【空術の守護者】麒麟性能考察

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!晩酌です。

今回は現在開催中のサガ魂ガチャ。目玉の一つであるSSスタイル【空術の守護者】麒麟の性能考察です。

【空術の守護者】麒麟

麒麟はサガフロンティアに登場する味方キャラ。「時の君」が資質を持つ、時術と対となる「空術」の資質の持ち主。

空術の資質は一人にしか持つ事は出来ないとされていて、基本的には麒麟を仲間にするか麒麟から術を購入するかの選択を迫られますが、ブルー編ではブルー自身がより多くの資質を集めているという目的を持っているため、麒麟を倒す事で資質を奪い取る。という残酷なストーリーが展開・・・

ただ、全体的に時術の方が強いため、ブルーの餌食になるのは時の君である事が多い印象ですw

麒麟の武器種は体術。ロールはサポーターです。

属性耐性値

麒麟は陽・陰属性に若干の耐性を持っています。

技・術構成

・グラビティホールド

打属性の低コスト全体攻撃!さらに素早さデバフ効果を付いています!

これまではかなり貴重な存在の全体素早さデバフ技でしたが、最近相次いで実装されていますねw

この技・・・というか、麒麟が持っている技は全て体術技特殊タイプ(知)なので、火力に依存するステータスは知力という事を覚えておきましょう!

・ヴェイパーブラスト

威力S消費BP7の単体攻撃!浮遊特攻を持っていますが、そこまで目を引く性能ではないというのが正直な印象です。

・リバースグラビティ

初手から撃てる高威力の打属性全体攻撃!オマケで全体スタン効果付きです!

アビリティ構成

麒麟の知恵と、麒麟の空間が新アビリティ!麒麟の~と付いている分、ユニークアビリティっぽいですねw

麒麟の知恵はターン終了後に自身のHP極小回復とBP+1。さらに自身にかけられたデバフ効果を解除するという性能。発動自体は毎ターン確定!

麒麟は毎ターンHP回復、実質BP4回復。そしてデバフが蓄積しないという強みがあります。(当該ターンのデバフは受ける)

実質BP+4である事でグラビティホールドを息切れせずに撃ち続ける事が可能です!

麒麟の空間はターン開始時に確率中で味方全体の知力・精神を上昇させるというモノ。中~長期戦で有効となってくるケースはあるかもしれませんが、確率自体は高くないので、このアビリティを目当てに編成するのは厳しいかもしれません。

火力アビリティはありませんが、鉄壁Ⅵを持っていて、麒麟の知恵によるHP回復効果もあるので、耐久力にも期待出来そうです。

スポンサーリンク

スタイル補正値(LV50時)

素早さと知力が非常に高くなっています!

SLV込みで精神も高いため、敵の妨害攻撃への耐性にも期待出来るかも?

上述しましたが、麒麟が使用する技は体術技特殊タイプ(知) なので、知力(+)の体術武器がオススメ・・・なのですが、錬成では知(+)を選択出来ないのがちょっと残念ですね・・・

運用方法

麒麟は火力アビリティが無いので、アタッカーとして採用する事はほぼ無いでしょう。

使用する場合はグラビティホールドをメインとした全体素早さデバフ運用になりそうです。

最近は全体素早さデバフ技はある程度揃ってきましたが、麒麟は鉄壁&麒麟の知恵による自己回復がある事で耐久力が高く、相手を無力化させるまでに壊滅させられる可能性があるような対超高難易度での全体素早さデバフ役として重宝する可能性あり!

世界塔や大連戦クエストのザコ階層が適性クエストとなりそうです。

麒麟の強い点

・高い知力で撃てる息切れしない全体素早さデバフのグラビティホールド持ち
・鉄壁Ⅵ&麒麟の知恵によって耐久力が高く、デバフをターン終了時に解除出来る。

イマイチな点

・火力面は期待出来ない。錬成武器に知(+)を選択出来ない
・基本的に役割は素早さデバフのみ

麒麟総評

耐久力が魅力の全体素早さデバフ担当スタイル!

最近は佐賀メイレン、ロビンガール、ボラージュ等の全体素早さ役が相次いで実装されていますが、耐久力が高く、麒麟自体が非常に素早いので、他の素早さデバフ担当よりも早期に回避が安定しやすくなりそうです!

また、デバフが蓄積しないという特色を持っているので、デバフを多用してくるギミックのクエストにも対応できそう。

ただ、まだこのスタイルしかなく技が不足している状態・・・

全体素早さデバフ役としては全スタイル中でもTOPクラスの性能と言えますが、麒麟で使うのはほぼグラビティホールドのみになりそうで、素早さデバフしか担当出来なさそうです・・・

全体素早さデバフが出る度に言っている気がしますが、この枠は2体までなら腐らないと思っています。

足りていなければ積極的に狙って行って良さそう!

逆に言えば、最近の多く追加された事で2体を超えるようであれば無理して取りにく行く必要は無いかもしれません。

対単体ボス戦であれば、代用出来るスタイルが多くなりますし、直近の環境下ではデバフのみでは対応しにくくなっています・・・

麒麟を狙うか否か判断するには世界塔のようなコンテンツに対しての備えという立ち位置でしょうか?

コチラ側のステータスを上回るような調整がされている複数敵クエスト「世界塔」や「大連戦」コンテンツでは他スタイルでは代用出来ない活躍が期待出来そうです。

ただ、その備えが必須かというと中々判断が難しいというのが本音・・・

個人的には、今は判断は急がず、期間いっぱい様子を見てから判断するのが良いかもしれませんね!

いかがでしたでしょうか?

非常に有用な全体素早さデバフ役ですが、最近の高難易度コンテンツの流れと逆行する印象もありますね・・・

高難易度コンテンツが新しいステージに (banshaku-romasagars.com)

このスペックを活かすには世界塔や伏魔殿のようなコンテンツが必須な気がします。近いうちに新しい世界塔イベントが用意されているのでは?と期待してしまいますね!

それでは今回はここまで!みなさま一緒にロマサガRSを盛り上げていきましょう!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です