ストロベリー・バレンティーナ!開催記念 Romancing祭 聖王編性能考察

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!晩酌です。

今回は現在開始中のストロベリー・バレンティーナ!開催記念 Romancing祭 聖王編の性能考察です

【悪戦苦闘】聖王

役割

・槍武器種の全体魅了付与役
・味方全体全ステバフ&敵全体全ステデバフ
・勝利or静謐の詩を歌う時の耐久用スタイル

聖王の強い点

・槍では現状唯一無二の全体魅了付与のスウィートウェイ持ち
・初手から打てる 味方全体全ステバフ&敵全体全ステデバフ のドキドキの詩持ち
・効果1ターンのみだが、2回攻撃時防御弱化を重ねがけするグリントスロー持ち
・高補正の鉄壁Ⅵ持ちで高耐久。詩歌い運用で有用
・編成しているだけで味方全体の火力&耐久力を強化

聖王総評

約半年に1回の聖王の更新時期がやってまいりましたw

今回も色々とモリモリな性能・・・目玉となるドキドキの詩は非常にコストが重いものの、海の主の娘の「水祭」と「トリックカーニバル」を一辺に打てるというトンデモナイ性能ですw

これまでの勝利の詩、静謐の詩よりも1回あたりの効果は少ないですが、全ステータスが対象という事で、戦闘時に与える影響はかなり大きいと思います。

ただ、このドキドキの詩を打つとBPが空になってしまい、続く詩を歌う事は出来ないので、長期戦を前提とした戦闘には不向き・・・初手から無力化したり、味方の知力や魅力を上げつつ、敵の精神を下げて、状態異常を無理矢理付与するという運用で使うのが本命だと思います。

よって、対ボス戦向きではなく、「螺旋」「世界塔」「大連戦」のようなコンテンツで威力を発揮する技かな?というのが個人的な評価。

また、この技はどうやら技ランクで効果が上がるタイプの補助技・・・そのため、手動での技ランク上げが必須となります・・・

このスタイルの神髄は鉄壁Ⅵの耐久力を活かして、勝利or静謐の詩を打つ時の耐久力を確保する事でしょうか?

火力アビリティは持っていませんが、詩に専念するなら火力は不要ですからねw

また槍武器種使いでは唯一の魅了付与技持ちとなったので、今後の幻闘場で魅了が必要なクエストが追加された時の対抗策となる可能性は十分にあり!

ただでさえ高難易度では、ほぼ固定メンバーといって良い聖王が高い耐久力を手に入れたという事で有用性はお墨付き。静謐の詩を活用した耐久パーティーの要になるポテンシャルを持っています。

ただ、これまでの聖王の比べると、このスタイルを持っていないと・・・というような必須性はそこまでででは無いのではないか?というのが個人的な印象・・・

勝利の詩or静謐の詩を使えるスタイルを持っていないと使い道がかなり限られるような気も?特に静謐の詩との相性が良いと感じています

もしドキドキの詩のインターバル、3ターン周期で弱体解除&強化解除をしてくるようなクエストが実装されたらドキドキの詩がブッ刺さるかもしれませんし、これに関しては今後の環境次第としか言えませんね・・・

例外として、海の主の娘を持っていない場合は、深く考えずに確保しても良さそうな気がします。

聖王がオススメなユーザー

・勝利の詩・静謐の詩持ちスタイルの聖王を持っている
・海の主の娘の正月・ハロウィンスタイルを持っていない
・幻闘場や、今後の高難易度に備えておきたい

【淑女のたしなみよ】ヒルダ

役割

・小剣武器種のヒーラー兼瞬間火力アタッカー

ヒルダの強い点

・毎ターンBP回復+4で、BP回転が高い
・小剣武器種では非常に貴重なHP・状態異常回復術のナースヒール持ち
・全体周回技、単体瞬間火力技持ちで突属性アタッカーとして汎用性が高い
・UDXスタイル持ちであれば器用さ依存の斬属性用としても運用可

ヒルダ総評

アビリティ構成としては短期決戦用の周回要因という感じですが、小剣使いとしては非常に貴重なHP・状態異常術持ちなので、幻闘場の小剣クエストに備えるという意味ではただの周回役に留まらない立ち位置でしょう。

ただ、UDX限定を持っていないと単体火力枠としてはスパークルキルの一発屋になってしまい、ヒルダの強みであるウェイクアップでの器用さ依存の斬属性枠として使えないので、手持ちにも評価が左右されそうです。

また幻闘場を意識しない場合、武器種しばりでないのなら、火力枠としてもヒーラー枠としても突き抜けた能力ではありません。

狙いに行く際のポイントは「幻闘場の準備をしておきたいか?」、「UDX限定スタイルを持っているか?」で総合的に判断しましょう!

ヒルダがオススメなユーザー

・幻闘場の小剣クエストに備えたい
・ヒルダのUDX限定スタイルを持っている

【チョコってナンだー?】ゴールデンバウム

役割

・体術使いの単体&全体回復役
・体術使いの全体モラルダウン付与役
・高耐久&起死回生持ちの超しぶといヒーラー

ゴールデンバウムの強い点

・ケアル+で対象を回復すると、味方全体のHPを極小回復&体力特大上昇出来る
・元々高耐久で起死回生持ち。全スタイルで比べても屈指のしぶとさを持つ
・全体モラルダウン(小/3ターン)持ち
・縦一列威力SS技持ちで、クエストによっては周回にも使える

ゴールデンバウム総評

回復術を使う事で味方全体のHP極小回復と体力特大上昇させるという選択肢を手に入れた優秀なヒーラー。

体力補正値が非常に高い上にプロテクトハイテンションも持っていて、さらには実質HP2倍の起死回生まで完備!

回復手段も持っている事を考えると、全スタイル屈指のしぶとさを持っていると言って良いでしょう。

旧正月スタイルを持っていれば、HP全体回復をコンスタントにバラ巻く事も出来ますし、耐久パーティーでも押し切られるような強烈な攻撃を仕掛けてくるクエストで無い限りは、味方全体の生存率を大きく上げる事が出来そうですね!

一応火力アビリティも持っていて、全体攻撃・高威力の縦一列攻撃も持っているので、周回役として使えない事も無いので、育成に不便という事も少ないと思います。

今後の高難易度を考えると、確保しておいた方が無難と言えるくらいに優秀なスタイルです。

幻闘場へに対策としても◎で、武器種に縛られずに対高難易度の重要ピースとなるでしょう。

ワンチャン、聖王よりも注目のスタイルだと思っています。

ゴールデンバウムがオススメなユーザー

・耐久戦法が有効な高難易度に備えたい
・旧正月スタイルを持っている

ストロベリー・バレンティーナ!開催記念 Romancing祭 聖王編は引くべき?

やはり、目を引くのは聖王ですが、ダークホースとしてゴールデンバウムを個人的には推すでしょうか?

聖王に関しては、高難易度用のアップデート的扱いで出来る事自体はそこまで変わらないと感じているのが即確保!という評価に達しない理由です。

ゴールデンバウムは耐久戦法が有効な限りはかなり息の長いスタイルになりそうなので、スルーするのは勇気がいりそうです・・・

どのスタイルも周回に特化したスタイルとは言えないので、ライトユーザーには若干不向きな構成。

高難易度を意識した中級者以上のユーザー向けのガチャと言えるでしょう。

それでは今回はここまで、みなさま一緒にロマサガRSを盛り上げていきましょう!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です