【なぜ私の時を動かした】時の君性能考察

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!晩酌です。

今回は現在開催中の2.5周年前夜際ロマンシングフェス。目玉の一つであるSSスタイル【なぜ私の時を動かした】時の君の性能考察です。

【なぜ私の時を動かした】時の君

時の君はサガフロンティアで登場した味方キャラ。

上級妖魔と評される事が多い彼ですが、実は下級妖魔で、努力によって上級妖魔並の力を手に入れた秀才キャラ。

上級妖魔に言わせると、努力をする事などは上級妖魔のする事では無いとの事・・・

時を操るというあまりにも強力な術を極めた事で、自身の術が危険である事に気付き、自身の時を止めて時術を封印していましたが、主人公によってまた、止まっていた時が動き出す事になります。

時の君の武器種は杖。ロールはジャマー、陰術適性があります。

技・術構成

・ディレイオーダー

素早さデバフの補助術!効果が(中)と高く、息切れせずに撃ち続ける事が可能!

しかも、この術は敵の精神の高さによらずに確定でデバフ付与という強力なデバフ効果を持っています!

ただ、注意点として補助術なのでオートでは使用しません。また、デバフ効果が技ランクに応じて高くなるので技ランクを上げる必要あり・・・補助術の技ランク上げは苦行の域なので覚悟が必要ですw

・タイムフロウ

威力Aの陰属性術で攻撃しつつ自身の素早さを上昇させる術。

小剣のアクセルスナイパー+に似た性能ですが、自身への素早さバフ効果は(中)と高くなっています!

素早さを上げて敵の攻撃を回避するという回避戦法と相性が良さそうですね。

・カオスストリーム

ワンチャン時の君の最大の魅力かも?なんと全体に対する気絶付与術!

全体への気絶付与攻撃はアルベルトの王者の剣以来ですが、カオスストリームは連発出来ないものの、術士が使う全体気絶付与という事で非常に注目されています。

初手から撃つ事が可能なので、任意のタイミングで全体を気絶で一掃したい時に強力な選択肢となるでしょう!

アビリティ構成

クロックアップが新アビリティ!

これはラウンド開始時に味方全体の行動順補正を上昇させるという特殊なアビリティ。これまでは陣形配置に付属効果としてあるものでしたが、アビリティによって付与するという選択肢がふえました!

行動順補正はその名の通り、当該ターンで行動する順が早くなるという事で、純粋に敵に先制しやすくなるという事です!

効果的に陣形補正値無しの位置でも素早さ+50%と同等の行動順になるようで、素早さ補正値がかかる陣形位置であれば、度を超した高難易度で無い限り、先制する事は容易でしょう!

ただ注意点としては、素早さが上がるワケではないので、体術の威力が上がったり、敵の攻撃を回避しやすくなったりという効果はありません。あくまで行動順が早くなるのみです。

他は火力のオーバーテンションと、回避アビリティの幻影。

幻影に関しては、素早さのバフやデバフで回避が安定するまでは幻影での回避を願い、十分に弱体化が完了したらお役御免といった感じでしょうか?

スタイル補正値(LV50時)

知力が非常に高い!やはり本命となるのはカオスストリームでの全体気絶付与でしょう!

スポンサーリンク

気絶付与率(小)といえど、これだけ高い知力であれば気絶に耐性が無い敵に気絶付与を失敗する事はほとんどないでしょう!

回避戦法向きの術・アビリティ構成ですが、時の君自体の素早さ補正値は決して高くありません・・・あくまで十分にバフ・デバフを重ねてから回避を安定させていくという戦い方になるでしょう。

運用方法

知力は高いものの、単体には威力Aの術のみ、全体は高コスト術のみなので、純粋にダメージに期待して運用する事はほぼ無いと言って良いと思います。

あくまでジャマーとしての役割に徹底すべきでしょうね!

①素早さデバフ運用

手動でひたすらディレイオーダーを使って素早さを下げていく運用。

ディレイオーダーは息切れせずに素早さデバフをかけ続ける事が出来ます。

素早さデバフ効果(小)と(中)比較。【技・術ランク99時】

(小)では-15%、(中)では20%とやはり重ねるごとに差が開いていくイメージ。回避が安定するターンを早める事にも期待出来ますし、毎ターンかけ続けられる素早さデバフ術自体が貴重!そして効果(中)は唯一無二です!

ただ、この効果を得るためには手動でひたすら技ランクを上げる必要があります・・・この修行とも言える苦行に耐えた者のみが、強力な素早さデバフ効果を得る事が出来るのです!

②素早さバフ運用

コチラはタイムフロウで自身の素早さを上げるという運用。聖王の勝利の歌などの味方全体素早さバフと合わせて、回避を安定させるという戦い方。

ディレイオーダーを重ねると敵が弱体解除をしてくるというクエストの場合は、適度のディレイオーダーをかけた後にタイムフロウで自身を素早さバフさせるという使い方が有効になるケースもあると思います。

③全体気絶運用

カオスストリームでの全体気絶運用!基本的には一発屋ですが、99%の知力補正値から放たれる全体気絶は耐性無しの敵にはほぼ必中と考えて良いでしょう!

イベントでの2ラウンド編成であれば半分は時の君のみで突破可能!

1/3ラウンドとしても有効に活用出来るケースは非常に多いと思います。

行動順調整や、ファスト技と組み合わせる事で快適な高速周回の方法が広がりそうです!

時の君の強い点

・敵の精神によらず、確実に素早さデバフ(中)を付与するディレイオーダー持ち
・タイムフロウで攻撃しつつ素早さバフをかけられる
・ラウンド開始時味方全体の行動順補正を上昇させる
・知力99%での全体気絶付与のカオスストリーム持ち

イマイチな点

・高難易度では弱体破り、強化破りで無効化される恐れがある
・火力にはあまり期待出来ない
・虎穴陣や、行動前防御効果陣形との相性が悪い

時の君総評

高難易度に特化した素早さバフ・デバフ付与役!

回避戦法との相性バツグンで、回避戦法が有効な敵に対してはめっぽう強いというスタイルですね。

最近の高難易度は弱体解除・強化解除がデフォルトになっているので、時の君がいれば全ての対応・・・とは言えませんが、世界塔の高層では弱体解除や強化解除が無いので世界塔の攻略を目指している人にはかなり魅力的に感じるのではないでしょうか?

また、ラウンド開始時の味方全体行動順補正上昇も周回での先制を取りやすくする事で高速周回を安定化させたり、高難易度で敵に先制をとってバフ・デバフを早い段階でかけたりと幅広い活躍が出来そうです!

素早さバフ・デバフが有効であれば、間違いなく先発起用されるスタイル。さらに全体気絶という周回要素も兼ね備えているので、汎用性も中々のモノ!

最近追加された裏道場の死合い・五はかなりHPが高く、長期戦を強いられますが、気絶が有効な敵をほぼ確実に一掃出来るのでデイリー消化が快適になるでしょう!ただ、そのために確保する・・・というのは現実的ではないでしょうw

個人的には今回のガチャの中では最もユニークなスタイルだと思っていて、即戦力&投資的立ち位置で見ても引きに言って損は無いと評価しています!

いかがでしたでしょうか?

時術を操るという観点から素早さに関連の術が多かった今回のスタイル。

原作で強力だったタイムリープやオーバードライブを持ったスタイルは追加されるのか?今後にも要注目のキャラですね!

それでは今回はここまで!みなさま一緒にロマサガRSを盛り上げていきましょう!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です