3周年以降、ガチャで狙うべきスタイルは?

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!晩酌です。

今回は3周年を迎えたロマサガRS。今後はガチャからどういったキャラやスタイルを狙って行くべきか考察します。

これから狙うべきは?

今回の記事を書いたきっかけは、3周年を迎えて大きく環境に変化があった事がきっかけです。

これまでは、同一属性のキャラを5体。例えば斬属性であれば主に剣、大剣、斧のスタイルでアタッカー・ヒーラー等が揃っていれば6体目以降のスタイルの確保優先度は低く評価していたのですが・・・

主な原因は「追憶の幻闘場」。このコンテンツは武器種が限定され、高難易度帯は火力があればどうにかなる世界ではありません。

そのため、幻闘場の対策のために各部機種ごとに最低限5体は必要。高難易度への対策としてヒーラーやジャマー、サポーターも・・・

現在開催されているクジンシーはスタン、リアルクイーンはマヒが有効のため、こういったスタイルを集めていく事が重要になってくるでしょう!

ただ、こんな感じで評価していったら、なんでもかんでも確保しなくちゃダメじゃん・・・ってなってしまいますね・・・

さすがに全てのスタイルをコンプを狙っていたらジュエルがいくらあっても足りないので、自分の手持ちになにが足りないか把握するのがオススメ!

考え無しでガチャを引いていたら、こんな事になるかもしれませんからね・・・

不足しがちな役割

良く言われる不足しがちな武器種は斧、棍棒、弓使い。

・斧:マヒ役、ヒーラーが不在。ジャマー、サポーターもほぼ無し。
・棍棒:マヒ役が不在
・弓:絶対数が少ない

この当りはユーザー共通で、新スタイル実装時は「狙い目」という扱いになりそう。

逆に杖はアタッカーからヒーラー。サポーター、ジャマーまで役者が豊富。長く遊んでいるユーザーは手持ち不足を感じなかった人が多いのでは無いでしょうか?

その分、今後は杖武器種スタイルは、唯一性を持ったスタイルでないと優先度が下がってしまうと思います・・・

スポンサーリンク

上記はある程度、ユーザーの共通認識というか多くの人に当てはまると思います!

ユーザーごとの不足を確認する方法

それでは、実際に自分が足りないスタイルを把握する方法は?というと、個人的なオススメは・・・

「実際に幻闘場をプレイする」です!

これはクリアする必要はなく、実際に武器種・バトルごとにパーティーを編成して、クリア出来るイメージが掴めるか?で良いです。

実際にクジンシー・リアルクイーン戦のギミックは把握しているとベター!

そして実際にプレイするか、イメトレをしてクリア出来ない・・・キツそう・・・と感じたら、その武器種・役割が自分の手持ちの課題と捉えると良いでしょう!

私も実際にこれで課題を発見したのが小剣パーティーです!

斧・棍棒は不足している事は自覚があったのですが、小剣は意外でした・・・

自分では小剣使いは充実していると思っていたのですが、実際に編成してみると戦闘力的に5番手が「アワードミカエル」という結果に・・・さすがに2年前のスタイル。最前線で戦うのは厳しいです・・・

充実していたと思っていたのは同キャラ別スタイルというのが実状でしたw

こんな感じで、以外な自分の手持ちの課題に気付けるのではないかと思い、提案させていただきますw

いかがでしたでしょうか?

今後のガチャへの向き合い方を個人的に考察してみました。少しでも参考になれば幸いです。

それでは今回はここまで!みなさま一緒にロマサガRSを盛り上げていきましょう!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です