【遙かな時の流れを越え】イスカンダール性能考察

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!晩酌です。

今回は現在開催中の佐賀県コラボガチャ第2弾(ルビィ編)。目玉の一つであるSSスタイル【遙かな時の流れを越え】イスカンダールの性能考察です。

【遙かな時の流れを越え】イスカンダール

イスカンダールはアンサガの主人公では無いものの、アンサガの世界にとって非常に重要な人物。

今の時代から1000年前に世界を救った英雄で、子供に彼の名前をつける人も多いのだそう・・・

世界を救った後に、別次元へ旅立ち、別次元にいる間は不老不死という完全チート性能となる「アンリミテッド」という秘術を施されていますが、その圧倒的な力を自覚しているため、普段は一般人と同じ振る舞いをしています。

しかし、自身が元いた世界が終末の危機に瀕している事を知り、アンリミテッドの恩恵が受けられない事を知りながら世界の危機を救うために主人公を助けます。

イスカンダールの武器種は剣。ロールはアタッカーです。

技・術構成

・大楠の太刀

息切れせずに撃ち続けられる自己回復攻撃。長期戦での高耐久に期待出来そうです。

・岩流剣

斬・打複属性の全体攻撃!

・黄龍剣+

練達済で習得!威力が上がり、効果が非常に長いモラルアップ効果が付与されています!

アビリティ構成

闘者の力が新アビリティ!

毎ターン開始時に腕力バフと、効果1ターンのみの防御効果特大効果を付与するというアビリティで、アポロンが持っていた「比類なき魔力」の腕力バージョンですね!攻守共に優れた高性能なアビリティです。

そして能力必陽(腕力、精神)持ち。闘者の力と併せて15%+15%の計30%腕力バフが毎ターンかかり続けます!

また、精神バフによって、敵の状態異常への耐性にも来た出来そうですね。

バトルハイテンション持ちで、岩流剣の2連続使用・黄竜剣+を初手から撃つ事が出来ます。

スタイル補正値(LV50時)

腕力、体力、精神が非常に高く、長期戦に適性のあるキャラである事がわかりますね!

スポンサーリンク

技・術継承

威力の高い天地二段+、通常攻撃の代わりになる追突剣とそれぞれ使い分けていくと良いでしょう。

運用方法

①全体運用

岩流剣→岩流剣・・・という流れ。

斬・打複属性の全体攻撃2連続!イベント等の2ラウンド性クエストと相性○!

②単体運用

初手では黄龍剣+を撃った後に、オートでは通常攻撃→天地二段+のループ。手動の場合は追突剣でBPを溜めて、再度、黄龍剣+を撃っていくパターン。

黄龍剣+にはモラルアップ5ターンが付いているので、長期戦に有利!

毎ターン腕力バフがかかるイスカンダールと相性が良さそうです。

腕力バフの推移は上記の通り。ターン開始時にバフがかかるので、バフを最大限活かした状態で攻撃出来ます!

通常攻撃→天地二段+のループダメージは上記。かなり高いダメージを出しているのが分かります!挙動自体は地味ですが、イスカンダール自体のスペックが非常に優秀なのがわかりますね!

手動前提ですが、追突剣→黄龍剣+ループだと、2ターン以降、黄龍剣+のモラルアップを維持した状態で戦う事が可能に!

最終的なダメージは天地二段+を上回る結果となりました。

③自己回復

黄龍剣+を撃った後は大楠の太刀で自己回復。闘者の力による防御強化特大でかなり撃たれ強く立ち回れるでしょう!

イスカンダールの強い点

・闘者の力、能力必陽で長期戦では火力・耐久共に非常にバランスが高い
・使い易い全体攻撃で周回適性も高い

イマイチな点

・瞬間的な火力を出す方法は乏しい

イスカンダール総評

短期決戦から高難易度での長期戦まで、非常に完成度の高いキャラです!

闘者の力はアポロンの比類なき魔力で、その堅さと長期戦での活躍は実証済。さらに、自身でHPを回復する手段も持っているので、打たれ強く立ち回るとともに、火力を確保出来るので敵の攻撃が激しいスコアタックで真価を発揮しそうです!

唯一性のある戦い方が出来るキャラではありませんが、これだけ高い完成度を誇っているキャラなので、持っていて損は無いでしょう。正直文句を付ける所がほとんど無いです。

アン佐賀魂ガチャのラインナップの中では目玉的なポジションだと思いますね!

いかがでしたでしょうか?

さすがはアンサガでは絶対無敵のチートキャラといった所でしょうかw

設定にみあった性能に仕上がっている印象を受けました。

それでは今回はここまで!みなさま一緒にロマサガRSを盛り上げていきましょう!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です