【海賊船は沈めちゃえ!】セルマ性能考察

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!晩酌です。

今回は現在開催中の佐賀県コラボガチャ第2弾。(ナハトズィーカー編)目玉の一つであるSSスタイル【海賊船は沈めちゃえ!】セルマの性能考察です。

【海賊船は沈めちゃえ!】セルマ

久々登場のセルマ!エンペラーズサガでは主人公格のキャラなので、佐賀魂での実装は意外・・・また、初のブッチャーとセットでは無いガチャ実装となりましたw

一応テキスト上では絡みがあり、ブッチャーの海賊船を沈めようとしているようですwしかも結構な笑顔でw

イラストは車掌ロックブーケと似ていると一部で話題になりましたが、エンサガでの二人の関係上、似通った点が多いのもある意味うなづけるのかもしれませんね!

セルマの武器種は小剣。ロールはアタッカー、水術適性があります。

プラチナ限定SSスタイルの性能考察はコチラ↓↓↓

プラチナセルマ性能考察 (banshaku-romasagars.com)

技・術構成

・バックプロッド

低コストで撃てる突属性攻撃!威力は特に高いワケではありませんが、自身への器用さバフ効果もあり継続火力に期待出来ます!

・楠花咲き

今回のセルマの目玉とも言える技!威力A技で攻撃&自身への器用さバフを付与し、さらにバックプロッドで確定追撃するというシロモノ。

追撃のバックプロットにも器用さバフ効果が付与されるので、楠花咲きで器用さバフ25%→25%を付与します。さらに追撃のバックプロットは25%バフを受けた状態で攻撃。

威力A→Dの連撃だけも強力なのに、大量の器用さバフ・・・長期戦火力が凄い事になりそうです!

・発進!凌風丸

高威力の全体攻撃!突・打複属性で周回時の汎用性も高そうですね!

アビリティ構成

霊銀の壁が新アビリティ!

攻撃を受けた時に被ダメージを100%カット!回数が3回に増えており、白銀の皇帝が持っていた銀の壁の上位互換です。

ワンパンされてしまうような強烈な攻撃も確実に防ぐ事が出来ますが、堅城鉄壁と同じく状態異常は防ぐ事が出来ない点には注意。

効果の高い勇健強撃を維持しやすいので、相性が良いアビリティ構成と言えそうです。

アビリティは勇健で+30%、テンションで20%。HP満タン状態であれば50%と強烈。バトルハイテンションによって楠花咲き2連発、発進!凌風丸 を初手から撃つ事が可能です。

スタイル補正値(LV50時)

器用さ全体的に見てもTOPクラス!素早さも非常に高く、勇健を活かした先制攻撃や、回避戦法とも相性良さそう。

攻撃が当たらなければずっと勇健ですからねw

技・術継承

プラチナ限定SSスタイル

スポンサーリンク
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-32.png

水着限定SSスタイル

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-103.png です

GW限定SSスタイル

Sスタイル

特に継承する必要は無さそうです。

一応、アクセルスナイパー+で自身素早さバフをかけて、霊銀の壁が有効な内に回避を安定させるというような使い方も出来るかも?当たらなければずっと勇健ですからね(←デジャヴ)

運用方法

①全体攻撃運用

全体攻撃運用はスティングレイや円舞剣+等ありますが、技構成的に発進!凌風丸の一発屋運用になりそうですね。

②単体運用

楠花咲き→楠花咲き→バックプロット・・・という流れ。

3ターン火力は最強だった、佐賀コーデリアを若干ですが、超えています!コーデリアの突属性最強の座は一週間強で終焉でしたw

ただ、3ターン間勇健発動が最低条件で、ほぼ誤差と言える程度。小剣と槍で武器種が違う事から共存も可能でしょう。

初手から2連続楠花咲き以降はバックプロット×2→楠花咲きという流れに。

バフの推移は下記。実際に攻撃時に受けられるバフ量は黄色で表示してあります。

ちょっとわかりにくく、申し訳ないですが・・・

上記の流れの場合、10ターンでBPが余るので、後半に楠花咲きを回した方が良いでしょう。

この運用の場合、後半に勇健を維持するのは困難だと思われるので他キャラのサポート等が必須になると思われます・・・

セルマの強い点

・器用さ依存突属性No.1アタッカー!
・攻撃ごとに器用さバフがかかり、継続火力も高い
・攻撃を3回被ダメ0でに出来る霊銀の壁持ち。勇健アビリティと相性◎

イマイチな点

・勝利の詩の恩恵が受けられない
・霊銀の壁が終わった後、勇健を維持するのが困難
・初手から瞬間的な火力は出しにくい

セルマ総評

短期戦超火力と自身への器用さバフ積み上げで長期戦火力も非常に強力な火力オバケスタイル!

3回被ダメを0に出来る霊銀の壁によって、ある程度は高難易度にも対応可能でボス戦では幅広く活躍してくれそうです!

長期戦で勇健を維持するのは困難ですが、その分を自身での器用さバフで補っていくというコンセプトになるでしょう。

懸念点としては長期戦では、まだまだ勝利の詩環境・・・勝利の詩では器用さバフがかからないので、自身の器用さバフのみで戦い続ける必要あり・・・

逆に勝利の詩の恩恵が受けられないからこそ、これだけの自己バフが得られるという設計なのかもしれませんね。

強力なスタイルではあるものの、対ボス戦周回orスコアアタック向きキャラなので、必須性という点ではそこまで重要ではないかもしれません。

実際火力キャラがTOPで居られる期間はドンドン短くなってきていますからね・・・

いかがでしたでしょうか?

最近の火力アタッカーのスペックを見ているとインフレの加速具合を感じますねw

アタッカーに関しては慎重に判断していく必要がありそうです・・・

それでは今回はここまで!みなさま一緒にロマサガRSを盛り上げていきましょう!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です