虎吼の3本チャレンジ開催記念 Romancing祭 (ピンクタイガー編)性能考察

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!晩酌です。

今回は現在開催中の虎吼の3本チャレンジ開催記念 Romancing祭 (ピンクタイガー編)の性能考察です。

虎吼の3本チャレンジ開催記念 Romancing祭 (ピンクタイガー編)

【空中殺法!】ピンクタイガー

シナリオでも言及されていましたが、ピンクタイガーはエミリアがコスプレした姿なので、エミリアの別スタイル間で技継承可能。

ピンクタイガーは体術武器種なので、銃技を使える体術スタイル。体術技を使える銃武器種スタイルとして扱う事が出来ます。

注意なのは、スタイル間で継承した際も、元の技の火力ステータスに依存するので銃技は器用さ、体術技は腕力・素早さ依存なので間違えないようにしましょう!

役割

・打属性弱点特攻型高火力アタッカー
・佐賀スタイルから甘味の一撃継承で、全体回復(極小)&状態異常回復役としても

ピンクタイガーの強い点

・初手から撃てる威力SSSSのどつきまわす持ち。BP0のあびせ蹴り、BP6威力Sのサブミッション+と技構成もシンプルで優秀
・パワーチャージⅢ&秘訣&弱点特攻と超攻撃型アビリティ構成
・器用さもそこそこ高いので、銃技を継承させてもOK

ピンクタイガー総評

対打属性弱点用、超火力アタッカー!

対単体運用方法は非常にシンプルで、初手高火力のどつきまわし→BP0のあびせ蹴り→練達して高コスパ技となったサブミッション+とオート運用でも非常に安定した打点を叩き出してくれます!

全体運用のためにはリマスタースタイルか、佐賀スタイルが必要となるので周回要因としては手持ちによって評価が分かれそうです・・・

一応、佐賀スタイルがいれば甘味の一撃継承で全体HP回復(極小)&状態異常回復が出来るサポーターとして運用も可能ではありますが、アビリティは完全に脳筋でインターバルは長めで、効果もそこまで高くないので、オマケとしての位置付けになると思います。

玄竜(氷雪)を持っていない人にはちょっと嬉しい・・・かも?

ピンクタイガーのスタイルに銃技継承は実戦的なのですが、既存のスタイルに体術技継承は、銃スタイルの腕力が低すぎるので実戦的とは言えない点に注意しましょう!

基本的に脳筋アタッカーなので、唯一性としてはイマイチ。優先度は低めとなってしまうでしょう・・・

ピンクタイガーがオススメなユーザー

・初手から撃てる強力な打属性単体火力枠が不足
・UDX玄竜(氷雪)などのLPを使用しない全体回復枠の体術枠が不足(佐賀スタイル所持前提)

【これぞ無刀の奥義!】ウルピナ

役割

・剣使いのBP超高回転アタッカー。二刀の構えで更にBP回復
・横一列高火力回避カウンターをコンスタントに撃てる(UDX限定スタイル所持前提)

スポンサーリンク

ウルピナの強い点

・腕力上昇と、BP回復するアビリティセット。中長期戦を見据えたスタイル
・このスタイルの技は斬・打属性技で統一されているので、対応クエストの幅が広い
・BP回転の高さから今後、新スタイル追加や、練達での強化に期待出来る

ウルピナ総評

火力とBP回復で統一されているアビリティ構成で、斬・打属性の中長期戦特化型のスタイル。

BP0の追突剣を持っていますが、オート運用では暴れ釘バットを使ってしまうのでスペックを活かすためには手動が前提になるでしょう。

手動であれば、二刀の構えを継承して、さらにBP回転を上げて過激反則殺法を狙っていく運用が良いと思います!

UDX限定スタイルを持っていれば、二刀荒時雨を使った横一列高火力回避カウンター枠としても運用可能。

カウンター枠としては手持ち次第で、活躍するクエストは限られます。

斬・打の中長期戦役としては優秀なものの、必須と言えるスタイルとは言いがたいというのが正直な感想です。

ただ、このBP回転はかなり魅力!既存スタイルの技は型落ち感が強いものの、練達や新スタイルで技継承候補が増える事で戦略性が広がる可能性も?

伸び代はありますが、それを狙って確保に・・・というのは現実的とは言えないかも?

ウルピナがオススメなユーザー

・斬・打属性の中長期戦用スコアアタッカーを補充したい
・UDX限定スタイルを持っていて、カウンター枠を確保したい

【あたしが相手だ!】アザミ

役割

・初手の高火力→2手以降は常時モラルダウン状態付与アタッカー
・威力高めな縦一列攻撃を3連続で撃てる(毒&暗闇のオマケ付き)

アザミの強い点

・初期BP12&毎ターンBP+4の不退転持ちでBP回転が優秀
・ラウンド開始時初手は確定回避状態(攻撃判定無し状態異常は回避出来ない)
・縦一列3連打可能な忍法毒霧持ちで縦一列構成のクエストに強い
・1ターンのモラルダウンを付与しつつBPも回復出来るクイックラリアットで味方の火力の底上げも

アザミ総評

基本的には初手で高火力を出しつつ、以降はモラルダウンを付与しつつBPを回復し、再度フィニッシュホールドAを狙うのがセオリーとなるでしょう。

アザミの中では知力が高い部類なので、他のスタイルから技継承で状態異常を付与するという使い方も実戦的かも?手持ちが不足している人には嬉しい要素です。

気になるのは、フィニッシュホールドA→クイックラリアットの流れはある程度の長期戦を見据えた運用。回避アビリティはラウンド開始時のみ・・・プロテクトハイテンションを持っていると言っても、元の体力・精神補正値もそこまで高く無いので、耐久力に過度の期待は禁物打と思います。

フィニッシュホールドA→クイックラリアットの流れも、モラルアップ効果が持続する5ターン(使用後4ターン)の間隔でBPが再装填されず、キレイな運用が出来ないのがなんとも気になる所・・・

ちょっと全体的にチグハグな印象を受けてしまい、「このクエストで刺さる!」というようなシチュエーションを想像しにくいというのが私が受けた印象です・・・

アビリティの性能自体は良いので、本体としてのスペックは良いとは思いますが、このスタイル単独で狙いに行くのはあまりオススメ出来ないかも?

アザミがオススメなユーザー

・打属性の中長期戦火力を補充したい
・縦一列周回要因を補充したい
・アザミの新スタイル、練達による強化に備えたい

ピンクタイガー編は引くべき?

率直に言うと、今回のスタイルは単純なアタッカーばかりなので、これまでクリア出来なかったクエストがクリア出来るようになる!というタイプのガチャでは無いと思っています。

そのため、今すぐに必要なスタイルはいないというのが私の感想。

新規キャラも居ないですし、技ランク以外の育成は既存スタイルでも十分だと思うので、開催期間中は様子見してから判断しても良いのでは無いか?という評価です。

それでは今回はここまで!みなさま一緒にロマサガRSを盛り上げていきましょう!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。