【生死の選択】レオニード性能考察

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!晩酌です。

今回は現在開催中のロマンシングフェス。目玉の一つであるSSスタイル【生死の選択】レオニードの性能考察です。

【生死の選択】レオニード

レオニードはロマサガ3で登場した味方キャラ。原作で登場した時は吸血鬼としての登場でしたが、今回はその遙か昔。魔王によって吸血鬼に変えられる前の姿という事で人間の姿で実装です!

金髪での登場だったので、ミカエルと見違う人が多数・・・ミカエルは2年以上SSスタイルが実装されていないので、待っていた人には肩すかしのように感じたかもしれませんね・・・

レオニードの武器種は体術。ロールはアタッカー、陰術適性があります。

新プラチナ限定スタイルの性能考察はコチラ↓↓↓

【我が力を欲すると?】レオニード性能考察 (banshaku-romasagars.com)

属性耐性値

今回のレオニードは人間当時の実装のため、従来の吸血鬼スタイルが持っていた熱・陽弱点と陰属性への耐性が無くなっています。

技・術構成

・ターンステップ

低コストの打属性全体攻撃。シンプルな性能ですが、BPを溜める事も出来るので使い易い技と言えそうです。

・フェイタルロンド

高威力の打属性単体攻撃!

・ローゼンワルツ

初手から撃てる威力Aの全体攻撃!

今回のレオニードが持っている技は非常にシンプルな内容です。ただ、アビリティが凄い!

アビリティ構成

薔薇の早業はHPが満タンでは無い状態で攻撃技・術を使用するとスライトハンドで追撃するというシロモノ!

スライトハンドは打属性の威力C攻撃で、さらに器用さデバフと自身へのHP回復極小させる追加効果を持っています。

一見HP満タンでは無い状態・・・がネックになりそうですが、戦慄の宴アビリティのデメリット効果によって毎ターン開始時に最大HPの10%ダメージを受けるので、実質毎ターンHP満タンでは無い状態となります。

自傷ダメージはネガティブなイメージが付きやすいですが、そのダメージはスライトハンドのHP極小回復でほぼチャラに出来るので、デメリットになりません。

火力アビリティは戦慄の宴のみですが、上述のデメリットの恩恵で火力補正は+40%と高水準!

さらに、吸練の波動は攻撃後に約25%で味方全体にBP+1を付与するというアビリティ!

25%だけだとちょっと物足りなさを感じるかもしれませんが、このアビリティ効果はレオニードの技と、スライトハンドの追撃どちらでも抽選が受けられるので、期待値的には50%程になります。運が良ければ2回とも発動する事も・・・

まさに全てが噛み合った、神ってるアビリティ構成!ここまで完成度の高い構成はお目にかかれないと思います。

スタイル補正値(LV50時)

体術アタッカーに必要な腕力・素早さ共に非常に高くなっています!

知力が高いのはスライトハンドでの器用さデバフ付与のためでしょう。

体力が低いので撃たれ弱い印象がありますが、総合的に見てかなり優遇されたステータス補正値の印象です。

スポンサーリンク

技・術継承

新プラチナ限定SSスタイル

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-132.png

1.5周年SSスタイル

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-57.png

旧Pt限定SSスタイル

Sスタイル

Aスタイル

対単体運用時はブラックパールを継承、全体運用時は練気拳を継承すると良いです!

運用方法

①全体攻撃運用

ローゼンワルツ→ターンステップ→練気拳・・・という流れ。

上記の流れで、ひたすら全体攻撃可能!吸練の波動の発動次第では、再び次に練気拳を撃つまでの周期が短くなります。

シンプルな運用で使いやすいですが、高速周回ではスライトハンドの追撃の演出が若干長いのが玉にキズ・・・

②体単体運用

フェイタルロンド→ブラックパール・・・という流れ。

フェイタルロンド→通常攻撃→フェイタルロンドという流れも可能ですが、通常攻撃の場合スライトハンドの追撃がされないのでこの運用は論外ですw

ブラックパール→追撃を連打しながら、吸練の波動でBPを溜めて再度フェイタルロンドを狙いましょう。

ブラックパールは威力Eの2回攻撃で、実質威力A並。さらにスライトハンドの追撃もあるので、継続火力は打属性中最高峰を誇るのでは!?

レオニードの強い点

・デメリットがあるが、それぞれのデメリットを打ち消し合うアビリティ構成が非常に強力!
・技さえ使えば追撃で発動するスライトハンドが強力!器用さデバフ&HP回復極小効果も有能。
・追撃込みで単体継続火力は超優秀!全体攻撃完備で周回性能も

イマイチな点

・新プラチナスタイルのブラックパールが無いと真価を発揮出来ない
・高速周回ではスライドハントの追撃演出が若干長い

レオニード総評

メンテ明けでサラッと性能を確認した時点では、結構強いかな?くらいに感じいたんですが、見れば見るほど結構トンデモないスタイルなのでは?と感じ始めましたw

特に噛み合いすぎてデメリットがデメリットになっていない、美味しいところだけ持って行ってるようなアビリティ構成と結構盛られているステータス補正値が輝いています!

実は今回のガチャの中の最大の目玉である可能性が・・・?

基本的には火力担当ではあるのですが、味方全体BP付与役としても非常に優秀!

これまでのBP付与役は火力を犠牲にしつつの付与が多かった印象ですが、レオニードの場合バリバリ高火力アタックしつつBP振りまきなので、パーティー全体の総ダメージに大きく影響を与えそうです。

超が付くような高難易度には対応出来ないかもしれませんが、難易度Romancingくらいなら十二分に対応してくれる程のスペックは持っていると思います。

ブラックパールを持っていないと継続火力がイマイチになってしまいますが、いつか引けるハズという希望を込めて確保しておいても悪くないかな?(←ちなみに私、まだ旧プラチナゼノンが引けていません・・・それくらい沼る可能性があるのが闇鍋プラチナガチャ・・・)

いかがでしたでしょうか?

吸血鬼よりも人間の時の方が強かった?説が提唱されたレオニードw

後はいい加減そっくりさん疑惑のミカエルの新スタイルを出してあげて欲しいと感じました・・・

それでは今回はここまで!みなさま一緒にロマサガRSを盛り上げていきましょう!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です