

そして素早さも非常に高くなっています!

これはT260Gの運用と相性が良いと思っています。

具体的にはビット射出+αのサラウンドビットでの回避効果は敵に先制しないと意味が無いので素早さが高い事は非常に重要!

そしてスターライトシャワーでの周回運用でも使いやすいですね。

体力もディフェンダー並に高くなっていて、デトックスヒールでの回復力と合わせてしぶとく戦えそう。

技・術継承

佐賀限定SSスタイル

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-212.png

HA限定SSスタイル

Aスタイル

スポンサーリンク

全体攻撃一発運用の場合は敵の属性に合わせてびっくりソルジャーや、どっきりナイツを継承。

8-0-8、0-8-8、運用が必要ない2ラウンド制の場合はガタスプレットを継承すると良いでしょう!

運用方法

①4ターン火力運用

ビット射出→溜め待機→サテライトビット→コスミックレイヴ・・・という流れ。

かなりクセのある使い方ですが、威力A→行動無し→威力SS→威力SSSという強力な連携を使う事が可能!

さらに5ターン目にもう一度この4ターンセットプレイが可能となります!

また3ターンは敵に先制さえ出来れば攻撃を回避出来るので、最近の流行の3ターン目に強力な攻撃をしてくるというギミックにも対応出来そうです。

例えば現在の「激闘!ルートヴィヒ」で初手からビット射出で溜め、3ターン目のデマイズはサラウンドビットで回避、4ターン目でコスミックレイヴでダメージを稼いで、そのターンで全滅するという流れで、スコアアタックを素早く、且つ安定してダメージを与えるという事が可能になるかも?(属性相性が良くありませんが例え話で捉えて下さい)

欠点としてはこの運用の場合、4ターンセットプレイを2ループすると残りに撃てる技が無いので10ターンスコアアタックの場合残り2ターンのパフォーマンスは低めになってしまう所でしょうか…

②全体攻撃運用

コスミックレイヴがBP15に調整出来るため、スターライトシャワーの8-0-8での1・2ラウンドでの使用、0-8-8運用での2・3ラウンドでの使用両方に対応出来ます。

他限定スタイルを持っているなら、2ラウンド以降の全体攻撃一発屋で敵の属性に合わせてびっくりソルジャーや、どっきりナイツを使い分けると尚ヨシ。

2ラウンド編成のクエストではガタスプレットを継承するのも○!

③3ターン周期回避運用

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-92.png

個人的に注目しているのがこの運用!

初手からひたすらビット射出→溜め→サラウンドビットの流れを繰り返すという運用。

この運用の強みは3ターン周期でT260Gが回避状態になるという事!そしてビット射出→溜め行動は陣形での行動前防御効果を受けるという仕様があります。

そのため、1・2ターンは敵への先攻、後攻無関係で行動前防御効果を受け、3ターン目のサラウンドビットは敵に先制をする事さえ出来れば無敵状態。デトックスヒールでの回復も考慮すると、今までに新しい耐久キャラとして活躍する事が出来るのでは無いかと思います!

T260Gは素早さの補正値がかなり高いので普通であれば虎穴陣との相性は良く無さそうですが、この運用ならば問題無し!むしろ3ターン周期に関しては素早い方がより良い活躍が見込めそうです!

また、他にデットリーピアス改の①の位置、バレットシフトの⑤の位置とは器用さ補正も相まって非常に相性が良さそうです。

T260Gの強い点

・非常に高い器用さ補正値と火力アビリティで全体攻撃での周回の火力はTOPクラス
・デトックスヒールでのHP回復での高耐久と、状態異常に対しての強みが魅力
・クセは強いが攻守両面で使い道がありそうなビット射出での溜め連携持ち
・素早さが高いので周回で先制を狙う戦法でも、回避戦法とも相性◎。虎穴陣でもデメリットにならない

イマイチな点

・対単体への瞬間的な火力技が不足

T260G総評

使い難そうな点が目立つ第一印象でしたが、考察を進める内に非常に高いスペックを持ったスタイルなのでは無いかと感じました!

溜め連携はやはりとっつきにくさが前面に出てしまいますが、周回性能は高次元で担保されているので適性あるクエスト以外でも活躍する事は間違い無し!

デトックスヒールは状態異常が厄介な敵相手にはかなり頼りになると思いますし、最近多くなってきた強敵ボスの特定ターンの強力な技に対して回避を合わせるという戦法も代わりになるキャラはごく一部・・・それを火力を確保しつつ、前段階を防御しながら待機出来るというのは結構便利な選択肢なのでは無いかと思いました。

総称としては確保必須!とは言いませんが、取っておいて損は無いスタイルなのでは無いでしょうか?他の限定スタイルもありますが、持っていれば便利程度で無いと困るレベルでは無いのも好印象!

先出しすると、このT260G以外にも他ピックアップも優秀な粒揃いガチャなので、特定スタイルに固執せずに4体の内1~3体を狙う。のように目標と決めてガチャを引くのは全然アリだな!と感じたガチャです!

いかがでしたでしょうか?

まだまだボディに種類があるのに、最終形態のオメガが実装されてこれからどうするのだろうと若干不安になってしまいましたw

低レア等でも良いので、他のボディも補完していって欲しいですね・・・

それでは今回はここまで!みなさま一緒にロマサガRSを盛り上げていきましょう!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です