【今度は自分の手で】ジェラール性能考察

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!晩酌です。

今回は現在開催中の2.5周年記念ロマンシングフェス。目玉の一つであるSSスタイル【今度は自分の手で】ジェラールの性能考察です。

【今度は自分の手で】ジェラール性能考察

ジェラールはロマサガ2の序盤で、主人公という立ち位置の「皇帝」として操作する始めての皇帝。

実際は父のレオンが開始時の皇帝ですが、実質チュートリアルキャラであり、本格的に物語りが動き始めるのはこのジェラールが皇帝となってからです。

ロマサガ2を象徴するキャラクターの一人ですが、実は能力的にイマイチだったという原作準拠になっているのか、定期的に新スタイルが出る割りには活躍の機会には恵まれていなかった印象・・・

今回、ちょっと残念な印象を覆す事は出来るのでしょうか?

ジェラールの武器種は剣。ロールはアタッカー、陽術適性があります。

螺旋限定のSSスタイルのロールもアタッカーです。

【皇帝は皆と共に】ジェラール性能考察 (banshaku-romasagars.com)

技・術構成

・陽閃

低コストの斬・陽の全体攻撃!これは剣技扱いなので、ダメージは腕力依存です。

・不動剣・光

ディレイ&挑発効果を持った威力SSS技。基本的にこの技を性能目的で使う事は少ないかもしれません・・・

・ギャラクシィ

ついに来ました!ギャラクシィ!!ロマサガ2で最高位の光術の全体攻撃!

BP18~15とクソ重ですが、全体攻撃威力SSと非常に強力!

威力的には2.5周年ポルカ・リズが持っていた自傷全体攻撃と同威力の模様。自傷のリスクは無い分、ファスト効果を持っていないので行動順調整には若干の工夫が必要です。

また初手からは撃てないので、不動剣・光で行動させずに2ターン以降に使うのがセオリーとなるでしょう。

ギャラクシィは陽術扱いなので、光術威力持ちの「銀鏡刀」を装備させましょう!

アビリティ構成

前回紹介したヘクター同様に闘練昇攻Ⅱ持ち!これによって初ターンから不動剣(行動せず)→ギャラクシィという行動を安定させる事が可能に!

そして、皇帝のお家芸、皇軍アビリティの新作、皇軍追撃!今度は一気呵成にラウンド開始時1ターンのみ全体火力を底上げ!

そして弱点を突くと高い火力補正がかかるウィークテンション。今回のジェラールはかなり攻撃的ですね!

スタイル補正値(LV50時)

腕力・知力ともにかなり高くなっていますね!螺旋スタイル以降、魔法剣士(←サガでは術ですが・・・)の印象が強くなってきました。

それ以外は取り立てて目を引くようなステータスは無しw

スポンサーリンク

技・術継承

螺旋SSスタイル

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-149-1024x87.png

配布SSスタイル

恒常SSスタイル

Sスタイル

斬属性弱点の敵相手に対して周回する場合は残像剣+を継承。

フラッシュファイアは陽閃と技威力は同等ですが、知力の補正値の方が高いので、若干ダメージは上。この場合も光術威力付きの「銀鏡刀」の装備が必須です。

運用方法

基本的にジェラールはアビリティ構成からみて短期決戦向き。そして対単体攻撃も実戦的な技・術を持っているとは言いがたいので全体攻撃での周回用として見ていくのが無難だと思います。

①複数ラウンド全体運用

・対斬属性弱点:残像剣+→陽閃→陽閃or残像剣+→行動せず→残像剣+という流れ。
・対陽属性弱点:フラッシュファイア→陽閃→陽閃orフラッシュファイア→行動せず→フラッシュファイア・・・という流れ。

ウィークテンション持ちのジェラールですので、敵の弱点属性に合わせて運用方法を適宜使い分けしましょう!

②ギャラクシィ一発屋運用

これが本命でしょう!

初手、不動剣・光のディレイで他のキャラで殲滅して貰いジェラールは行動せず、2ラウンド以降は超強力なギャラクシィをぶっ放す運用。

ギャラクシィをぶっ放した後はBP空っぽになるので、完全に一発屋です(一応失礼剣や、二段斬りは撃てますがw)

ギャラクシィをBP16以上に設定すれば、不動剣・光(行動せず)→ 不動剣・光(行動せず) →ギャラクシィと対3ラウンド用に調整も可能。

ジェラールの強い点

・斬or陽属性の全体攻撃手段が豊富で、火力アビリティも高い
・2ラウンド以降で強力な陽属性の全体攻撃ギャラクシィ持ち
・ラウンド開始時、味方全体の火力を底上げする皇軍追撃持ち

イマイチな点

・対単体運用が使い難い
・基本的に周回がメイン
・ギャラクシィは陽属性のみ

ジェラール総評

強力な周回性能を携えたジェラール陛下の帰還!

火力アビリティが豊富で、全体攻撃も安定して撃てるので、周回性能はバツグン!

本命となるギャラクシィの威力も強烈なので、ギャラクシィでラウンド1発処理も十分現実的でしょう!

ただ、やはり周回に傾いたスタイルですので、手持ちが整っている人にとってはどうしても優先度は低くなってしまうと思います・・・

対単体攻撃も威力は高いものの、ディレイ付で使い難い不動剣・光のみ・・・長期戦向きのスタイルでも無いので、対単体戦で一軍を勝ち取るのは難しいでしょう。

今回のガチャはアレも出来るコレも出来るというスタイルが多い中で、全体周回しか第一線級を張れないという性能ではちょっと見劣りしてしまう・・・というが正直な感想ですね・・・

いかがでしたでしょうか?

ちょっと厳しめな評価になってしまいましたが、周りが強烈すぎたというのも要因にあるでしょうね・・・単純にギャラクシィという一芸を持って来た分、使われるケースは増えていくと思います。

それでは今回はここまで!みなさま一緒にロマサガRSを盛り上げていきましょう!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です