3周年記念ロマンシングフェス(ヌサカーン編)性能考察

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!晩酌です。

今回は現在開催中の3周年記念ロマンシングフェス(ヌサカーン編)の性能考察です!

前回に引き続き、3周年の環境に合わせた考察になっています。

どういう事か分からない人は前回、前々回の記事も併せてご覧下さい!

3周年記念ロマンシングフェス(ロックブーケ編)性能考察 (banshaku-romasagars.com)

3周年以降、ガチャで狙うべきスタイルは? (banshaku-romasagars.com)

【病人以外に用は無い】ヌサカーン

役割

・体術使いで回復術を使える貴重なスタイル。
・知力が高く、補助術で全体に混乱、単体高火力後にマヒ付与役。

ヌサカーンの強い点

・通常攻撃命中時にパワースナッチで追撃。自身を回復(中)させ、腕力デバフ付与
※通常攻撃命中時のため、高難易度では通常攻撃がミスする懸念がある
・攻撃Hit時確率で味方全体の知力を上昇。通常攻撃→パワースナッチの連携で抽選回数が多い
・全体に混乱付与のミステリータップ持ち(※補助術なので手動&ランク上げ要)

ヌサカーン総評

サポーターよりの体術使い。

通常攻撃に自身を回復しつつ腕力デバフを付与するパワースナッチで追撃するので、かなりしぶとく耐久しながら、最低限の火力も確保出来るでしょう。

問題は通常攻撃を使う関係上、高難易度では通常攻撃が命中しないのではないか?という懸念ですね・・・

攻撃がミスしてしまうと、追撃のパワースナッチも発生しないので運用方法に大きく影響が出てしまいます・・・

通常攻撃のHitさえ安定すれば、ほぼ毎ターン自身のHPを(中)回復させながら、腕力デバフをかけ続けられます。

さらに、通常攻撃→パワースナッチそれぞれで、知力伝搬の抽選を受けられるので、味方全体の知力バフにも期待出来ると思います。

全体混乱付与役としては、2周年のシルクハット「かみ」で小回りは利かないものの代用可能。

体術使いで任意の味方に回復術を使えるスタイルは他に「せんせい」くらいなので、かなり貴重。体術武器種のヒーラーとして補充しておくのもアリかもしれません。

ヌサカーンがオススメなユーザー

・体術全体混乱付与役の2周年「かみ」を持っていない
・体術使いの任意味方単体回復術持ちキャラを補充したい(せんせいの限定スタイルを持っていない等)

【炎の暴君】フレイムタイラント

役割

・敵の熱属性への高耐性役(逆に冷属性には弱い)
・打熱属性の縦一列への範囲攻撃or全体攻撃要員(火神縮退撃は熱のみ)
・熱弱点の敵が縦一列に配置さているクエストで1ラウンドをワンパンする

フレイムタイラントの強い点

・熱・打属性の縦or全体攻撃の周回適性が高い。味方全体の火力の底上げにも
・熱属性のみだが火神縮退撃は初手から撃てる縦一列の威力SSS攻撃

フレイムタイラント総評

体術の対縦範囲or全体攻撃要因。長期戦向きの技・アビリティを持っていないので、周回がメインのスタイルと言って問題無さそうです。

火神縮退撃は縦一列と役立つ範囲は限られますが、縦一列に威力SSS攻撃を初手から使えるのは接待クエストが実装された時の周回効率を大きく上昇させる見込みがあります。

同じような性能にヴェントのライズタップがありましたが、ディレイ効果はなく、フレイムタイラントは素が非常に素早いので縦一列構成のクエストに対しては使いやすいでしょう!

ただ、さすがにこれだけのたまにフレイムタイラントを単独で狙うのをオススメするの正直難しいです・・・

打属性も熱属性も周回要因はかなり多いので、フレイムタイラントを狙う際は縦一列編成のクエスト対策のみとなります・・・

スポンサーリンク

他キャラを狙う過程で手に入れられたら、制圧戦の縦一列マスやミラクルデイパレードに連れ回しましょうw

フレイムタイラントがオススメのユーザー

・打・熱の全体攻撃周回要因不足

【貴族としての務め】ケルヴィン

役割

槍武器種のヒーラー。賢人の教えで自身と任意の味方を一度に回復出来る。

ケルヴィンの強い点

・賢人の教えで、生命の水使用時、自身と任意の味方を一度に回復出来る
・毎ターン全能力が少しずつ上昇し、HPが極小回復。高難易度適性が高い

ケルヴィンの強い点

槍武器種の中では初となる賢人の教え持ちのヒーラー。さらに自身も毎ターンHPを回復させるアビリティを持っているので、味方全体の生存率を大きく上げる事に期待出来ます!

このスタイル単独のため。所持している技自体はまだまだ不足・・・しかし、2.5周年リズやメリッサを持っていない人には賢人の教えでの効率の良い回復手段として確保しておく選択肢は十分にあり。

また、マライア・ボラージュ等の槍武器種のヒーラー役が不足している人にとっては幻闘場対策として魅力的でしょう!

ケルヴィンがオススメのユーザー

・2.5周年リズ、メリッサのような賢人の教え持ちのヒーラーがいない
・幻闘場対策として、2.5周年マライア、ボラージュ等の槍武器種ヒーラーが不足している

【アルカール参上!】アルカール

役割

・体術武器種のヘイト系ディフェンダー。
・高い素早さやファストのアルフェニックスを活かして、行動後防御強化付きの陣形位置に

アルカールの強い点

・瀕死状態(HP30%以下)では火力と耐久力が大きく上昇する
・気絶時はHP30%で踏み留まるので、瀕死状態強化が適用される
・被弾時に確率で被ダメ0・BP+3効果
※状態異常は無効化出来ない

アルカール総評

GWぞう以来の瀕死時超強化スタイル。ぞう実装の時に比べかなり戦術の幅が広がりましたが、使いこなすのはかなり難易度が高そうです・・・

上手い使い方は、UDXエスパーギャル等のコンスタントに使える全体極小回復などでHP調節しながらアルカールのHPをジワジワ減らす。または一旦強烈な攻撃で気絶ダメージを受け不屈を発動し、瀕死状態になったら回復させ過ぎないように調整しながら回復させるという使い方でしょうか?

ターン開始、終了後に確率で発動するような全体回復や、ヒールリンク等のランダムで回復させるような回復アビリティなどとは相性が悪いかもしれません・・・

ヘイト役としてもディフェンダーとして運用するにしても、上級者向けのスタイルであるのは間違い無さそう。ディフェンダー枠が不足している人は別筐体のヴィクトリアを優先した方が良いかもしれませんね。

アルカールがオススメのユーザー

・UDXエスパーギャルや旧正月ゴールデンバウム等の、コンスタントに味方全体HP極小回復出来るスタイルを持っている
・使い易いディフェンダーは既に持っていて、違うタイプの高難易度にも対応したい

ヌサカーン編は引くべき?

高難易度へ対策したいと考えている人にはヌサカーン・ケルヴィンのヒーラー性能はかなり優秀!

ケルヴィンは槍武器である事も評価に入っているので、メリッサや2.5周年リズを持っていればスルーもあり。

ヌサカーンは通常攻撃さえ命中すれば高難易度適性がかなり高いそうなので、体術武器種やヒーラーの手持ちに課題を感じている人は狙いに行く価値はありそうですね!

フレイムタイラントは他スタイルを狙う過程でゲット出来れば、アルカールは上級者向けのスタイルという位置付けで今回の考察をまとめます。

いかがでしたでしょうか?

今回のガチャももう1筐体と同様、斧・棍棒・弓・小剣等の絶対数が少ない武器種がいないので、自分の手持ちで不足している役割をピンポイントで補充したい場合以外は、期間中は様子見でも良いかもしれませんね。

それでは今回はここまで!みなさま一緒にロマサガRSを盛り上げていきましょう!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。